リッチなオジサンの合言葉は
“一日一贅”

GOLF

松坂屋名古屋店でイベントも開催! 全世界のゴルファーを魅了するJP GOLFのJPプレミアウェッジ

もはや芸術品!? ジェームス・パトリックが削り出すウェッジは、美しさも性能も世界最高!

2022.11.22

Facebook
Instagram
もはや芸術品!?  ジェームス・パトリックが削り出すウェッジは、美しさも性能も世界最高!

ウェッジ界のスコッティ・キャメロンと評され、その名と才能を世界に轟かせているジェームス・パトリック。彼が“世界最高”を追求し続けたウェッジは、見た目の美しさも性能、打感も最高峰!と多くのゴルファーから賛美されています。

ショートゲームの不安を取り除くスピン性能と操作性

スコアを縮めたいならショートゲーム、すなわちウェッジの精度を上げることは必須条件! アプローチの練習は常に怠っていないことかと思われますが、ギアにも頼りたくなるというのが性かと。

そんなアプローチに対して日々貪欲な方に、ぜひとも使っていただきたいウェッジがあるんです。それがJP GOLFの「JPプレミアウェッジ」です。 まず気になるのは美しいフォルムでしょう。なにしろこのJP GOLFというブランドの張本人であるジェームス・パトリックが、「世界最高のウェッジ」を追求するために己の人生を賭けて削り出しているんですから!
そもそもジェームス・パトリックはウィスコンシン州エルズワースの高校で競技ゴルファーとしての人生をスタート。その後、アリゾナ州立大学、地元企業のHot Stix Golf、アリゾナ州のCool Clubsを経てクラブビルダー(ウェッジ&パターのカスタム)として才能を開花させます。 そしてPGAツアープロと手を組み、そのプロが使う大手メーカーのアイアンを削ったところ、なんとそのプロがツアーで優勝! そのおかげで大手メーカー(タイトリスト)のCEOを始め、ゴルフ業界中から注目を浴びるようになっていきました。その後オリジナルのウェッジ製作に取り組んだところ、その美しさと強い個性、さらに卓越した性能が世界中のゴルファーを魅了! 「世界最高を追求し続けた男」のウェッジは、名実ともに世界最高の逸品と認められたというわけです。

BLUE SCARAPED/TURQUOISE BLUE LOGO MID BOUNCE(ブルー波TB) ※波目模様には個体差があります。¥11,110(税込)

ジェームス・パトリックは自分の工房を訪ねてきたタイトリストのCEOの前でウェッジを削り出し、驚くべきは彼が手の感覚だけで削り出した2本のウェッジは、どちらもまったく同じ重量だったのだとか。こんな逸話を持つ彼が削り、磨き上げたウェッジは妖しいくらいに光り、艶かしい色彩と模様でゴルファーの煩悩を刺激するのです。

そして、彼のウェッジの凄いところは、見た目の美しさだけじゃありません。彼独自のキャンバーソールが最適なバウンス角を生み出し、コントロールショットが求められる場面や、ディボットあるいは薄い芝といった速く振り抜かなければいけないシビアな状況で威力を発揮するのです。 さらに、軽量のチタン製バックプレートと重量のあるタングステンウェイトを組み合わせ、重心の中心を厳密に調整しているうえ、小さなタングステンの金属球で細かな重量調整を行なっていることも見逃せません。だからこそ、ショットのスタイル(ゴルファーのプレースタイル)やライを選ばす、どんなシーンでも安定したショットが打てるのです。

強い個性を美しく主張するウェッジ。ツアープロも納得する安定性を持ったウェッジ。誰もが驚くコントロール&スピン性能を併せ持ったウェッジ。ジェームス・パトリックが誇るウェッジが、2023年の日本のコースを席巻するのは間違いありません。

会期:11月30日(水)~12月6日(火)
場所:松坂屋名古屋店北館4階ゴルフギア売場
試打会イベント:12月3日(土)、4日(日)各日10時~18時

ハスラック
https://jpgolf.co.jp
*外部サイトに移動します

12月には松阪屋名古屋店南館1階オルガン広場で人気プロによるイベントを開催します!

*写真は昨年のイベントの模様です

12月10日(土)
「アンパスィ松田鈴英プロ・鶴岡果恋プロ」
「ヒールクリーク杉山知靖プロ」
「マンシングウェア新垣比菜プロ」
「23区ゴルフ辻梨恵プロ」

12月12日(月)
「ZOY近藤智弘プロ」

文 J PRIME編集部

Facebook
Instagram
TOPTOP