トム・フォードメガネ

アイコニックなロゴやマークって、妙齢のオヤジにとっては結構鬼門だったりします。ブランド自慢のオヤジに思われたくないですからね。でも、アイウエアにおいては治外法権なブランドが。それがトム フォード。

そうです、Tマークでおなじみの、あのトム フォードです。映画「007」のジェームズ・ボンド然り、映画「シングルマン」のコリン・ファース然り、イケてるメガネオヤジたちにおける象徴的な同ブランド。なぜここが治外法権かというと、本家と直轄で生み出されているから。トム フォードの世界観が、余すことなく注入されているんです。
つまりTマークは、アイウエアにおいてもこだわりを持つオヤジであることの証明ってこと。ロゴ自慢モノとは一線を画すというわけです。

では、オヤジがかけても違和感のない一本とは!? このTを目元に…と思っていても似合わないかも、と諦めている方もいらっしゃるでしょう。ここでは知的に見えてしっかりアピールもできるお薦めのモデルをご提案します。

ベーシックな一本はカジュアルからドレスまでマッチ

トム・フォードメガネ

トム フォードのアイウエアといえば、やっぱりこちらが気になるところかと。モデル名は「TF5178」。そう、トム フォードがメガホンを取った映画「シングルマン」で主役のコリン・ファースが着用した、シグネチャーモデルです。シェイプはいわゆる正統派ウェリントンで、他にもイケてるオヤジ俳優たちがこぞって愛用。存在感がありながらも、リムやテンプルが過剰に太過ぎないので、万人にバランスが良いというわけです。持っておいて損ナシの鉄板モデルといったところです。

TOM FORD EYEWEAR(トムフォード アイウエア)
¥44,000(税込)

オヤジの休日コーデに、この存在感が頼りになります

トム・フォードメガネ

トム フォード自身が愛用するアイウエアからインスピレーションを得た、プライベートコレクションからの一本。モデル名は「N.13 TF5499-P」。丸みを帯びたウェリントンとボストンの中間的なシェイプで、いわゆるボスリントン。定番の「TF5178」と比べて、クラシックな雰囲気が増しています。厚みのあるフレームとテンプルも、実に存在感がありますね。昨今、武骨なアメカジスタイルがリバイバル中ですが、こんな一本なら色落ちしたデニムジャケットにも顔負けしません。

TOM FORD EYEWEAR(トム フォード アイウエア)
¥143,000
シャツ¥77,000

渋いけど、渋さだけに頼らない洗練ボストン

トム・フォードメガネ

丸みを強めたボストンシェイプの「TF5728-D」。デミ柄フレーム×ゴールドカラーブリッジというコンビ使いと相まって、クラシカルな雰囲気を楽しませます。とはいえ、全体的に細身なシェイプから漂うのは、アーバンかつスタイリッシュ感。ゆえに、オヤジが掛けてもレトロな印象だけがことさら主張されず、シャープさや色気さえも匂わせてくれます。レザーアウターが似合うのは、そんな理由から。もちろん、ヨロイに記されたTマークの威光も、かなり効いてますけどね。

TOM FORD EYEWEAR(トム フォード アイウエアア)
¥49,500

メガネ巧者のツボを突く、大胆な異素材使い

トム・フォードメガネ

最後に、ちょっと小技を効かせたい人にオススメなモデルを。この「TF5694-F」は、クリアフレームとチタンフレームを張り合わせた、ユニークなデザインが見どころ。チタンフレームのみだと、シャープかつクールな印象が前に出がちですが、クリアフレームと組み合わせることでやわらかな印象も加味。シェイプはウェリントンと定番ですが、この独特な異素材感が差別化してくれます。品良くキラリと光る姿は、やっぱり夜のデートがお似合いではないでしょうか。

TOM FORD EYEWEAR(トム フォード アイウエア)
¥105,600(税込)
ジャケット¥484,000、ニット¥154,000

トム フォード ジャパン
https://tomford.jp

撮影 杉田裕一
スタイリング 鈴木 肇
ヘア&メイク 米尾太一(TUNE)
モデル 加藤章太郎
文 安岡将文
編集 藤倉大輔


【関連記事】
ニューリッチこそ週3回は取り入れたい、スリッポン
仕事も、遊びも、冬旅も! ニットジャケットがあればオールOK
革小物の名門にも引けをとらない! ジョンロブのスモールレザーグッズ