毎月1本、季節の旬の食材によく合う日本ワインをご紹介。セレクトするのは、日本ワインに特化した定期イベント「LIFE with WINE」を主宰する栁 佐織さん。「今回は、日本ワインの新たなる銘醸地として注目される、北海道のさっぽろ藤野ワイナリーによるシャルドネをご紹介します」

さっぽろ藤野ワイナリーのシャルドネ
厳しい条件をクリアして育った良質なシャルドネ種を使い、果実味の魅力を引き出すべく造られたワイン。天ぷらとシャルドネは鉄板のマリアージュと言われるが、より繊細でエレガントなこのワインには、少しライトなフリットがよく合う。

条件が厳しいからこそ生まれた、希少で良質なシャルドネによるワイン

夏に降雨量が少なく、湿度も低い北海道は、ブドウの栽培に適している土地として、ワイン用ブドウの収穫量や栽培面積を急速に伸ばしています。ワインの生産量においては山梨、長野に続く3位となり、世界からも注目を集めているのです。ただし今まで栽培されてきたのは、ケルナーやミュラートゥルガウ、ツヴァイゲルトレーベなどの比較的寒冷地に適しているブドウ品種が主流でした。シャルドネやピノ・ノワールといったメジャーなブドウ品種が増えてきたのは最近のこと。今回紹介するのは、北海道産のブドウにこだわり、体に優しいワイン造りを志している「さっぽろ藤野ワイナリー」の「藤野シャルドネ」です。

お酒が好きだけれどあまり体が強くなかった弟のために、身体に優しいワインをつくりたいと、オーナー姉妹が2009年に「さっぽろ藤野ワイナリー」を設立。なるべく添加物を使わず、野生酵母と無濾過による醸造をおこなうワイナリーです。

ワイン用のブドウに関しては、自社畑と契約農家によって丁寧に育てられた北海道産ブドウに限定。現在醸造を担当している秋元崇宏さんによると、「ワイナリーは札幌の南西部に位置する山間部にあって、標高は220〜250m。北海道の中でもブドウの栽培が盛んな余市や空知と比較すると条件は厳しいほうです。霜が10月の下旬には降りてしまうので、収穫時期の見極めを栽培担当とすり合わせるのが難しくて」。本来はギリギリまで熟すのを待つほうが、ワインとなった時に複雑で深い味わいが生まれるのですが、時期を逸して枯らしてしまっては元も子もないのです。「でも2019年のシャルドネは、初めて栽培側と醸造側と同じ方向を向いて収穫時期を決めることができ、今までにないほど上質なワインを造ることができたんです」

北海道のシャルドネは酸味が特徴的。「酸には2種類あって、未熟な青さのある酸と、果実本来の良質な酸。良質な酸はしっかり熟さないと生まれにくいので、北海道ではどうしても難しいんです」と秋元さん。北海道のブドウの樹は春先の雪の重みで樹が折れないように斜めに植えられていて、秋には樹を倒して冬の間は雪の中に埋め、春には樹を起こすという大変な作業があるのです。本州と比較しても非常に冷涼で積算温度も低く、ワイン用ブドウを多く栽培している広大な北海道とはいえ、シャルドネに至っては、ほかの銘醸地に比べると高品質なものを収穫するのはかなり厳しい。「でも、果実はストレスを感じるほうが美味しくなる。作業は多いけれど、丁寧に育てればそのぶん凝縮感や洗練されたワインの味を追い求められると思っています」

良質なブドウから造られた藤野シャルドネは、きれいな酸味に加え、ほんのりミネラルと塩味を感じるスッキリとしたエレガントな味わい。白身魚やイカやエビ、北海道のアスパラやとうもろこしなどをフリットにして、塩で食すとワインが止まらなくなる、ベストマリアージュです。

Wine of the month

さっぽろ藤野ワイナリーのシャルドネ
ブドウの収穫時期をギリギリまで待つことで、良質なワインとなった2019年のシャルドネ。これが始まりとなり、今後のヴィンテージにも期待が持てる。藤野シャルドネ¥3,850/さっぽろ藤野ワイナリー☎︎011-593-8700


The perfect glass for this wine

さっぽろ藤野ワイナリーのシャルドネ
今回栁さんが選んだのは、光学効果を取り入れた〈パフォーマンス〉シリーズのシャルドネグラス。内側の波打つラインが表面積を広げ、スピーカーの役割を果たすという仕組みだ。「たっぷりとしたフォルムのグラスに、繊細な香りを閉じ込めてきちんと感じ取ることができます。酸も心地よく、すべてがエレガント」。〈パフォーマンス〉シャルドネ(2個入)¥9,900/リーデル青山本店☏03-3404-4456 https://shop.riedel.co.jp/products/detail.php?product_id=618


WINE MAKER

さっぽろ藤野ワイナリー
秋元崇宏さん
SAPPORO FUJINO WINERY /さっぽろ藤野ワイナリー
秋元崇宏さん
ワイナリーは札幌の中心地から車で35分ほどの自然豊かな場所にあり、ブドウ畑のある敷地は約7万5千坪の広さを誇る。醸造を手がける秋元さんは、出身地である宮城の「秋保ワイナリー」で経験を積んだ。ある時、「さっぽろ藤野ワイナリー」のアドバイザーでもあった近藤良介さん(kondoヴィンヤードのオーナー)と当時の醸造責任者である浦本忠幸さんに出会ったことがきっかけとなり、北海道へ移住。この出会いによって自身が目指すワイン醸造の方向を見出したと言う。「基本は、体に優しいワイン造りという、ワイナリー設立からの最初の志をしっかり守って醸造していきたいです。幸い、身近に素晴らしい生産者の方々がいらっしゃるので、皆さんの意見を聴きながらワインのクオリティをあげていきたいと思っています」

さっぽろ藤野ワイナリー
北海道札幌市南区藤野670-1 ☎︎011-593-8700 http://www.vm-net.ne.jp/elk/fujino/index.html

SELECTOR

栁佐織・SAORI YANAGI
日本ワインの魅力を伝えるべく、「日本ワインを、日常に。」をスローガンに、造り手と飲み手をつなげる「LIFE with WINE」を2012にスタート。日本全国の造り手を招いて行われるイベントは14回にも及ぶ。ワインエキスパート資格所持。日本各地のワイナリーを訪ねて収穫を手伝うなど、生産者たちとのつながりも深い。
https://www.facebook.com/LIFEwithWINE/

撮影/相沢千冬  企画編集・文/横山直美(cat)

※記載の価格はすべて税込表示です。

>>大丸・松坂屋の5つの特別サービスとは?