アバルト

クルマ好きオヤジのセカンドカー選びは、非常に難しい! なぜなら趣味嗜好で選べばいいファーストカーと違って、セカンドカーには機能性や経済性を考慮しつつ、打算と妥協で選ばないといけないからです。しかも、場合によってはファーストカーより乗る機会が多いかもしれないので、奥様やお嬢様よりも自分の好みを加味したくなりますしね。そんな悩めるオヤジにお薦めなのが、イタリアン・ホットハッチ「ABARTH 595(アバルト595)」です。では、その理由について改めて解説しましょう!

“古き良き”スポーティドライビングが楽しめるクルマ

フェラーリSF90ストラダーレやマクラーレン765LTスパイダーをファーストカーに選んだ人や、ましてやベントレー ベンテイガ スピードを乗り回している人は、セカンドカーは小さくて取り回しがしやすく、人も荷物もそこそこ乗せられるクルマ、すなわちコンパクト2BOXカーを選ぶのは必至でしょう。だって、2人しか乗れないうえに荷物も積めないスポーツカーや、四つ角を曲がるのにもパーキングにも苦労するSUVなんて、買い物や家族の送迎に使えないでしょ!?

だからと言って、運転しやすくてエコでなんの文句も無い国産ハイブリッドカーなんて、「そんなのつまんねえし、カッコ良くねぇ」と乗るわけ無いですよね!? んじゃあ、小型でバカっ速いゴルフGTI(UP! GTIでも可)やGRヤリスとか、もしくはお洒落で便利なシトロエンやプジョーの小型車なんぞ乗ろうもんなら、そのクルマがファーストカーに見られてしまいます。要注意!
いやぁ、エンスーなオヤジならご存知かと思いますが、1980年代後半から90年代にはルノー5バカラとか、もっと前にはバンデンプラプリンセスといった、小型車なのに革張りという高級車がありまして…。当時のエンスーは好んで乗っていまして、世間もセカンドカーとして納得していたもんなんですがね。
ところが昨今は、クルマメーカーは売り上げを重視するために、デカくて凄いクルマばっかりラインナップ。そのせいで小型車の選択範囲が狭く乏しくなっています…といったマーケット事情も、オヤジのセカンドカー選びを難儀させている理由でしょう。

アバルト
(画像=スタンダードは「595」に、スタイリングとパフォーマンスをよりアグレッシブにした「595ツーリズモ」、それにオープンエアが楽しめる「595Cツーリズモ」があります。さらに過激な特別モデル「595コンペティツィオーネ」も!)

さて、そんなマーケット事情とセカンドカー定義を踏まえ、J PRIME戸賀編集長も再注目しているのが、このアバルト595です。 そもそもアバルト595は意識高い系の女子大生や主婦に人気のイタリアの小型車、フィアット500をベースに、レースカーやチューニングカー作りでその名を轟かせているイタリアのスポーツブランド「ABARTH(アバルト)」が内外装をドレスアップ。さらにエンジンやサスペンションなども独自をチューニングを施した特別なクルマです。そのプレミアム感が示すベクトルの先には、フェラーリやマクラーレン、あるいはベントレーといったファーストカーの姿がちゃんと見えます。ですから、あなたがアバルト595に乗って表参道の交差点で信号待ちしていても、周りの人は誰もファーストカーとして乗っているとは思いません。ご安心を!
では、アバルト595に食指を動かされたオヤジのために、このクルマのことをサクッと紹介しましょう。 ラテンのホットハッチの代名詞という割には、最高出力は145馬力と控えめ。でも、搭載されているエンジンはイマドキのダウンサイジングした3気筒ではなく、直列4気筒16バルブ・インタークーラー付ターボなんですが、これがまた高回転でドッカ〜ンとパワーが出るタイプなんですな。車両重量が1トンちょっとという軽量さと相まって、スペック数値以上に速いんです。サスペンションもイマドキの欧州コンパクトカーと異なり、かなりガチガチで、路面の凸凹のショックがきつくボディに伝わります。ところがスポーティドライビングの際はサスストロークがジワ〜っと利いて、結構な横Gに耐えながらコーナーを抜けるって感じ! まぁ、エンジンもサスも“古き良き”味付けなんですが、こういう味ってオヤジは大好きな筈です。

インテリアも古風な感じ。インパネには「レーシングカーか!?」とつっこみたくなるような大きくて丸いメーターがド〜ンと鎮座していますし、身体をがっちりホールドするフルバケットシートも、オヤジをカッ飛びモードにしてくれます。

アバルト
(画像=トランスミッションは5速MTと5速セミオートマがあります。イケイケなオヤジとしてはMTを選びたいところですが、奥様やお嬢様がお使いになることを考えると、セミオートマにしておく方がよろしいかと…。いや、セミオートマでも十分にイケイケな走りを堪能できますって!)

さらにお薦めな理由としては、買う時も売る時も断然「お得」ということ。例えばセカンドマーケットでは2018年式のアバルト595が約220万円ということは、新車のフィアット500(アバルト595のベース車)221万円〜よりかなり魅力的じゃありません? それに3年落ちのアバルト595が260万円前後なので、リセールバリューも良いってことです。
趣味嗜好性が高く、使い勝手も(そこそこ)良くて、乗り味は超楽しいアバルト595なら、極楽セカンドカーライフを送れることは間違いありません。

アバルト

●エンジン:直列4気筒DOHC16バルブ・インタークーラー付ターボ(1368cc)
●最高出力:107kW(145PS)/5500rpm
●最大トルク:180Nm(18.4kgm)/2000rpm
●全長×全幅×全高:3660×1625×1505mm
●車両重量:1110kg
●価格:¥3,200,000〜(税込)

ABARTH(アバルト)
https://www.abarth.jp/595/

文_高 成浩(POW-DER)


【関連記事】
熾烈を極めるラグジュアリーSUVバトルをアストンマーティンの新型SUVが終止符を打つか!!
エルメスのHウォッチが専用ムーブメントとチタンケースを備え待望のマニュファクチュール化
古典芸術をヒントにレザーでドレープ感を演出した、ベルルッティのドラペ