ニューヨークの街並み


長引くパンデミックにより、自然豊かなアップステートニューヨーク(ニューヨーク州の北部)が今、再注目されている。中でもマンハッタンから約200km北に位置するハドソンは、アムトラックと呼ばれる鉄道でも都心と繋がっており、週末を過ごす別荘地として高感度なニューヨーカーを中心に人気を得てきた。昨年春以降は“ウィズコロナ”のニューノーマルとしてステイホームやリモートによるワークスタイルが定着し、本拠地をハドソンに移す人も増えている。

ブルックリンからのヒップな移住組がハドソンの新しい顔に

ハドソンの歴史を振り返ると18世紀には捕鯨のための港として、その後はアメリカの製造業を支える工業地帯のハブとして栄えてきた。昔から船乗りや労働者たちが集う酒場やレストランなどが多く、その名残が今もこの街の魅力となっている。

古き良き街並みはまるで建築史辞典のようだと言われることも多い。ヴィクトリア様式の邸宅からオランダ風のファームハウス、20世紀初頭のアート&クラフト運動に影響を受けたビルディングなど、18世紀以降の代表的な建築様式が一堂に会す。そして90年代以降は多くのアンティークディーラーがショップをこの地域に構え始めた。

FINCH HUDSON
ヴィンテージ愛好家たちの間でも評判が高い店〈FINCH HUDSON〉。ローカルの陶芸家によるセラミック作品なども扱う。555 Warren Street, Hudson New York  ☎︎ 518-828-3430 https://www.finchhudson.com