この夏のプライベートウォッチのキーワードは“ラグジュアリー・スポーツ”


どんなにスマホやスマートウォッチが普及しても、男にとって時計は別物。いわば時計は、自分を表すアイデンティティのようなもの。今回はスーツに合わせるオンタイム仕様ではなく、オフの時間につける遊びのあるハイエンドな時計をラインナップ。自分の趣味を反映したようなプライベートを充実させる1本だ。今のトレンドの流れを汲むと主流は断然スポーツテイストだが、そこにブランドの格と高級時計ならではの存在感が加わることで、どんなカジュアルなスタイルもハイファッションへと引き上げる。

【KEY ITEM1:気品と色気が共存する逸品。〈オーデマ ピゲ〉のCODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ】

CODE 11.59

2019年に登場した「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」。ネーミングは12時の1分前を意味し、もうすぐ新しい1日が始まることを示している。何より画期的なのは、円形のケースに八角形のミドルケースをはめ込んだ多角的なアーキテクチャ。重厚感がありながら、モダンさとスマートさを併せ持つ。3シーズン目となる最新作は、ミドルケースにブラックセラミックを起用。ピンクゴールドのケースとのコンビネーションは、質の良い色気すら漂う。さらに今までアリゲーターだったストラップが、テキスタイル調のラバーへと大胆にアレンジ。ドレッシーなケースとスポーティなストラップのミックスマッチは、この上なく贅沢な遊びである。

「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ クロノグラフ」18Kピンクゴールド×ブラックセラミックケース(41mm)、ブラックラバーストラップ 、自動巻き ¥4,950,000(オーデマ ピゲ/オーデマ ピゲ ジャパン☎︎03-6830-000)


【KEY ITEM2:伝説のクロノグラフが復刻。〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉のヒストリー・コルヌ・ドゥ・ヴァッシュ】

ヒストリー・コルヌ・ドゥ・ヴァッシュ

1955年に限定生産で発表された、ブランド初の防水性が備わったクロノグラフ「リファレンス 6087」。「牛の角」を思わせるラグ(ストラップをケースに繋ぐ部分)の形状からフランス語で同じ意味を表す“コルヌ・ドゥ・ヴァッシュ”の愛称で呼ばれ、希少な生産数から今でも愛好家が追い求める伝説の時計となっている。その復刻版として登場した「ヒストリー・コルヌ・ドゥ・ヴァッシュ 1955」は、オリジナルモデルのデザインを忠実に再現しながら、最先端の機能へとアップデート。硬質なステンレススティールのケースに繊細な文字盤とクロノグラフ、極上のカーフレザーストラップと、完璧なまでにエレガントな調和をもたらす。例えばフライフィッシングなど、クラシックなスタイルで楽しむシーンに身につけると、趣味の質さえも格別になる。【KEY ITEM2:伝説のクロノグラフが復刻。〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉のヒストリー・コルヌ・ドゥ・ヴァッシュ】

「ヒストリー・コルヌ・ドゥ・ヴァッシュ 1955」ステンレススティールケース(38.5mm)、カーフレザーストラップ、機械式手巻き ¥5,148,000(ヴァシュロン・コンスタンタン☎️0120-63-1755)


【KEY ITEM3:圧倒的な存在感。〈ウブロ〉のビッグ・バン ウニコ キングゴールド セラミック】

ビッグ・バン ウニコ キングゴールド セラミック

〈ウブロ〉を代表するモデル「ビッグ・バン」に、自社製クロノグラフムーブメント「ウニコ」を搭載した最強モデル。その高性能な機構を文字盤を通して眺めることができるのも、このモデルの最大の魅力である。さらに得意の錬金術で生み出した赤い色調を持つ〈ウブロ〉独自開発の「キングゴールド」が、ブラックセラミックやブラックラバーとの組み合わせによって骨太の華やかさを演出。例えTシャツに合わせても、これを身につけるだけで風格を感じさせる1本である。

「ビッグ・バン ウニコ キングゴールド セラミック」 18Kキングゴールドケース(44mm)、ブラックストラクチャードラバーストラップ、自動巻き ¥4,279,000(ウブロ/LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン ウブロ☎️03-5635-7055) サングラス¥50,600(アイヴァン 7285 アイヴァン 7285 トウキョウ☎️03-3409-7285)


【KEY ITEM4:研ぎ澄まされたダイバーズウォッチ。〈パネライ〉のサブマーシブル カーボテックTM】

サブマーシブル カーボテック

構築的な印象を放つリューズプロテクターが特徴の〈パネライ〉のダイバーズウォッチ。中でも画期的なモデルが、チタンやスティールより軽く、傷や衝撃にも強いカーボテック素材を使った「サブマーシブル カーボテックTM」である。2つとして同じ模様がないという独自の筋目を持つマットブラックに、ブルーのインデックスが美しく映える洗練のデザイン。しかも夜光顔料を施したアワーマーカーはいかなる暗闇でも視認性を発揮する。プロフェッショナルダイバーズウォッチとしてはコンパクトな42mmモデルなら、シーンを選ばずスマートなスタイリングを約束。

「サブマーシブル カーボテックTM」カーボテックケース(42mm)、ブラックラバーストラップ、自動巻き ¥2,112,000(パネライ/オフィチーネ パネライ☎︎0120-18-7110)


【KEY ITEM5:ハイスペック&ハイファッションの融合。〈ゼニス〉のデファイ エクストリーム】

デファイ エクストリーム

クロノ針が1秒で1回転する1/100秒計測のクロノグラフを搭載し、驚異的な200m防水をも実現した「デファイ エクストリーム」は、高機能に定評のある〈ゼニス〉の中でも最先端技術を駆使したモデルである。しかもその革新性は機能にとどまらない。1960年代後半に誕生した初代「デファイ」の面影を残すファセット加工のトノー型ケースと12角形のリング、ケースと一体型のチタンブレスレットによって、レトロとモダンが混在する斬新な表情を生み出している。さらにクイックチェンジストラップシステムにより、気分によって簡単にストラップを着替えることも可能。スペックとファッション性ともにハイエンドを極めた1本である。

「デファイ エクストリーム」チタンケース(45mm)、メタルストラップ(ラバーストラップとベルクロストラップが付属)、自動巻き ¥2,119,700(ゼニス☎️03-3575-5861) サンダル¥143,000(ジョンロブ/ジョン ロブ ジャパン☎︎03-6267-6010)



坂井辰翁
TATSUO SAKAI
スタイリスト。1976年生まれ、岐阜県出身。2004年からフリーランスのスタイリストとして、さまざまなメンズファッション誌、広告などで活躍中。スーツを始めとするドレススタイルを得意とするいっぽうで、カジュアルやモードにも精通するオールラウンダーでもある。

スタイリング/坂井辰翁 撮影/木村慎(HERITIER) 企画編集・文/横山直美(cat) 

※記載の価格はすべて税込表示です。

>>大丸・松坂屋の5つの特別サービスとは?