フリット


本当のラグジュアリーな食事とは何だろう。
四季折々に旬の食材がとれる日本において、その時に一番美味しいものを食す。それを、自分の手で料理して、大切な人に食べてもらう。食材にこだわり、道具にこだわり、みんなを楽しい気持ちにさせる飯。毎日じゃなく週末だからできる、ちょっとわがままかもしれない“ラグメシ”。

Vol.11のメインは、イタリアでポピュラーな揚げもの“フリット”。自宅でもサクッ&ふわっと揚げられるコツが満載です。もう一品は、フリットと相性の良いシンプルな野菜スープ。応用のきくふたつのレシピを、旬の春野菜を使ってお届けします。また、こだわりのTOOL情報や、タロアウトによるDL可能なレシピPDFもあります。

1.ふんわりサクサク衣のフリット
2.野菜のうまみたっぷり豆のスープ

絶対に失敗しない揚げもののコツ、教えます!

YOSHIKI & TAROUT】


TAROUT(以下T)「一気に暖かくなって、春野菜の美味しい季節がやってきましたね」
YOSHIKI(以下Y)「はい。だから今回は“イタリア版天ぷら”ことフリットとスープで、春野菜を満喫しましょう!」

季節の野菜


T「揚げもの……」
Y「最近、個人的に揚げものの美味しさを再認識しまして。もしかして、苦手ですか?」
T「食べるのは大好きですよ。ただ、自分で美味しく揚げられる気がしないです。油の温度とか、衣とか、難しそうで」
Y「確かにそういう人は多いと思います。でも、目からウロコのコツをつかんだんですよ! 油の温度の見極め方から、油切りまで、失敗しないためのテクニックをしっかり伝授するので安心してください」
T「そこまでおっしゃるのなら……頑張ります!」
Y「フリットはイタリアの揚げもの。ふっくらとした衣が特徴で、衣さえちゃんと作ってしまえば天ぷらよりも揚げるのは簡単です」
T「同じ揚げものなのに?」
Y「はい。衣作りの一番のポイントとなるのは、卵白を泡立てたメレンゲと炭酸水。これらを加えることで、ふんわりサクサクの衣になります」