毎月1本、季節の旬の食材によく合う日本ワインをご紹介。セレクトするのは、日本ワインに特化した定期イベント「LIFE with WINE」を主宰する栁 佐織さん。「今月は、デラウエアの特産地、山形県にあるベルウッドヴィンヤードから、デラウエアの微発泡ワイン、ペティアン、通称“デラペティ”を紹介します」

デラペティ
ほのかに感じる炭酸で喉ごしもやわらかな微発泡ワイン、ペティアン。果物としても馴染みあるデラウエアは、くせもなくすっきりと飲みやすいため、和食全般によく合う。濁っているのはワインのうまみ成分でもある澱。このうまみが引き出すほど良いコクと酸味が、例えば甘辛いゴマだれを添えた焼きしめ鯖にもマッチする。


ブドウの素直な味わいを楽しめるのがペティアンの醍醐味

小粒の種無しブドウとしてお馴染みのデラウエアはアメリカが原産で、日本には明治時代に入ってきたと言われています。その生産量が全国一位なのが山形県。今回紹介する「ベルウッドヴィンヤード」のある上山市の久保手は、とりわけデラウエアの畑が多い地区。オーナーで醸造家の鈴木智晃さんは、後継者がいなくなった果物用のデラウエアの畑を引き継ぎ、ワイン用として栽培を始めました。鈴木さんにデラウエアの魅力を聞くと、「昔から食べてきた馴染みのあるブドウで、純粋に美味しい」とのこと。「この土地の気候はデラウエアによく合っていて、美味しいブドウが育ちます。生育期には雨が少なく熟度が上がり、昼夜の寒暖差によってきれいな酸が残ります」

このデラウエアの魅力を素直に味わえるのが、ペティアンというワインの種類。ベルウッドでは愛情を込めて“デラペティ”と呼んでいます。ブドウ果汁を発酵途中で瓶詰めすることで、生ジュースのようなブドウ本来の味わいを閉じ込めることができるのです。炭酸ガスの発生も弱く、シャンパーニュの5〜6気圧に比べ、ペティアンは1〜2.5気圧。「うちの場合は、発酵途中で澱が対流しているところを無濾過で瓶詰めするため、どうしても澱が多く入ってしまいます。澱はうまみにもなりますが、悪い要素が出る場合もある。だからこそ厳選したブドウを使い、仕込みにも細心の注意を払っています」。ブドウは自身の畑だけでなく、地元の農家からも購入し、地域に根ざしたワイン造りを心がけているそう。

果物のデラウエアは甘味が強いのが特徴ですが、ベルウッドの“デラペティ”は辛口ですっきりとした味わい。それでいて、澱がもたらす桃のようなふくよかさも感じられ、微炭酸の喉ごしの良さが抜群のバランスに。しめ鯖のほかにも、「山形の名産、ねまがりたけの天ぷらにもよく合いますよ」

Wine of the month

デラペティ
果物用の種なしデラウエアと違い、ワイン用は元来の姿である種ありで栽培。また、熟したデラウエアに加えて青デラ(熟す前のデラウエア)をブレンドし、しっかりと酸味を生かした造りに。切手をモチーフにした鈴木さんの似顔絵入りエチケットには、「久保手からの季節のお便りをワインとともに」という思いが込められている。コレクション ヴァン ペティアン 2020 デラウエア/ベルウッドヴィンヤード
https://bellwoodvineyard.com/ ※2020はSOLDOUT 2021は秋ごろに販売予定


The perfect glass for this wine

ソーヴィニヨン・ブラン用のワイングラス
今回栁さんが選んだのは、ソーヴィニヨン・ブラン用のワイングラス。「“デラペティ”の豊かな酸味と天然酵母のようなうまみが引き立つ飲み心地。澱も美味しくいただけます」。〈リーデル・ヴェリタス〉ソーヴィニヨン・ブラン(2個入)¥11,000/リーデル青山本店 ☏03-3404-4456  https://shop.riedel.co.jp/products/detail.php?product_id=475


WINE MAKER

ベルウッドヴィンヤード 鈴木智晃さん
BELLWOOD VINEYARD /ベルウッドヴィンヤード
鈴木智晃さん
鈴木さんが自身のワイナリーを開設したのは2020年の秋とまだ一年足らず。ただし醸造とブドウ栽培においては、同じ山形にある「朝日町ワイン」で19年もの経験を積んだプロフェッショナル。2017年に独立し、久保手の土地で委託醸造によるワインの製造を行いながらワイナリー創設の準備を進めた。ちなみに屋号はベル(=鈴)、ウッド(=木)から。地元のブドウをこよなく愛し、ブドウの味わいがそのままワインの特徴になることを目指しているという。「久保手はとてものどかなところです。この風景を知ったうえでこの土地のワインを飲めば、良さをより感じていただけると思います。年ごとに特徴も異なるのがワインですから、久保手からの年に一度の便りとして、その年のワインの味をお楽しみください」

ベルウッドヴィンヤード
山形県上山市久保手字久保手4414-1 ☏023-674-6020 https://bellwoodvineyard.com/

SELECTOR

栁佐織・SAORI YANAGI
日本ワインの魅力を伝えるべく、「日本ワインを、日常に。」をスローガンに、造り手と飲み手をつなげる「LIFE with WINE」を2012にスタート。日本全国の造り手を招いて行われるイベントは14回にも及ぶ。ワインエキスパート資格所持。日本各地のワイナリーを訪ねて収穫を手伝うなど、生産者たちとのつながりも深い。
https://www.facebook.com/LIFEwithWINE/

撮影/相沢千冬  企画編集・文/横山直美(cat)

※記載の価格はすべて税込表示です。

>>大丸・松坂屋の5つの特別サービスとは?