【New York】人気ドラマ「ザ・クラウン」にも協力! 〈ローイング・ブレザーズ〉の新たなプレッピースタイル


「プレッピー」はもともとはアメリカで一流大学に進学することを目指す名門私立高校(通称プレップスクール)に通う学生たちのファッションに由来する。彼らが憧れるアイビーリーグの大学生たちの装い(アイビースタイル)に遊び心を加え、より若々しくしたもので、主にワスプ(WASP: White Anglo-Saxon Protestant)と呼ばれる白人上流社会の子弟たちが好んだものだが、今では時代に呼応しながら進化を続けている。

プレッピー御用達といえば、〈ブルックスブラザーズ〉や〈Jプレス〉、そして〈ラルフ・ローレン〉などがよく知られてきたが、新進ブランドの中で今、もっとも注目されるのは2017年にスタートした〈ローイング・ブレザーズ(Rowing Blazers)〉といっていいだろう。

プレッピーを地で行く文武両道の創始者

まずブランド創始者のジャック・カールソン自身、プレッピー的な生い立ちやライフスタイルを地で行く男だ。生まれはニューヨークだが幼少時はイギリスで育ち、アメリカに帰国した後は名門ジョージタウン大学を卒業、その後オックスフォード大へ進学して考古学の分野で博士号を取得した。在学中はボート競技部に所属、アメリカ代表選手として2015年には世界大会で銅メダルも獲得しているアスリートでもある。

ジャック・カールソン
© Yumi Matsuo
幼少期は父親の仕事の関係で世界中を旅した、というジャック・カールソン。子供のころの夢は「インディアナジョーンズの映画を見すぎて(笑)、考古学者になること」だった。実際、考古学の分野で博士号を取得し、イタリアでは2年間実習もした。ローイング(=競技ボート)を始めたのは11歳のころ。