campas
(画像=Fotogenix / shutterstock)

「世界に羽ばたくグローバルビジネスリーダーの養成」を基本理念に2006年開校したのが、愛知県の全寮制中高一貫校・海陽学園です。海陽学園は「日本のイートン校」と呼ばれることもあるように、その教育システムは同校をモデルにしています。

設立後10年あまりたった現在、海陽学園はイートン校の域に近づきつつあるのでしょうか?ハード(カリキュラム・教師陣・施設)とソフト(学校文化・価値観)の両面から検証します。

企業が全面的に支援する「エリート養成校」

海陽学園はその設立を中京圏に拠点を置く企業が主導したことで、当時話題を呼びました。

初代理事長にはトヨタ自動車会長の豊田章一郎氏が収まった後、2代目の現理事長を葛西敬之氏(JR東海名誉会長)が継ぎ、ホームページのメッセージボードにもJR東海・中部電力・トヨタの人事担当役員が名を連ねています。

そして学園の特徴である全寮制の運営にも、参加企業が大きくかかわっています。寮生は、フロアマスターと呼ばれる大企業から派遣された20代社員と共に生活します。彼らはキャリアや進路に関する相談役であり、日々の寮生活を守らせる指導役でもあります。

実際に寮の規則は厳しく、スマホの部屋持ち込みはできず、漫画・ゲームは禁止です。夜8-10時はフロアマスター監視の元で全員が机に向かう時間です。

高いと言われる海陽学園の学費ですが、学費・施設維持費の合計は118万円ですから、慶應義塾(普通部109万円)などとほぼ同じ水準です。ただし寮費・食費は159万円で、あわせると年間277万円に達します。

実際、学園長自身も新聞インタビューで「やり繰りできずに退学する生徒もいる」と吐露しました。そんな事情もあり、学園では学費免除の特別給費生受験制度も設けています。