リシャール ミル

”当時、存在していた時計のすべてを超える”。
リシャール・ミルは自身の要求を満たす、一切妥協のない腕時計ブランドを2001年に立ち上げました。決してブレることのない確固たるビジョンを抱き続けること、20余年。リシャール・ミルは、世界3大腕時計ブランドとされるパテック・フィリップ、オーデマ・ピゲ、ヴァシュロン・コンスタンタンの平均価格を遥かに凌駕する超高級腕時計ブランドとして確固たる地位を築きあげたのです。

創業者であり、ブランドコンセプターでもあるリシャール・ミル氏は、フランスの老舗高級ジュエラーのCEOを務めるなど、数々のラグジュアリーブランドをわたり歩いてきた人物。その既成概念にとらわれない新たなラグジュアリースタイルは、まさに時計業界の革命。技術、デザイン、素材の全てにベストな選択を重ねることによって完成するリシャール・ミルの腕時計は数億円にのぼるモノも。その生産費用を顧みないアプローチは、21世紀の世界の時計業界に大きな衝撃を与え、超高額腕時計のブームを巻き起こし、富裕層を中心に短期間で多くのファンを獲得したのです。

また、リシャール・ミルの時計は、一流テニスプレイヤーのラファエル・ナダルやF1ドライバーのフェリペ・マッサといった世界的なアスリートが“アンバサダー”として身に着けたことで有名に。こうした戦略からも、リシャール・ミルは選ばれた人間にしか身に着けることができないものだというブランドイメージが醸成されてきたわけなのです。

裾からリシャール・ミルのカリビアンブルーが見え隠れすることは成功者の証です

リシャール ミル

もちろんリシャール・ミルは海の競技の頂点であるヨットレースにも深く関係しています。2010年にレガッタ競技を導入するところから始まり、2019年からはレースのタイトルスポンサーに。そして、今年、ブランドパートナーであるアルノー・ジェラルドを伴って再び、「リシャール・ミル セントバーツ・ヨットレース」の大会の表舞台に舞い戻ってきたのです。そして、この大会を祝福し、開催日である4月17日にリシャール・ミルは「RM 032 オートマティック クロノグラフ セントバーツ」を発表しました。

リシャール ミル

この最新作の防水機能は30気圧(300m)を誇り、ダイバーズウォッチの規格ISO 6425に準拠しています。アルノー・ジェラルドはチタンモデルを着用していますが、今回の120本限定のRM 032は、カリビアンブルークオーツTPT®とホワイトクオーツTPT®の2色のコンビネーションが特徴。防水性と耐久性を絶えず追及した結果、ミドルケースにはグレード5チタンを採用。これに対し、ラグと裏蓋はカーボンTPT®製となっています。さらにクロノグラフを操作し、回転ベゼルをロックするためのグレード5チタン製のプッシャーが備えられ、複雑な構造を成しています。また裏蓋には、Les Voiles Saint Barth Richard Milleという文字が刻まれています。

リシャール ミル

ファッションにおいての定番色であり、時計界の定番色でもあるブルーですが、リシャール・ミルのブルーは他と一線を画します。「RM 032 オートマティック クロノグラフ セントバーツ」が纏うカリビアンブルーの美しい色合いは、定番となったブルーの時計においても差別化が容易。同ブランドならではのリュクスなオーラはカジュアルなスタイリングやリゾートでの装いで、より一層輝きを増します。

リシャール ミル
リシャール ミル

「RM 032 オートマティック クロノグラフ セントバーツ 」
世界限定120本
¥29,000,000(税込予価)

SPEC
ケース径: 50.0㎜
ケース:グレード5チタン、カリビアンブルークオーツTPT®、ホワイトクオーツTPT®、カーボンTPT®
ストラップ:ラバー
ムーブメント:自動巻き、Cal.RMAC2、約50時間パワーリザーブ、クロノグラフ、ファンクションセレクター
防水性:300m

Richard Mille(リシャール・ミル)
https://www.richardmille.com/ja

文 森谷恵一


【関連記事】
リシャール・ミル「RM 47 トゥールビヨン」は、約4年の歳月をかけて開発されたコンプリモデル
創業30周年を迎えたフランクミュラーは、 トノウカーベックスをネクストレベルに!
新作であることが一目瞭然! リューズとデイト表示を9時位置にレイアウトした ロレックスの人気モデルが進化
コンプリケーションとサスティナビリティ2つの果敢な冒険に挑むパネライの最新モデル
超絶機構であるセンターモノトゥールビヨンを採用したロジェ・デュブイ