うなぎ時任


日本における鰻文化に新たな波をもたらす新進気鋭の鰻専門店「うなぎ時任」。伝統を守りつつ、いままでにない味や感動を追求した、和食とフレンチを融合させた鰻フレンチ割烹が話題を呼んでいる。2年前に東京・麻布十番に満を持して店をオープンさせた店主の時任恵司さんは、鰻料理の世界に足を踏み入れて、はや20年。鰻にかける熱い想いと愛情は並々ならぬものがあります。客の目の前で新鮮な鰻をさばき、串打ちし、炭火でじっくりと丁寧に焼き上げる。磨き抜かれた職人技を生で見られる圧巻のパフォーマンスは、心躍るディナータイムを誘ってくれます。時任さんの柔軟な発想によって生み出される、新しい鰻料理の魅力をお届けします。

寒い季節に食べ頃を迎える鰻を味わい尽くす贅沢なフルコース

日本で鰻が文献に初めて登場したのは、かの万葉集だと語り継がれている。短歌で謳われたのは、夏痩せした人に鰻を食べることを勧める内容だった。そのことからも、古くから鰻は「滋養強壮に効果のある魚」として愛されてきたことがうかがえる。そうした慣習や「土用の丑の日」に鰻を食べることを推奨するイベントが定着し、「鰻といえば夏」という、一般的な共通認識が浸透した。しかしながら、実際のところは「鰻は寒い季節に食べ頃を迎えるんです」と時任さん。その理由はいくつかあるが、第一に自然の摂理が前提といえる。なぜなら、鰻に限らず、魚自体が寒さから自らの身を守るために脂肪を蓄え、脂がのった状態になるからだ。冬の鰻を食べたことがない人は、「うなぎ時任」のコース料理で、ぜひ味の違いを確かめてみてほしい。

時任恵司さん
創業から200年以上続く鰻の老舗「麻布野田岩」で15年間修業した経験を持つ時任恵司さん。各店舗の料理長を務めたのち、パリの支店へ。そのときにヨーロッパのさまざまな食や文化を体得し、鰻料理とフランス料理を融合したスタイルを編み出した。カウンター8席と個室のみ。カウンター越しに、ライブ感のある調理風景と時任さんとの会話を楽しめる。