浴衣

夏のファッションアイテムをさらに吟味しているリッチなオジサンも多いことでしょう。特に今年は、3年ぶりに行動制限のない夏ですから、TPOに合わせ存分にお洒落を楽しみたいところ。夏祭りや花火大会など、コロナ対策をしながら開催に至ったイベントも多い様子。いつものオシャレも良いけれど、たまには浴衣を着て出かけるのもオツなものですよ。

女性の浴衣に比べて男性のソレは、着慣れていないとだらしない?チャラい?なんて思われてしまうかも。しかしだからこそ、シャンと着こなせば一気に洒脱な存在になるんです! 背筋が伸び、立ち振る舞いが上品に見え、若者には出せないオヤジの色気をアピールできること間違いなし。

浴衣に高級腕時計を合わせたり、扇子や信玄袋のコーディネートを工夫したりと遊びゴコロを加えるのもまた一興。祭りやイベントでなくても、街デートで浴衣を着て歩けば、心地よい視線のシャワーを浴びることでしょう。いつものジャケットやジーンズなどと異なる浴衣姿は、着る人の意識も変わるし、連れ立つ相手もフレッシュな気分・目線になること間違いありません!

とは言え、普段なかなか触れる機会のない浴衣は一体どこで求めるのが正解? 専門店に行くのもアリですが、ちょっと敷居の高さを感じてしまう場合も。しかし百貨店であれば雰囲気からして気軽です。
松坂屋名古屋店では、8月30日まで浴衣の特設販売コーナーや浴衣に関するイベントを実施中。様々なブランド・デザインを一同にチェックできるうえに、レディス浴衣やキッズ浴衣も豊富なので、パートナーやファミリーみんなで新調するのも良いでしょう。そして、7月29日(金)には「松坂屋盆踊り2022」を開催。夏の思い出のひとつとして、予定に組み込んではいかがでしょうか。

気軽に立ち寄れる、松坂屋名古屋店の「2022年 ゆかた」ポップアップ

浴衣

6月22日(水)〜7月26日(火)、松坂屋名古屋店・南館1Fのオルガン広場にて、大規模な浴衣ポップアップ&イベントを開催中。老若男女に向けた浴衣と小物を取り揃えるほか、ファッションショーや着付け教室、アクセサリーワークショップも開催しています。

7月27日(水)〜8月30日(火)は場所を変え、松坂屋名古屋店・本館8F特設会場にて浴衣を販売。シーズン前からシーズン中まで、思い立ったらすぐに浴衣を選びに行くことが可能です。
J PRIMEとしては、デザインや柄などが豊富にストックされている早い時期のチェックをオススメする次第。普段からワードローブに取り入着馴れていれば、突然のお誘いも臆せず受けて立つことができますから。

ここで、リッチなオジサンにお薦めの浴衣をいくつかご紹介

浴衣
(画像=紳士ゆかた¥34,100(税込)/光源氏 サイズM:身丈140cm、裄68cm、袖丈49cm綿100%、角帯¥8,250(税込)綿100%、下駄¥12,100(税込) 桐素材)

紺碧の海原をイメージした、日本の伝統文様である「青海波」。そんなデザインをあしらった一着は、暑い夏に涼しさを誘う効果あり。深いネイビーは誰にでも似合い、粋で爽やかなオジサンへと格上げしてくれます。ホワイト×ライトベージュの千鳥格子の角帯で軽さを出し、若々しくクリーンに演出するのが似合います。

浴衣
(画像=紳士ゆかた¥29,700(税込)/古今 サイズM:身丈140cm、裄70cm、袖丈49.3cm 綿100%、角帯¥13,200(税込) 綿55%、ポリエステル45%、下駄¥13,200(税込) 桐素材、巾着¥4,400(税込))

黒地に赤色のシャープなラインで格子柄を織り込んだ精悍な一着。角帯と巾着も格子柄で統一すれば、シックでモダンなコーディネートにまとまります。ダークカラーは引き締まって見えるうえに、横に並ぶ女性の浴衣を引き立ててくれること確実。

浴衣
(画像=紳士ゆかた¥63,800(税込)/古今 サイズL:身丈145cm、裄72cm、袖丈49.3cm 麻100% 近江ちぢみ、角帯¥9,680(税込) ポリエステル100%、下駄¥13,200(税込) 桐素材、巾着¥7,480(税込))

