パネライ

2年ぶり、ジュネーブで新作を発表したパネライ。ブースの中に一歩踏み入れると、そこは美しく野生に満ちたサメが棲む海中世界そのもの。パネライが世界をリードしてきた本格ダイバーズウォッチブランドであること、海と共にあることをブースという空間で美しく強烈にアピール。

パネライ
(画像=Yasuhito Shibuya)

今年の新作のテーマは、新世代のコンプリケーションモデル。今後さらに拡張される予定というのも、時計愛好家には見逃せないニュース。そして「クアランタクアトロ(イタリア語で44)」というモデル名で登場したケース径44mmのサブマーシブルの新作。そしてこのラインからは、2021年にデビューしたサスティナビリティ性を追求した新ステンレススチール(SS)素材「eスティール™」のモデルも登場しました。質実剛健でマスキュリンな時計はトレンドに左右されず、男性から常に高い需要があります。そのボリュームに見合った機能を備え、さらにSDGsなどの時代性をも捉えたパネライの最新作。男らしさとインテリジェンスを存在感のある袖口によってガッツリアピールできるというワケ。男なら、必ず1本は所有したい時計といえます。

パネライ
(画像=Yasuhito Shibuya)
パネライ
(画像=Yasuhito Shibuya)

特別体験ツアー付き限定永久カレンダーモデル!

パネライ

まずパネリスティ(パネライファン)にとって見逃せないのが、やはりコンプリケーションモデル。独自のゴールド素材「ゴールドテック™」をケースに採用し、2021年に誕生したマイクロローター式の自動巻き、ブランド初のパーペチュアルカレンダームーブメント「キャリバーP.4100」を搭載した「ルミノール ゴールドテック™ パーペチュアルカレンダー(カレンダリオ ペルペト)」です。

12と6だけアラビア数字、他はバータイプの植字インデックス文字盤は最新のスーパールミノバとの組み合わせで、どんな状況でも視認性も抜群。サファイアクリスタル製のスモークダイヤルをよく見ると、窓に現れないデイデイトディスクの数字がかすかに透けて見え、この時計が複雑なムーブメントを搭載していることをさりげなくアピールします。

この顔を飾るのが、3時位置のデイデイト表示、9時位置のスモールセコンドとデイナイト表示、同軸配置された時分針とGMT針です。パーペチュアルカレンダーモデルであることを示す年、月、閏年表示はあえてシースルーのケース裏側に配置され「ルミノール」の基本スタイルが貫かれていることも、このコンプリケーションモデルの特別な魅力。

パネライ

「ルミノール ゴールドテック™ パーペチュアルカレンダー」
PAM01269」
¥9,988,000(税込)
世界限定33本
※フィレンツェスペシャルツアーご招待付き

ケース:18Kゴールドテック™
ケース径:44mm
ムーブメント:自動巻き(キャリバーP.4100)
パワーリザーブ:約72時間(3日間)
防水性・50m防水

withモードな袖口にハマる44㎜にケースサイズダウンしたサブマーシブル

パネライ
パネライ
(画像=Yasuhito Shibuya)

1956年にエジプト海軍のために製造された「エジツィアーノ」が原型で、パネライの中でも最もモダンで機能的、逆回転防止ベゼル、独自のリュウズプロテクターを備えた300m防水の「サブマーシブル」からは、これまであった直径47mm、42mmサイズの中間、イタリア語で「44」を意味する「クアランタ クアトロ」が登場しました。それぞれにリサイクル系のラバーとファブリック、文字盤カラーに合わせた2種類のストラップが付属しています。

パネライの魅力のひとつが大型ケース。そのため「42mmサイズはちょっと物足りない。でも47mmサイズはちょっと大きすぎる」という人には、まさにベストなサイズ。

ラインナップは、ブラックダイヤル、ホワイトダイヤルのSSモデルと、パネライ独自の超軽量で耐食性に優れたカーボンファイバー系素材「カーボテック」をケースに使ったモデルの3モデル構成。どれも基本機能は同じ本格ダイバーズですが、テイストが全く違います。どれを選ぶか。購入するときには、これも嬉しいことのひとつです。

パネライ

【左】
「サブマーシブル クアランタ クアトロ カーボテック™ ブルー アビッソ」
PAM01232
¥2,178,000(税込)

ケース:カーボテック™
ケース径・44mm
ムーブメント:自動巻き(キャリバーP.900)
パワーリザーブ:約72時間(3日間)
防水性:30気圧防水(300m防水)

【中】
「サブマーシブル クアランタ クアトロ ビアンコ」
PAM01226
1,144,000円

ケース:SSケース
ケース径:44mm
ムーブメント:自動巻き(キャリバーP.900)
パワーリザーブ:約72時間(3日間)
防水性:30気圧防水(300m防水)

【右】
「サブマーシブル クアランタ クアトロ」
PAM01229 6
¥1,144,000

ケース:SSケース
ケース径:44mm
ムーブメント:自動巻き(キャリバーP.900)
パワーリザーブ:約72時間(3日間)
防水性:30気圧防水(300m防水)

色気を感じるeスティール™の「クアランタクアトロ」

パネライ
パネライ
(画像=Yasuhito Shibuya)

さらに直径44mmサイズのこのコレクションには、昨年から採用されている、重量の約52%が再生素材から構成される「eスティール™」をケースに使った「サブマーシブル クアランタ クアトロ eスティール™」2モデルも登場しました。パネライは2025年までにSSケースをすべてこのeスティール™素材に変更することを宣言。サスティナビリティに高い関心を持つ人には、これも今後が楽しみなニュースです。

パネライ

「サブマーシブル クアランタ クアトロ eスティール™ ブループロフォンド」
PAM01289
¥1,342,000(税込)

ケース:eスティール™
ケース径:44mm
ムーブメント:自動巻き(キャリバーP.900)
パワーリザーブ:約72時間(3日間)
防水性:30気圧防水(300m防水)

Panerai(パネライ)
https://www.panerai.com/jp/ja/home.html

文 時計ジャーナリスト 渋谷ヤスヒト


【関連記事】
初のシャネル自社製フライングトゥールビヨン搭載モデルに、 ロゴドン!モデルも
年次カレンダー&トラベルタイムの2つの機能を初めて融合させたパテック フィリップの大本命!
スポーティなフォルムをグラフィカルに魅せるベル&ロスの新作
1000m防水からダイヤまで! タグ・ホイヤーの新作はラグジュアリーに更なる磨きが!
特許取得のハンマーブロッカーと3つの独自機能搭載モデルをはじめ、 A.ランゲ&ゾーネが最新作で魅せる!