毎月1本、季節の旬の食材によく合う日本ワインをご紹介。セレクトするのは、日本ワインに特化した定期イベント「LIFE with WINE」を主宰する栁 佐織さん。「今月紹介するのは、東京・清澄白河にあるフジマル醸造所のオレンジワイン、その名も“橙色(だいだいいろ)”。デラウエアの新しい魅力が見つかります」

オレンジワインとエスニック料理
白ブドウを房ごと漬け込み発酵させることで、独特の色味を帯びるオレンジワイン。デラウエアの素直なフルーティさと皮や種、茎から抽出されるタンニンと酸などの複雑味がバランスよく調和しいている1本。パクチーとともに食べる海老の揚げ春巻きなど、少しクセのあるエスニック料理に合わせると、ついつい量が進んでしまう。


デラウエアをガブっと頬張ったような味わいを再現したワイン

日本では果物として親しみ深いデラウエアですが、ワインの品種としてはまだまだ認知度が低いのが現状です。この連載でも幾度かデラウエアのワインを紹介してきましたが、日本ワインの造り手たちの間では、とても魅力的な品種なのです。清澄白河フジマル醸造所の木水晶子さんもデラウエアに魅了された醸造家のひとり。この「橙色」を造るにあたり目指したのは、「デラウエアを房からガブっと食べた時の美味しさをワインで表現する」こと。試行錯誤を経て行き着いたのが、「房ごとタンクの中に入れて仕込む方法」でした。白ブドウを使い、赤ワインの製法で造るオレンジワインは、通常、房から実を取り(除梗)、果汁を搾り(破砕)、皮や種子と一緒に漬けて発酵させます。その際、皮や種からタンニンが抽出され、独特の深い味わいにも繋がるのです。木水さんの場合は除梗・破砕をせずに房ごとタンクに入れ、発酵が進んでから果汁を搾るという方法。「除梗をする時にどうしても皮が潰れて、同時に渋みも抽出されます。これがある意味味わいにもなるのですが、房のまま皮が潰れていない状態で発酵させると、まろやかになるんです。その後に破砕することによって、皮や茎から複雑味が遅れて加わることに」。そうして生まれた「橙色」は、優しい味わいのなかに奥行きを感じさせるような風味を持つのです。

清澄白河フジマル醸造所は、vol.4でご紹介した大阪・島之内フジマル醸造所のふたつ目の醸造所として東京に設立されました。ブルゴーニュで使われるワイン用語で説明すると、島之内は自社畑を所有するドメーヌ的な生産者で、清澄白河は畑を持たず、契約農家から仕入れたブドウで醸造を行うネゴシアン的な生産者。ふたつとも、身近にワインを感じてもらうことを目的に設立された街中にある「アーバンワイナリー」です。清澄白河は1階が醸造所、2階がイタリアンレストランという構造。時期によってはワイン造りの現場を見られたり、出来立てのフレッシュなワインを飲めることも。

「橙色」は山形の契約農家から仕入れたデラウエアを使用。「山形は寒暖差が大きいので、スッキリと綺麗な酸味のデラウエアが育ちます。さらに栄養のある豊かな土地が、ブドウの味わいや香りを華やかにします。和三盆のような上品な甘さがあり、それでいてトロピカルな風味も」。そんなブドウの魅力を最大限に引き出すべく造られたワインは、飲みやすくてゴクゴク飲めるけれど、味わいや香りに深みがあり、心地よい余韻をしっかりと残します。その余韻が、香辛料やスパイスを効かせた中華やエスニック、出汁の効いた和食など、複雑味のある料理を引き立てるのです。

Wine of the month

「橙色」
デラウエアのオレンジワイン「橙色」は、日本ワインをもっと日常に飲んでもらいたいとの思いで造られた「テーブルトップ」シリーズのひとつ。“七宝つなぎ”の文様を描いたエチケットには、「生産者と飲み手を繋ぐ」という思いが込められている。山形県産デラウエア100%、亜硫酸無添加。「橙色」¥3,080/清澄白河フジマル醸造所☎︎03-3541-7115 *2020年分は販売終了。2021年分は2022年1月に販売予定。


The perfect glass for this wine

ヴィオニエ/シャルドネ
今回栁さんが選んだのは、主にヴィオニエやシャルドネといった辛口白ワインのために作られたワイングラス。「大ぶりのシャルドネグラスよりは、飲み口が適度にすぼまった比較的小ぶりなタイプを。「橙色」に潜む複雑味や繊細な香りを捉えることができます」。〈リーデル・ヴェリタス〉ヴィオニエ/シャルドネ(2個入)¥11,000/リーデル青山本店☏03-3404-4456 https://shop.riedel.co.jp/products/detail.php?product_id=335


WINE MAKER

清澄白河フジマル醸造所/木水晶子さん
KIYOSUMISHIRAKAWA FUJIMARU BREWERY
清澄白河フジマル醸造所/木水晶子さん
ニュージーランドと米国・オレゴンでワイン造りの修業をした木水さん。ニュージーランドでは大規模生産者として安定したワイン造り、オレゴンでは極力ワインに負担をかけないオーガニックなワイン造りという、いわば両極の方法を学んだという。ニュージーランドを旅していた藤丸智史さんと出会ったことをきっかけに、さまざまなタイミンが重なり、大阪に続いて2軒目となる東京のフジマル醸造所を任されることに。自社畑ではない契約農家からのブドウを使うにあたっては、「ワインありきでブドウを選ぶのではなく、その土地のブドウの魅力を活かすワインを造る」ことを念頭においている。「ワイン用の品種としてのデラウエアの面白さを、もっと知ってもらいたいです。皆さんに認知していただくことが、日本のデラウエアの樹を守ることにも繋がるので。場所や造り手によっても味わいは違うので、いろいろな産地のデラウエアのワインを飲んでみてください」

清澄白河 フジマル醸造所
東京都江東区三好2-5-3
☎︎03-3641-7115

SELECTOR

栁佐織・SAORI YANAGI
日本ワインの魅力を伝えるべく、「日本ワインを、日常に。」をスローガンに、造り手と飲み手をつなげる「LIFE with WINE」を2012にスタート。日本全国の造り手を招いて行われるイベントは14回にも及ぶ。ワインエキスパート資格所持。日本各地のワイナリーを訪ねて収穫を手伝うなど、生産者たちとのつながりも深い。
https://www.facebook.com/LIFEwithWINE/

撮影/相沢千冬  企画編集・文/横山直美(cat)

※記載の価格はすべて税込表示です。

>>大丸・松坂屋の5つの特別サービスとは?