よこ糸に撚(よ)りを掛けて織り上げた生地を、仕上げの工程にて揉みこむことで「近江ちぢみ」独特のシボを演出。肌との接地面が少なく風通り良く、ベトつき感のない爽やかな着心地が魅力です。ひと目で品質の良さがわかる生地感と、味わい深いミュートカラーが素敵な一着は、まさにリッチなオジサン向き!巾着にも同じトーンのくすんだブルーを合わせると、お洒落感もさらに品良くアップします。

浴衣
(画像=紳士ゆかた¥27,500(税込)/うたかた座 サイズM:身丈140cm、裄72cm、袖丈50cm綿85%、麻15% 近江ちぢみ、角帯¥13,200(税込)綿55%、ポリエステル45%、下駄¥11,880(税込)桐素材、巾着¥10,780(税込))

細かな市松模様を地模様に織り上げた「近江ちぢみ」は、綿×麻の素材で爽やかな着心地。膨張しがちなライトカラーも、表面にシボを持たせており豊かで味わい深い素材感に仕上っています。肌馴染みの良いグレージュの浴衣に引き締め色の角帯を合わせれば、粋でイナセでハイセンス。ツウな雰囲気漂う浴衣オヤジが完成します。

浴衣を購入すれば、着て出掛けたくなるのが人の常。花火大会や夏祭りはもちろん、美術館やカフェやディナーなど、いつものデートさえも浴衣で出掛ければ気分一新。最近デートにマンネリを感じているカップルには、浴衣がカンフル剤になってくれるかも。地元のファッショニスタも、夏休みの旅行で名古屋を訪れる人たちにも、是非チェックしてほしいポップアップ イベントです。 

ポップアップで浴衣を購入すれば参加できる「松坂屋盆踊り 2022」

浴衣
浴衣

3回目となる「松坂屋盆踊り 2022」は、7月29日(金)にマツザカヤホールで開催されます。
なんと今回は初の試みとして、松坂屋オリジナルの盆踊りを作成するのだとか。それも、POPなものと伝統的なものの2曲も!作詞作曲は名古屋ビジュアルアーツ専門学校の講師指導の元、2年生の学生が担当。振り付けは、POPなものはビジュアルアーツのダンサーコースの学生、伝統的なものは「名古屋をどり」の西川流にそれぞれ依頼。今後、松坂屋音頭の定番として浸透させていくということです。

当日は盆踊りタイムの合間に、名古屋の子どもたちや学生によるパフォーマンス、人気お笑い芸人の舞台、キッズ体験などファミリーで楽しめるコンテンツが盛りだくさん。射的、水風船、ラッキーボールなどの出店も多数展開されます。
この盆踊りに参加できるのは、浴衣をご購入いただいた方とそのご家族やお友達限定。しっかりとした感染対策のうえで行うので、安心して参加できます。

この夏は松坂屋名古屋店の浴衣を着て、3年ぶりに自由なお出かけを楽しんでみてはいかがでしょうか。そして「松坂屋盆踊り」で、夏の思い出をまたひとつ増やすのもおすすめです。

2022年「ゆかた」〜松坂屋盆踊り 2022
「ゆかた」期間&開催場所
●2022年6月22日(水)〜7月26日(火) 松坂屋名古屋店 南館1F オルガン広場
●2022年7月27日(水)〜8月30日(火) 松坂屋名古屋店 本館8F 特設会場

「松坂屋盆踊り」日時&開催場所
●2022年7月29日(金) 15:30〜21:00(予定) マツザカヤホール
※松坂屋名古屋店 公式HP内に盆踊り予約特設ページを開設

松坂屋名古屋店
住所:〒460-8430 名古屋市中区栄三丁目16番1号
営業時間:10:00〜19:00(浴衣会場は、最終日のみ18:00閉場)
電話番号(代表):052-251-1111

公式HP
https://www.matsuzakaya.co.jp/nagoya/

文 住中理美


【関連記事】
夏に“泡モノ”はマストです! アップデートしたソーダストリームで暑さも楽しむ!?
2022年のサマーシーズンは抹茶ビールで暑気払い&ウサ晴らししてストレス解消!
脚を見せてもリッチを崩すな!ラグスポ×ローファーがリッチなオジサンの短パンのお供
夏にモテるリッチなオジサンは、“白”使いがタクミなんです
モノトーン、カラフル、一点差し色!ゴルフ短パンコーデは潔い色遊びで差をつける