ART!ART!OSAKA

かつてアートは、王や貴族などの時の権力者がアーティストに描かせて楽しむものでした。それに習い、洋服も時計も車も一流品を手に入れたニューリッチが次に手に入れるべきは、そうアート! ニューリッチの所有欲をくすぐる現代アートの祭典「ART!ART!OSAKA」が、2022年1月10日(月・祝)まで大丸梅田店にて開催されています。今をときめく作家の作品を自宅へと迎え入れるチャンス。

心に響く一枚に出会える魅惑的なラインナップ

ART!ART!OSAKA
(画像=DOLK 「PUNK 」38.5×30㎝ シルクスクリーン ed.300)

ART! ART! OSAKAは二部構成になっていて、12月26日(日)までの第1弾は、独自の創作活動で知られる武田双雲氏による「武田双雲展〜飛翔〜」が開かれます。12月27日(月)〜2022年1月10日(日・祝)の第2弾では、作品を入れ替えて「大現代アート展」を開催。また、期間中を通して展示即売会が行われ、お気に入りの作品を購入することも可能です。

武田双雲氏の作品はもちろん、サザビーズのオークションにて140万ドル(約1億5000万円)で落札されたこともあるストリートアーティスト・バンクシー、ポップカルチャーの巨匠KAWS(カウズ)、日本人アーティストKYNE(キネ)、ノルウェー出身のグラフィティアーティストDOLK(ドルク)など、注目アーティストの作品が勢ぞろい。多種多様な現代アートを一気に見られるなんて、なんとも贅沢!

ポジティブなメッセージが込められた武田双雲氏の書は手に入れておく価値あり!

ART!ART!OSAKA
(画像=「感謝(ありがとう)」66×48cm 墨・越前和紙)

第1弾でフィーチャーされている武田双雲氏は、社会人経験を経て書道家に転向した経歴の持ち主。NHK大河ドラマ「天地人」を手掛けたことで有名になり、日本のみならずアメリカで個展を開催するなど、世界的に注目度が高まっている書道家です。

InstagramやTwitterでポジティブなにメッセージを発信したり、著書『ポジティブの教科書』(主婦の友社)などを出版している双雲氏の作品は、どれも前向きな気持ちにさせてくれるものばかり。目につくところに飾っておけば、見るたびに元気をもらえるはず。毎日忙しくて時間に追われている人こそ、ぜひ取り入れていただきたい。

武田双雲氏のライブパフォーマンスも見逃せない

ART!ART!OSAKA
(画像=「日々是好日(時時勤払拭)」 136×34cm 墨・青墨・金墨・和紙)

12月19日(日)と25日(日)の各日午後2時(※)からは、武田双雲氏によるライブパフォーマンスショーも開催予定。人に感動を与える文字が生み出される場面を目の当たりにできる、またとない機会です。ぜひ朝から並んで、整理券を手に入れちゃってください。ファンでなくとも一見の価値ありです。

ART!ART!OSAKA
(野原邦彦 「波に千鳥(柴色)」H24×W27×D27㎝ FRP ed.18)

その他にもさまざまなアーティストの作品が一堂に会します。
今はコロナ禍でなかなか人を家に招くことは叶いませんが、アフターコロナに向けて今から自宅をアップグレードしておくのはいかがでしょうか。ホームパーティーが開けるようになった暁には、ぜひともマイアートを自慢してやってください。そのためにも、年末年始は、パートナーと一緒にお気に入りの作品を探しに行ってみては。

※12月19日(日)、25日(日)とも各日午前10時から15階会場入り口で整理券を先着順に配布。各回定員50名様。定員に達し次第配布を終了します。当日の状況によっては、人数制限をさせていただくことがあります。

「ART!ART!OSAKA」(展示卸売)
場所:大丸梅田店15階 大丸ミュージアム<梅田>
12階特設会場
期間:12月17日(金)〜2022年1月10日(月・祝)
入場料:無料


【関連記事】
天空から伊勢神宮を参拝! ヘリコプター×「アマネム」で叶える “非密のランデブー”
インテリアの格上げと癒やしを手軽に実現するエコスマートファイヤー
仕事ができるオヤジはオフィスのデスク周りもエレガント!