毎月1本、季節の旬の食材によく合う日本ワインをご紹介。セレクトするのは、日本ワインに特化した定期イベント「LIFE with WINE」を主宰する栁 佐織さん。「今月ご紹介する都農(つの)ワインのビジュノワールは、比較的新しい国内交配品種の赤ワイン。香り高くしっかりとした味わいは、強めのチーズをつまみに、冬の夜を優雅に楽しみしたい大人のワインです」

ビジュノワールとウォッシュチーズ
甲州三尺×メルロにマルベックを交配させて生まれたビジュノワール。 フランス語で“黒い宝石”を意味するこのブドウは、黒に近い濃い色合いが特徴的。「プラムやベリージャムのような甘みにミントのような爽快感、タンニンもしっかりと感じられます。赤身の肉にも合いますが、少しクセのあるウォッシュチーズのエポワスや、濃厚な味わいの熟成したミモレットなどと一緒に、食後にゆっくり飲みたいワインです」


“黒い宝石”に秘められた複雑で奥深い香りと味わい

フランス語でビジュノワール(bijou noir=黒い宝石)と名づけられたブドウ品種は、甲州三尺×メルロにマルベックをかけ合わせて作られ、2006年に農林水産省に登録された新品種です。このビジュノワールによる上質なワインを造っているのは、宮崎県の中央部、尾鈴連山と日向灘が出合う場所にある「都農ワイン」。地元の農家と町による第三セクターとして1996年に誕生しました。宮崎県と言えば、世界のブドウ産地の5~8倍もの年間雨量で、収穫期は台風の時期と重なることから、ブドウ栽培には向かないとされてきた土地。「都農ワイン」はその厳しい自然条件を克服し、宮崎ならではの陽の光をたっぷりと浴びて育つことをメリットとしたブドウ栽培に成功。地元産100%のブドウにこだわったワイン造りで、海外からも高い評価を得るまでになりました。

今では実にたくさんのブドウ品種を栽培し、多種類のワインを造り出している「都農ワイン」。中でも最近注目されているのが、ビジュノワールです。他の品種と比べて塾期が早く、台風シーズン前に収穫できるこのブドウ品種は、都農の土地にぴったりとマッチしました。

その名にふさわしく、黒味を帯びた濃いルビー色のワインは、プラムやカシス、ベリー系のジャムのような甘い香りに加えて、フレンチオーク樽を感じるバニラに、ミントのような清涼感も。さまざまな表情をもつ複雑な香りとともに口の中に広がるのは、果実味豊かでタンニンも豊富、しっかりとした骨格をもつ味わい。肉料理との相性は言うまでもありませんが、少しクセのあるチーズにも負けない強さがあります。食事を終えた冬の夜、チーズやドライフルーツをつまみながら、ビジュノワールの複雑で奥深い味わいをじっくり堪能してみてはいかがでしょう。


Wine of the month

ビジュノワール
都農の牧内台地で2019年に収穫されたビジュノワールから造られたキュヴェ。良質な果実のみを厳選して使用し、醸造過程を経て約8か月間フレンチオークで樽熟成。幾重にも扉があるような奥深い味わいを、ぜひ体感してみてほしい。ビジュノワール プライベートリザーブ 2019¥3,300(税込)~/都農ワイン☏0983-25-5501
https://tsunowine.shop/?pid=137924144


The perfect glass for this wine

ファット・ア・マーノ
今回栁さんが選んだのは、リーデルの〈ファット・ア・マーノ パフォーマンス〉シリーズからフルボディの赤ワイン用グラス。「ファット・ア・マーノ」はイタリア語で“手作り”を意味し、ステム部分がヴェネチアンガラスの技法による手作りになっている。ボウル部分は光学効果を取り入れたパフォーマンスシリーズを踏襲。「ブラックのステムが印象的なグラスは、外観からしてビジュノワールにぴったり。たっぷりとしたフォルムに複雑で豊かな香りを受け止め、強めのボディも優雅に味わえます」。〈ファット・ア・マーの パフォーマンス〉カベルネ/メルロ(ブラック)¥16,500(税込)/リーデル青山本店☏03-3404-4456
https://shop.riedel.co.jp/products/detail.php?product_id=789


WINE MAKER

赤尾誠二
TSUNO WINE/都農ワイン
赤尾誠二さん
都農町の第3セクター事業として1996年に設立された「都農ワイン」。現在工場長として醸造を担う赤尾誠二さんは、ワイナリー設立に向けての人材として都農町役場に入庁。当時はワインが飲めない18歳だったそう。ブドウ栽培には向かないとされたこの地を改革し、都農のブドウのみでのワイン醸造を成功させ、今や国内のみならず海外でも高い評価を得ている。「都農のテロワールに合ったブドウ品種を探す中で、耐病性があり色調豊かな品種を求めていました。このビジュノワールは、甲州種のお陰で耐病性が高く、マルベック種のお陰で色調が豊か。更にメルロ種の力でタンニンが心地よいです。また、収穫時期もシャルドネのすぐ後にできる早熟品種。高温多湿環境で安定した収穫量と品質が保てることが最大の利点になります。酒質も高く、都農のテロワールも感じることができ、栽培適性もある素晴らしい品種です。今後、樹齢を重ねていくビジュノワールにも期待しています」

都農ワイン
宮崎県児湯郡都農町大字川北14609-20
☏0983-25-5501
https://tsunowine.com/

SELECTOR

栁佐織・SAORI YANAGI
日本ワインの魅力を伝えるべく、「日本ワインを、日常に。」をスローガンに、造り手と飲み手をつなげる「LIFE with WINE」を2012にスタート。日本全国の造り手を招いて行われるイベントは14回にも及ぶ。ワインエキスパート資格所持。日本各地のワイナリーを訪ねて収穫を手伝うなど、生産者たちとのつながりも深い。
https://www.facebook.com/LIFEwithWINE/

撮影/相沢千冬  構成/横山直美(cat)

>>大丸・松坂屋の5つの特別サービスとは?