ディズニー,貸切,いくら
(画像=SavvapanfPhoto©/stock.adobe.com)

東京ディズニーリゾートは1983年の開業以来、老若男女を問わず、多くの人々を惹きつけてきました。そんな夢と魔法の国が、自分だけの空間になると想像するだけでワクワクしますね。現実離れしているようにも思えますが、はたして貸し切りディズニーは可能なのでしょうか。

この記事では、オリエンタルランドの広報に問い合わせてみてわかってきた事実をご紹介します。

「プライベート・イブニング・パーティー」というスポンサー向け貸し切りプランが存在

東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランド(OLC)の広報に話を聞いたところ、貸し切りプランは確かに存在しています。名称は「プライベート・イブニング・パーティー」。ただし貸し切ることができるのはスポンサー企業のみで、基本的に個人での貸し切りはできず、過去の実績もないそうです。

結論、貸し切りディズニーを楽しむには、スポンサー企業が実施する販促キャンペーンなどに当選し、「プライベート・イブニング・パーティー」に招待してもらう以外に方法はありません。

なお、「プライベート・イブニング・パーティー」はスポンサー企業が19時30分から「3時間限定」でパークを貸し切るプランですが、残念ながら2021年1月執筆現在はコロナ禍の影響で19時閉園となっているため、実質的に利用できない状況です。もちろん、コロナ禍が終息すれば、復活する可能性は十分考えられるでしょう。

実際、すでに2021年12月の貸し切りプランを立てているのが、クレジットカード大手のJCBです。60周年を記念して「JCB マジカル 2021 クリスマス時期の東京ディズニーランド 夢の完全貸し切りキャンペーン」を展開しています。東京ディズニーランドホテルの宿泊とパークへの入園券のペアチケットをはじめ、合計4万60人に貸し切り招待券などが当たります。貸し切り予定日は今年の12月3日、19時30分から22時30分を予定しています。

【参考】JCB マジカル 2021 クリスマス時期の東京ディズニーランド 夢の完全貸切キャンペーン

JCB以外では、過去にはキリン、キッコーマン、ENEOS、三井不動産レジデンシャル、講談社などが「プライベート・イブニング・パーティー」を開催した実績があります。

海外では事情が異なる可能性も?

一方、海外では少し事情が違うかもしれません。2008年11月、女優・歌手のマイリー・サイラスさんが16歳の誕生日目前に、カリフォルニアのディズニーランドを貸し切って大規模な誕生日会を開催したことが知られています。

ただし、マイリー・サイラスと言えば、長年にわたって米・ディズニーチャンネルの人気ドラマ「ハンナ・モンタナ」の主演を務めていた大スターです。ディズニーとの関係性を考えても、かなり特殊な事例だったと言えるでしょう。

貸し切りにかかる費用は数千万円!

貸し切るための費用について、概算を出すことは可能です。オリエンタルランド公式サイトによると、貸し切る際の対象人数は4,000人から1万4,000人まで。費用はプライベート・イブニングパーティ・パーティ・パスポート料金である6,700円×人数+オプション料金となっています。最少人数である4,000人でオプションを一切つけなかった場合、合計金額は2,680万円となります(詳細な条件は変更される可能性があります)。

オプションは、たとえばキャラクターグリーティングやショーなどエンターテインメント出演者が伴うプログラムの実施、主催者のあいさつを含む式典などのオリジナルエンターテインメントショー、チラシやオリジナルグッズの製作などが含まれるようです。

どうすれば貸し切りイベントに参加できる?

スポンサー企業が主催する貸し切りイベントに参加するには、基本的に各企業のキャンペーンに当選し、招待してもらう必要があります。前述のJCBであれば、JCBカードの利用額が5万円(税込)を1口とし、抽選を実施します。応募期間は2021年6月15日まで。キリンの以前のキャンペーンであれば、対象となる飲料商品を購入し、バーコード1枚を1ポイントとして必要ポイントを集めることで応募できるといった仕組みで運営していました。

実際に貸し切りイベントに参加した人の声を拾ってみると、「空いてはいるものの、ガラガラのディズニーリゾートを楽しめる」とまではいかないようです。「人気アトラクションの待ち時間が40分だった」などの声もあります。「プライベート・イブニング・パーティー」自体が3時間と限られているため、せっかくなら工夫して少しでも効率的に満喫したいですね。

とはいえ、貸し切りディズニーには限られた人しか体験できない特別感があるはずです。今はスポンサー企業のキャンペーンで当選するという方法しかないものの、当選すれば夢の国で特別な思い出ができることは間違いありません。

文・J PRIME編集部

>>会員登録して限定記事を読む

【関連記事】