オテル デ オルロジェ

オーデマ ピゲが、ル・ブラッシュや、ジュウ渓谷の景観にインスパイアされた【オテル デ オルロジェ】をグランドオープン。
HORLOGERS【オルロジェ】とは、フランス語で“時計師”であり、つまり「時計師のホテル」を意味します。【オテル デ オルロジェ】は、環境認証Minergie-ECO_において保証された4つ星をいただく高級ブティックホテル。エコロジカルなアプローチを全てのレベルで適用しており、環境にも配慮を尽くしたモダンな宿泊施設です。

新生「オテル デ オルロジェ」のホテル設計は、ミュゼ アトリエ オーデマ ピゲの設計を行ったグローバル設計事務所であるBIG(ビャルケ・インゲルス)が担当。前衛的な建築スタイルを特徴としており、ジュウ渓谷の地形に沿ったジグザグの建物回廊が、平原に向かってゆっくり降りゆくデザインは大きな見どころです。環境への影響をできるだけ穏やかにするため、オテル デ オルロジェは建物と日常のオペレーションにおいて持続可能なアプローチを重視しています。また、建築はスイスの建築事務所であるCCHE、そして周囲の景観に調和した見事なインテリアデザインは、実力派のAUMが担当。オーデマ ピゲにゆかりのある役者をこぞって投入しており、パーフェクトかつラグジュアリーな仕上りを実現しているのです。

さらにレストランではミシュランの星を持つ著名シェフ、エマニュエル・ルノーが季節の食材、地元の食材を生かした料理でおもてなし。1857年ル・ブラッシュに創立した【オテル ド フランス】の歴史を引き継ぎ、地域と世界の時計ビジネスを繋ぐ人々の集う場所として。また建築と自然を愛する人々へのオアシスとして、ジュウ渓谷の観光の発展を担う存在こそがこの【オテル デ オルロジェ】。西洋では“靴と時計が良く見られる”と言いますが、それはまさに本当のこと。

ここでは、ぜひ自慢の相棒を身に着け、良き思い出作りの一端として、オーデマ ピゲならではの世界観にどっぷりと浸かってみることをお薦めします。

オテル デ オルロジェ

AUM設計事務所がデザインした内装は、ジュウ渓谷の景観を称え、地元の木材と石材を使用しています。

オテル デ オルロジェ

内部の廊下はBIGが設計した建物のジグザグの構造をなぞりながら各客室を結びます。

オテル デ オルロジェ

杉材を使った内装が特徴の客室数は50。大きなガラス窓と滑らかなコンクリート壁が暖かく洗練されたコンテンポラリーな雰囲気を演出します。

オテル デ オルロジェ

渓谷を思わせる雰囲気のレストラン、ル ゴガンでは、星付のシェフであるエマニュエル・ルノーが地元の洗練された食材を豊富に使った料理を提供。

オテル デ オルロジェ

オテル デ オルロジェは周囲の自然に囲まれゆったり過ごすことができるよう設計されています。ラグジュアリーな空間で至福の時間を堪能できるはずです。
ヨーロッパのセレブは時計を買うためにスイスに行くといいます。リッチなオジサンもオテル デ オルロジェに宿泊して時計を購入する、なんて贅沢を味わいたいものです。

【お問い合わせ&予約】
オテル デ オルロジェ
住所:Route de France 8,
1348 Vallée de Joux,スイス
予約電話: 41 21 845 08 45
メール: welcome@hdh.swiss
ウェブサイト: www.hoteldeshorlogers.com

文 岡崎隆奈


【関連記事】
オーデマ ピゲはオヤジだけのモノじゃない! 女性も「ロイヤル オーク」、そんな時代です
ステンレススティールの歴史を変えたロイヤル オークの50年
松坂屋名古屋店の時計売り場が拡大し、デートスポットとしても◎! オンライン機能の利便性も向上
戸賀編集長が語る「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」の奥深い魅力
最後の「ロイヤル オーク“ジャンボ”エクストラ シン」が約3億8500万円で落札!