バレンタインにふるまうダンディレシピ「牛肉のタリアータ&カラメルナッツ」


本当のラグジュアリーな食事とは何だろう。
四季折々に旬の食材がとれる日本において、その時に一番美味しいものを食す。それを、自分の手で料理して、大切な人に食べてもらう。食材にこだわり、道具にこだわり、みんなを楽しい気持ちにさせる飯。毎日じゃなく週末だからできる、ちょっとわがままかもしれない“ラグメシ”。
Vol.10は、バレンタインを意識したおもてなしメニュー。メインは、イタリアを代表する肉料理「牛肉のタリアータ」。外はカリッ&中はジューシーに焼き上げる方法や、本格的な赤ワインソースをスピーディに仕上げる秘訣など、どれも試してみたくなること必至です。スイーツからギフト、酒のつまみにと幅広く楽しめる「カラメルナッツ」は、豊富なアレンジ方法も伝授。こだわりのTOOL情報や、タロアウトによるDL可能なレシピPDFもあります。

1.牛肉のタリアータ キンカン&チョコレート風味 赤ワインソース
2. スパイシーメープルカラメルナッツ

バレンタインに男性が料理を振る舞うって、今っぽくて素敵ですよね!

YOSHIKI & TAROUT


TAROUT(以下T)「年明けのハッピームードから一変、不安な状態が続いていますね」
YOSHIKI(以下Y)「この1年、人の温かみや絆の大切さを改めて実感した人が多いのはないでしょうか。普段は照れくさくて素直に感謝できない人も、手料理は想いを伝えるのにぴったり! ということで今回は、来るバレンタインを意識したおもてなしメニューを用意しました」
T「バレンタインに男性が料理を振る舞うって、今っぽくて素敵ですね! 楽しみです」
Y「メインは牛肉のタリアータ。タリアータとはイタリア語で“スライスした”という意味で、レアに焼き上げた肉を切って盛り付け、ルッコラやバルサミコ酢のソースとともに食べるのが定番です」
T「大好きです! ただ、肉って、大きければ大きいほど上手に焼くのが難しい印象。とくにタリアータは、焼き加減が重要ですし」
Y「もちろん焼き方もしっかり伝授します。ただしその前に、重要なポイントが2つ。まず、肉は必ず厚み2cm以上のものを使うこと。薄いとすぐに火が通ってしまい、焼き加減の調整が難しいんですよ」
T「おすすめの部位はありますか?」