fiat

意外と難しいリッチなオジサンのセカンドカー選び。ところが、そんな難解なテーマの答えが、この日本デビューしたてのフィアット500eなのではないでしょうか!? では、その解答の理由を説明しましょう!

お洒落で可愛いだけじゃない! クレバーな性能を秘めたコンパクトEV

スポーツカーやプレミアムセダン、ラグジュアリーSUVなど、さまざまなジャンルのクルマを乗り継いできたJ PRIME戸賀編集長。クルマを愛し、ニッポンのクルマ事情を熟知し、リッチなオジサンの趣味嗜好を理解している彼は、「オヤジのセカンドカー選びは難しい」とため息をつきます。

ファーストカーは超ド級のパフォーマンスと有無を言わせぬカッコいいスタイリングで、周りの人(自分もね!)を納得させることができるからです。でも、セカンドカーは「機能性や経済性といった諸々のしがらみ(言い訳かな!?)が、乗っている自分にも周りの人にもわかってしまうから」と、戸賀編集長は語ります。そんな彼が最有力候補に挙げているのが、趣味嗜好性が強く使い勝手もそこそこ良好で、リセールバリューも良いアバルト595『イケイケな気持ちを忘れないオヤジのセカンドカーは“サソリ”マークのホットハッチに決まり!』参照なんですが…。如何せん、最有力ゆえに自分と似たようなオヤジが595に乗っているのを、ちょくちょく見かけてしまうのです(つまり、クルマ被り)。それに、そもそもこのアバルト595は設計が約60年前というかな〜りノスタルジックなクルマであることも、オヤジにはマイナス要素なんですな。

ところがこの春、2022年の東京の桜シーズンが終わらんとしている時にデビューしたフィアット500eこそ、自信を持ってお薦めできるセカンドカーなんじゃないかと確信した次第です。

fiat
fiat
(画像=500eのボディバリエーションは3ドアハッチバックと、電動開閉式ソフトトップを備えたカブリオレの2種類。もちろんニューリッチ・オヤジには、カブリオレが断然お薦めです。)

なんたってカタチがいいでしょ!? 3630×1685×1530mmという日本の道路事情にぴったりのボディは、歴代チンクエチェントから受け継いだアイコニックなデザインが個性的で、あまたあるコンパクトカーとは一線を画しています。なにしろ従来の500のイメージを踏襲しながらも、エクステリアは“完全なる新設計”というんですから、いやはやあちらのデザイナーのセンスには感嘆しちゃいます。
しかも500eは「e」の文字が示すとおり、パワートレインに新設計の電動モーターを積み、最高出力87kW(118PS)、最大トルク220Nmで小気味好く走る電気自動車です。アクセルを踏んだ瞬間からすぐさま加速する“EVならでは”の軽快な走りを満喫できる一方で、「排ガスを一切出さない」というイマドキのご時世に合った性能=キャラも持ち合わせているのです。
つまり、今までのフィアット500のような“可愛さ”や、アバルト595のような“やんちゃ”さではなく、この500eは「クレバー&インテリジェンス」で勝負しているのです。

そうそう、さらに申し上げておきますと…。FIATのロゴをあしらったモノグラムのシート表皮、トリノの街並みが描かれたスマートフォントレイ、ドアハンドル底面にあしらわれた「Made in Torino」の文字&「Nuova500」のイラストレーションなど、いたるところに遊び心に溢れたデザインが散りばめられているインテリアも魅力です。イタリア人作曲家のニーノ・ロータによるオリジナルのメロディを採用した車両接近通知装置(AVAS)のサウンドも併せて、女子ウケ度は抜群と言っていいでしょう。

fiat
fiat
(画像=インパネ中央には10.25インチのUconnectディスプレイが配され、Apple CarPlayにワイヤレス接続が可能(Android Autoの有線接続にも対応)。お洒落で遊び心いっぱいだけでなく、イマドキの機能もちゃんと抑えています。)

航続可能距離が最大335kmということを考慮すると、ロングドライブよりもショッピングや通勤、家族の送迎などに最適でしょう。そうした日常使いのセカンドカーとして(女子ウケ抜群ですからデートカーにもOK)、フィアット500eへの450万円〜出費は価値があると思います。

fiat

●全長×全幅×全高:3630×1685×1530mm
●車両重量:1320kg
●モーター:交流同期電動機
●最高出力:118PS(87kW)/4000rpm
●最大トルク:220Nm/2000rpm
●価格:450万円〜(税込)

Stellantisジャパン
https://www.stellantis.jp

文 高 成浩(POW-DER)


【関連記事】
自分の嗜好と家族を大切にするニューリッチはアストンマーティンのSUVに乗れ!
特許取得のハンマーブロッカーと3つの独自機能搭載モデルをはじめ、 A.ランゲ&ゾーネが最新作で魅せる!
春夏のオヤジのマストアイテム! ニットジャケットはベーシックかちょい遊び系か!
正真正銘のエンスーだけが分かる初代911はまぎれもないエンスーRRスポーツなのであった!〈901型〉
アウディのコンパクトSU“E”Vなら立体駐車場もOK! SDGsなシティライフを楽しむことができます!!