PING

フェアウェイやグリーンをピンポイントで狙う正確無比なショットや、バンカーやラフからの驚異のリカバリーショットも、すべては高性能なアイアンがあってこそ! そこで今シーズンにお薦めなのが、PINGのNewモデル「i525」です。機能的でお洒落なキャディバッグ やキャップと合わせて、PINGの新製品をご紹介します。

感性に“ピ〜ン”とくるPINGの最新クラブ&ギア

え〜と…すぐ上の見出しは、別にダジャレではないんですよ。 PING(ピン)は1959年に、ゴルフ好きだったカーステン・ソルハイム氏が苦手だったパターをガレージで作り始めたのがきっかけで始まったアメリカNo.1の老舗ゴルフメーカーです。最初に製作したパターの打音が“ピ〜ン”と聞こえたために、PINGというメーカー名になったと言われています。ちなみに、パターの形で「ピンタイプ」というのがありますが、もともとPINGの「アンサー」シリーズが大ヒットして広まったことが起因です。
というような蘊蓄は置いときまして(オヤジはこのテの蘊蓄が大好きかもしれませんが、プレー中に話そうもんなら若い女子ゴルファーはドン引きすることがあるので要注意)…、PINGのNewアイアン「i525」をご紹介しましょう。このi525はひと言でいうなら、ズバリ「飛び系アイアン」です。

PING
(画像=マレージングC300フェースが最大初速を生み出し、進化した中空構造が高弾道を実現します。)

最大初速を生むフェース素材と中空構造、さらにアンダーカット・ソールテクノロジーによって高弾道を実現。また、フェースの溝を5本増やすことでスピン量を最適に抑え、雨天時やラフからのフライヤーを抑制させます。つまりどういうことかというと、ただ単に「飛ばす」だけでなく、アイアンの絶妙な操作性も可能にしたというわけ!
このようなスペックを知ったオヤジゴルファーは、「えっ!? んじゃあ、人気の『G425』とはどう違うの?」という素朴な疑問が湧くでしょう。G425アイアンは究極の重量配分設計でミスに強く、また、ダフリに効果的なワイドソール設計で抜けも良好。インパクト時の振動を抑えるバッジをバックフェースに装着されていることもあって…つまるところ、G425はミスショットに寛容的な万人向けのクラブだと言うことができます。 その一方、今回のi525は飛び系でありながら操作性も抜群…なのですが、まぁ、それなりのスキルも要求されるため、中・上級者プレーヤー向けの高性能アイアンと言えるでしょう。G425だとつかまりすぎてしまうって人も試す価値があります。しかも、ブレードアイアンのようなシャープでカッコいい仕上げでありながら優しさもあるのが中・上級者には好ポイントですしね。

PING
(画像=番手別オフセットによって、効果的にピンを狙えます。また、ミスに強い重量周辺配分設計が嬉しい!)

PING i525は“腕に覚えのある”リッチなおじさんゴルファーにこそ、ぜひ使っていただきたい逸品です。そうすれば、今シーズンのゴルフはきっと満足する結果になるでしょう!

飛びとコントロール性を両立させたアイアン

PING

「操れる、飛び系。ちょいブレード」がキャッチフレーズのアイアンです。高強度で極薄フェースを可能にしたマレージングC300フェールと進化した中空ヘッド構造で、最大の初速とキャリーを実現。また、番手別のオフセット設計とこだわりのヘッド形状、理想の摩擦力を生むマイクロマックス・グルーブの搭載、さらに幅広いソールと重量周辺配分された高MOIヘッドのおかげで抜群の寛容性も備えています。
PING i525 アイアン(3〜9I、SW、UW)
標準シャフト本体価格:スチール¥28,600(税込)/カーボン¥31,900(税込)

今シーズンもコースで自慢できるキャディバッグ

PING

CB-P225に使用しているポリエステル生地は、回収されたペットボトルを洗浄・粉砕して紡いだ糸で作られています。約2.3kgと軽く、カラフルな6色展開も魅力です。Cb-p226はUSスタンドモデル「HOOFER」をカート型バッグにアレンジした日本仕様モデルです。付属のワッペンを使って、自分好みにアレンジを楽しめます。CB-U221は男子ツアープロが着用の「CANDY BAR」をデザイン。移動に便利なハンドル付き口枠や、サイドに担いだ時の負荷を和らげるバッド付きが嬉しい。

CB-P225:写真左 ¥28,600(税込)
CB-P226:写真中央 ¥37,400(税込)
CB-U221:写真右 ¥38,500(税込)

ゴルフアイテムを機能的に収納するメッセンジャーバッグ

PING

フーファーカートCB-P226と共通するデザインのメッセンジャーバッグは、キャディバッグ と同様に付属のワッペンで自分流にアレンジを楽しむことができます。着替えやシューズ、タオルなど、1ラウンドに必要な荷物を余裕で収納できます。また、ドライブや小旅行などにも使えます。 GB-P223 ¥13,200(税込)

お洒落なキャップはゴルファーのマストアイテム

PING

強い陽射しを遮ったり、熱中症予防、逆に寒い時には防寒対策として、頭に被るキャップはゴルファーにとって必須です。また、お洒落のバリエーションとしても、カラフルかつインパクトのあるキャップが役立ちます。そこで、PINGのキャップ各種をご紹介。世界の男子ツアーで契約プロが着用する「キャンディーバー」のトリコロールデザインキャップや、10色のライ角カラーコードを取り入れたキャップ、PINGゴールドパター貯蔵庫「VAULT」をイメージしたキャップ、PINGアパレルのテーマをデザインしたキャップなどは人気間違いなし! その他、レディースモデルやバイザーなど、ラインナップは豊富です。

キャンディーバーキャップ:上段左 ¥3,520(税込)
カラーコードラインキャップ:上段右 ¥3,960(税込)
PINGレトロロゴキャップ:下段左 ¥4,180(税込)
フィールニューキャップ:下段右 ¥5,280(税込)

PING
https://clubping.jp

文 高 成浩


【関連記事】
独自技術で生み出される、あなただけの魔法のシャフト
“飛距離”を捨てきれないオヤジにキャスコ エース
ハンティング・ワールドが作り出す、ゴルフの新たなるラグジュアリー!