パニーニ


本当のラグジュアリーな食事とは何だろう。
四季折々に旬の食材がとれる日本において、その時に一番美味しいものを食す。それを、自分の手で料理して、大切な人に食べてもらう。食材にこだわり、道具にこだわり、みんなを楽しい気持ちにさせる飯。毎日じゃなく週末だからできる、ちょっとわがままかもしれない“ラグメシ”。

Vol.12は、行楽シーズンにぴったりのイタリアの国民食「パニーニ」。本場でポピュラーな具材3種類のレシピに加え、持ち運びに便利&見栄えがアップするラッピング方法も伝授します。こだわりのTOOL情報や、タロアウトによるDL可能なレシピPDFもあります。

パニーニ3種:
1.トマトとモッツァレラ
2.生ハムとルッコラ
3.ツナとブラックオリーブ

毎日食べても飽きない。パニーニはアレンジ無限!

YOSHIKIとTAROUT


TAROUT(以下T) めっきり春らしい気候になってきましたね。
YOSHIKI(以下Y) ピクニックが気持ち良い季節ですね。ということで、今回は春の行楽にもぴったりなパニーニを作ります。
T パニーニ! 大好きです!
Y タロアウトさんは、初めて作った料理がパニーニだとか。
T はい。5年前だったかな? 初めて行った料理教室で作ってみて、手軽だし、美味しいし、これは良い!とハマりまして。当時、フライパンも持っていなかったのに、パニーニ用にグリルパンを購入しました。
Y ははは。なかなか珍しいですね。
T せっかく買ったので、パニーニを100個は作ろう!と目標を立てたんです。続けているうちに、料理が好きになりました。
Y タロアウトさんの料理の原点なんですね。サンドイッチではなくパニーニ、というのが洒落ていますね!

パニーニの材料