アート×サウナで夏を乗り切る!チームラボの未知なる「ととのい」

厳しい夏にむけて体力をつけるために、代謝を高めて体質改善をしておきたいもの。その手助けのひとつとして効果的なのがサウナです。より効率的に気持ちよい汗をかくには、なによりリラックス・リフレッシュが大前提。そして現在、サウナとアートを融合した「Tik Tokチームラボコネクト」が東京・六本木で開催中です。アート浴とサウナの未知なる“ととのい”を体験し、猛暑に打ち勝つ体力と想像力を備えてみては?

夏バテ防止にも効果的。サウナで代謝をあげる訓練をしよう

忙しい毎日をおくるビジネスパーソンにとって夏バテはご法度!テレワークによる運動不足やストレスによって代謝が低下し老廃物がどんどん溜まる体質になってしまうのは言わずもがなです。汗線を正常化させることで、老廃物が体外に排出され自律神経が活発になり気温の変化にも対応しやすい体になります。とはいえ、日常生活のなかにいきなりトレーニングやランニングを取り入れることに負担を感じる人も多いはず。 効率的に汗をかいて身も心もリフレッシュするなら、アート×サウナを掛け合わせた新感覚の「ととのい」を体験してみてはいかがでしょうか。

サウナで汗を流しアートを浴びることで感性を研ぎ澄ます

サウナ愛好家だけでなくビギナーの間でも、既に話題となっているのがアート集団チームラボとTikTokが共同で手掛けた、サウナ×アートの展覧会「チームラボリコネクト」です。同展は“アートと一体となりリコネクトする”をテーマに、サウナエリア、冷水エリア、アート浴エリアで構成され、サウナと冷水で交感神経を活発化させて副交感神経神経が優位になった状態でアートを鑑賞することが可能。入場から退場まではおよそ100分で、サウナ8~10分、冷水1分、アート浴10分前後の3セットが目安。更衣室とサウナ室いがいは撮影が可能なのでスマートフォンは忘れずに!

サウナ室で体験する幻想的なランプの光と音の競演

更衣室で水着に着替えたらシャワーを浴びていざサウナへ。出入口付近には最初のアートとして『呼応するランプのアレイとスパイラル-ワンストローク,Metropolis Tokyo』がお目見えします。この作品は、一番低いランプの下を通るとそのランプが輝き、隣のランプも色が変わっていくといった作品です。サウナエリアは全7室(2室は女性専用)で構成されており、それぞれテーマカラーをもうけ、部屋ごとに温度と音楽の組み合わせを楽しむことが可能となっています。アロマも部屋ごとに異なり、ほうじ茶や白樺、焚き火、ウォーターハーブなどが香ります。

ほどよく発汗してきたら、次は冷水エリアへ。ここは2カ所で構成。空間の円相に身体ごと入り込む『円相に迷い込んで』は、冷水シャワーに無数の群蝶があらわれたり、さらに円や群蝶の中に入り込むと、角度によって全く別の世界が広がります。『円相を通り抜けて』は、チラーによって冷やされた直径30センチのシャワーヘッドを2箇所完備しており、頭上から大量の冷水を一気に浴びることで煩悩を消し去り、アートを身体の奥から感じることができるはず。

アートをたっぷり浴びて新たな「ととのい」の境地へ

サウナ→冷水を終えたら、いよいよメインディッシュとなるアート浴へ。このエリアは全3カ所で、幻想的なアートスペースを堪能することができます。真っ暗な空間に球体を浮かべた『空中浮遊』は、静寂のなかで球体が上下したり静止したり、動きによって色が変わっていくサマを眺めることでやがて頭の中がクリアになること間違いありません。そのほか、季節の花々が増殖し、やがて散っていく変化を表現した『降り注ぐ雨の中で増殖する無量の生命』や、暗闇に無数の光が移動し、その光に触れると結晶のように崩れて作品の中に溶け込んでいく『生命は結晶化した儚い光』などの体験型作品を楽しむことができます。

アート×サウナの未知なる「ととのい」を堪能したら、ラストは外気に触れてみましょう。館内の外には外気浴のための作品として、TikTok チームラボリコネクトの『生命はどこであろうと強く咲く』を展示。TikTokアプリのカメラを画面に向けると、花々の大きさが空間にあわせて成長するなど、自分のいる場所がアート空間へと広がっていきます。

会期は8月末まで!

もはやサウナは汗を流すだけでなく、自身の感性を研ぎ澄ませる神聖な場所となりつつあります。同展は8月末までの期間限定なので、夏バテ対策も兼ねて未知なる「ととのい」を体験しに行ってみてはいかがでしょうか。

チームラボ & TikTok, チームラボリコネクト:アートとサウナ 六本木
会期:2021年8月31日(火)まで
開催場所:東京都港区六本木5丁目10-25
時間:10~23時(最終入館 21時30分)
不定休(公式ウェブサイトを要確認)
料金:平日 4,800円/土日祝・特定日 5,800円

文・J PRIME編集部

>>会員登録して限定記事を読む

【関連記事】