富裕層の人たちがスポーツクラブやフィットネスクラブなどのジムに通う理由は、健康のためだけではありません。多くの富裕層が会員制の高級スポーツクラブ・フィットネスクラブへと足しげく通うのはなぜなのでしょうか。ここでは、富裕層こそスポーツクラブへ行くべき理由と、都内にあるおすすめのジムを3つご紹介します。

富裕層はなぜスポーツクラブへ足を運ぶのか

限られた人生という時間の中で、健康である時間が長ければ長いほど、自由になる時間も増えていきます。また、体を鍛えることで体力・精神力が上昇し、何をするにも楽に取り組めるようになる、ということも、多くの人が知っています。ところが、それを手に入れるために運動を習慣づけ、継続できる人はそう多くありません。

富裕層と呼ばれる人たちの中には、体を鍛えることを習慣としている人が多くいます。体を鍛えることによって、健康な体と体力を得るだけではなく、自らを律する力や計画的に物事を進めていくスキルを高めることにつながるともいいます。

また、会員制の高級スポーツクラブ・フィットネスクラブには富裕層が集まり、まるで社交場のようになることがあります。ビジネスや投資について情報感度の高い層が集まることで、そこで交わされる情報にはニュースやインターネットでは得られないものもあるでしょう。そして、人脈を広げる場としても利用できます。著名人や政界の大物もいるかもしれません。会員制の高級スポーツクラブ・フィットネスクラブに行くことで、会費以上のメリットを得られる可能性があるのです。

おすすめしたいスポーツクラブ・フィットネスクラブ3選

これらのメリットを享受できる可能性が高い、おすすめの会員制高級スポーツクラブ・フィットネスクラブを紹介します。

  • ザ・プリンス パークタワー東京のスパ&フィットネス

入会金108万円、保証金200万円、年会費約38万8,000円と、まさに富裕層のためにあるようなフィットネスクラブです。運動した後は、天然温泉でリラックスしましょう。プールやサウナもありますので、大きな仕事を終えた後は、ここで一日休息するのもおすすめです。ザ・プリンス パークタワー東京の宿泊客も利用できますが、宿泊客以外はこのフィットネスクラブの会員ばかりですので、交流の場としても適しています。

基本情報
〒105-8563
港区芝公園4-8-1

  • 水月スパ&フィットネス

コンラッド東京29階にある水月スパ&フィットネスも、富裕層の多い会員制フィットネスクラブです。個人会員の入会金は150万円、保証金10万円、年会費は45万6,000円。会員になると、ジム、プール、サウナを利用できるだけでなく、コンラッド東京内のレストランやバーの飲食代が20%割り引かれるなどの特典も用意されています。宿泊やスパの利用料金もお得になりますので、日々体を鍛えたい人や、特別な空間でリラックスする時間を確保したい人にもおすすめです。

基本情報
〒105-7337
港区東新橋1-9-1

  • 六本木ヒルズスパ

入会金100万円、入会預託金50万円、年会費30万円で、入会には審査が必要な六本木ヒルズスパも富裕層に人気です。経験豊富なトレーナーがしっかりとトレーニングしてくれるパーソナルプログラムがあります。指圧・マッサージ、エステサロンやネイルサロン、さらにはゴルフレッスンまで利用できます。

スタジオとプールでは、日ごとにさまざまなプログラムが用意されており、毎日通っても飽きずに利用できます。また、食事が楽しめるダイニングもありますので、トレーニング後の食事はもちろんのこと、朝食からディナーまで、お好みのタイミングでヘルシーグルメを堪能してください。こちらの施設は六本木ヒルズ内にあります。会員になったら、おでかけのついでに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

基本情報
〒106-0032
港区六本木6-12-3六本木ヒルズレジデンスC4F

体を鍛えながら情報キャッチ!会員制の高級スポーツクラブ・フィットネスクラブに出かけよう

会員制の高級スポーツクラブ・フィットネスクラブに通うことで、ビジネス面でも大きな利点があることが分かりました。都内には数多くのスポーツクラブやフィットネスクラブがありますが、頻繁に通うのであれば、今回ご紹介したような会員制の高級スポーツクラブ・フィットネスクラブをおすすめします。

ビジネスを展開している人や著名人と知り合って人脈を広げたり、まだごく一部しか知りえない新たな情報をキャッチしたりと、会員制の高級スポーツクラブ・フィットネスクラブならではのメリットを享受しながら体を鍛えていきましょう。

【関連記事】