H.モーザー

H.モーザーは1828 年に創設され、ノイハウゼン アム ラインファルを拠点とし、15の自社製キャリバーを開発、年間に1,500個以上の時計を製造する希少なマニュファクチュールウォッチブランドです。ブランドのアイデンティティであるフュメダイアル(フランス語で煙の意)は、文字盤に放射状の溝を入れ、メッキを掛けた後に1枚1枚丹念に手作業でグラデーションをつけて塗料を吹き付けていくといった職人技によるもので、H.モーザーならではの唯一無二な輝きを放ちます。

三次元構造の自社製キャリバーによる視覚効果でスタイリングを一段上に

H.モーザー
H.モーザー

最新作であるスケルトン モデルの円筒形(シリンドリカル) トゥールビヨンムーブメントには、同ブランドの専門技術を注ぎ込んだ新しいアプローチが満載。わずかにドーム型になったサファイアガラスの下には、グロボライト®インデックスを備え、同じように湾曲したサブダイアル、そして円筒形(シリンドリカル)ヘアスプリングを組み込んだミニッツ フライングトゥールビヨンが時計通の心を鷲掴みにします。この円筒形ヘアスプリングは2 つの箇所にブレゲカーブを設けることで軸の摩擦を低減し、等時性をアップ。その効果はトゥールビヨンと組み合わせることで飛躍的に向上します。また、12 時位置に配されたドーム型の小さなサブダイアルにはサファイアガラスと同じようにカーブが付けられ、H.モーザーを象徴するカラーのファンキーブルー フュメが用いられています。インデックスにはスーパールミノバ®を混合したセラミックベースのグロボライト®という素材が用いられ、時針と分針のトップに配されたグロボライト®のインサートと共にこのモデルの三次元性を際立たせています。

H.モーザー

サファイアガラスの下で優雅に回転するフライングトゥールビヨンの軽やかさがこのムーブメントの一番の魅ドコロ。立体的なトゥールビヨンの躍動は、まるでステージで踊るプリンシパルかのよう。パワフルでありながらエレガントな美しさを湛えるこの印象的なモデルは、厚さ15.3 ㎜ で非常に快適な付け心地を実現。ハレの日など、ドレスアップして人前に出るスタイルにハマるのはもちろんですが、12気圧の防水機能を備えているため、あえて日常使いしてみるのも◎。三次元構造の自社製キャリバーによる視覚効果があらゆるスタイリングの格上げを約束してくれます。

H.モーザー
H.モーザー
H.モーザー

「パイオニア・シリンドリカル トゥールビヨン スケルトン 」年内発売予定
¥11,275,000(税込予価)

SPEC
ケース径: 42.8㎜
ケース:ステンレススティール
ストラップ:手縫いのブラックアリゲーターストラップ
ムーブメント:フルスケルトン、自動巻き、三次元構造の自社製キャリバーHMC811
パワーリザーブ:約74時間
防水:12 気圧防水

H. MOSER & CIE.(H. モーザー社)
https://www.h-moser.com/ja/


【関連記事】
新作の統一テーマは“The Stellar Odyssey” ジャガー・ルクルトは、超絶天文複雑時計ラッシュ!
リシャール・ミル「RM 47 トゥールビヨン」は、約4年の歳月をかけて開発されたコンプリモデル
新作であることが一目瞭然! リューズとデイト表示を9時位置にレイアウトした ロレックスの人気モデルが進化
ブルガリ「オクト フィニッシモ」がコンプリケーションの進化で雲上モデル拡充
ウブロ大人気モデル「ビッグ・バン」に史上初のスクエア型!