サマになる上質かつ優秀なジャケット5選

メンズファッションのカジュアル化が進んでいるなかで、今、注目したいのはスーツではなく単品のテーラードジャケット。ビジネスシーンはもちろんオフタイムでも、ジャケットスタイルがこなれている人はお洒落の一線を画している。これから夏にかけて、ノータイでもタイド・アップでも、ニットやポロシャツにも、羽織るだけでサマになる上質かつ優秀なジャケットを厳選してご紹介。

【KEY ITEM1:風格とスマートさを併せ持つ、ダークネイビーのダブルジャケット】

ダブル・ブレステッドのジャケット


一般的にスーツのジャケットと比べると、単品のジャケットは丈が短く、ボトムと色や素材が違ってもバランスがとりやすいフォルムになっている。ダブル・ブレステッドのジャケットは、シングルよりも立体感が出るので風格のある着こなしを約束。ただし、よりスマートな佇まいに見せるには、ゆるすぎずタイト過ぎず、すっきり着られるサイズ感に注意したい。ジャケットに存在感があるぶん、コントラストの強いストライプシャツを合わせても上品な印象に。パッチポケットがカジュアル仕様だが、タイド・アップすれば十分ビジネスシーンにも対応。オフならネイビーのニットにベージュのスラックスで、鉄板の爽やかスタイルに。

ジャケット¥124,300(ヴァルディターロ) シャツ¥39,930(ルイジ ボレッリ) タイ¥19,910(ニッキー)(以上シップス 銀座店☏03-3564-5547) パンツ¥36,300(ブリリア 1949/トヨダトレーディング プレスルーム☏03-5350-5567) チーフ¥7,480(フランコ バッシ/アイネックス☏03-5728-1190)


【KEY ITEM2:軽快に着られるシアサッカーのネイビージャケット】

シアサッカーのネイビージャケット


夏に向けて爽快に着られるシアサッカーのジャケットはカジュアルなイメージもあるが、ストライプ柄を感じさせない単色ネイビーならオンでもシックな印象に。ラペルの作りがしっかりしているので、シャツ&タイもきれいにおさまる。一方シアサッカーの軽やかさは、Tシャツ一枚との相性も抜群。

ジャケット¥97,900(タリアトーレ/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店☏03-5772-5501)


【KEY ITEM3:似強い人気、プレッピーの定番、紺ブレ】

プレッピーの定番、紺ブレ


金ボタンのシングル・ブレステッドにパッチポケットをあしらった、いわゆる“紺ブレ”。マリンやスポーツトラッドをルーツとするだけに、精悍さとほどよいカジュアル感を持ち併せているのが定番人気の理由のひとつ。数多ある紺ブレのセレクトの基準は当然そのクオリティが肝。イタリア南部のファクトリーブランドとして50年以上、地元紳士のオーダーに確かな手仕事で応えてきた〈ラトーレ〉ならではの、作りの美しさはぜひ実感してみてほしい。

ブレザー¥112,200(ラトーレ/コロネット☏03-5216-6521)


【KEY ITEM4:着ている実感がないほど軽いのに、シックなグレンチェック】

グレンチェックジャケット


ポリエステル98%、ポリウレタン2%の進化系素材で作られたジャケットは、日差しを通すと透けるほどに薄くて軽く、それでいて高見えする優秀な一枚。渋めのグレンチェックは、モノトーンのコーディネートでシックに決めてもいいし、黒ベースのストライプやポルカドットなどのタイで遊びを加えても大人の着こなしに。敬遠しがちな真夏のジャケットスタイルにも重宝しそう。

ジャケット¥37,400(ソブリン/ユナイテッドアローズ 大丸神戸 メンズストア☏078-325-3930)


【KEY ITEM5:着るだけでトラッドをモダンにアレンジできるチェック柄ジャケット】

チェック柄ジャケット


チェック柄というとブリティッシュトラッドのイメージが強いけれど、このジャケットはひと味違う。なんとストレッチコットンのジャージー素材にプリントを施しているのだ。だからスポーティにアレンジしやすく、もちろんトラッドにも着こなせる。チェックの柄から引用した色合わせなら間違いなくまとまるので、コーディネートの幅が広いのも魅力。さらには、着ていて楽なうえにしわにもなりにくいので、無造作に車にポンと置いておけるのもいい。

ジャケット¥74,800(チルコロ 1901/トヨダトレーディング プレスルーム☏03-5350-5567)



坂井辰翁
TATSUO SAKAI
スタイリスト。1976年生まれ、岐阜県出身。2004年からフリーランスのスタイリストとして、さまざまなメンズファッション誌、広告などで活躍中。スーツを始めとするドレススタイルを得意とするいっぽうで、カジュアルやモードにも精通するオールラウンダーでもある。

スタイリング/坂井辰翁 撮影/木村慎(HERITIER) 企画編集・文/横山直美(cat) 

※記載の価格はすべて税込表示です。

>>大丸・松坂屋の5つの特別サービスとは?