毎月1本、季節の旬の食材によく合う日本ワインをご紹介。セレクトするのは、日本ワインに特化した定期イベント「LIFE with WINE」を主宰する栁 佐織さん。「今月ご紹介するのは、瓶内二次発酵後に50か月以上熟成させた深い味わいのスパークリング、ココ・ファーム・ワイナリーの北ののぼ。華やかなシーンでの乾杯やプレゼントにもおすすめの1本です」

ワインと春巻き
ピノ・ノワールを主体に、シャルドネとピノ・ムニエから造られたスパークリング。きめ細やかな泡としっかりしたコクのある味わいのワインは、乾杯から食中まで楽しめる。「白子の揚げ春巻きや生ハムのグリッシーニ、ポークリエットなど、揚げ物や肉系の前菜ともよく合います。醸造したブルース・ガットラヴさんによると、最近のマリアージュでは、車海老の塩焼きとの相性も抜群だったそう」


5年以上の歳月をかけ、手作業で丁寧に造られたワイン

「2014 北ののぼ」は、その製造過程がちょっとユニークなワインです。ブドウは2014年に北海道余市の「木村農園」で収穫されたもの。それを北海道岩見沢の醸造場「10R(トアール)」で野生酵母を使って一次発酵。2015年の春に栃木県足利にある「ココ・ファーム・ワイナリー」に移され、瓶内二次発酵を行った後、酵母の澱と共に50か月以上熟成させ、最後に丁寧に澱を取り除く作業を経て出来上がりました。

このワインを手がけたのは、かつて「ココ・ファーム」で醸造を指導していたアメリカ出身のブルース・ガットラヴさん。「ココ・ファーム」は、知的障害のある人たちを支援する福祉施設「こころみ学園」が母体となり、園生の自立を目的として1980年に設立されたワイナリーです。ブルースさんは1989年に来日し、まだ日本のワインの主流が甘口傾向にあった中、辛口ワイン造りへと移行させ、さらにはアメリカでもまだ珍しかった野生酵母による醸造をいち早く取り入れていきました。その結果、「ココ・ファーム」は福祉施設の活動の域を超え、日本を代表するワイナリーへと成長。2000年の九州・沖縄サミットでの晩餐会をはじめ、日本がホストとなる国際的なおもてなしの場で、幾度となく「ココ・ファーム」のワインが登場するまでになりました。ちなみに、2016年G7広島外相会合の夕食会では「2012 北ののぼ」が乾杯にふるまわれました。

ブルースさんは「ココ・ファーム」との関係を保ったまま、現在は北海道空知地方で自身のワイナリー「10R」を営んでいます。ここでは“カスタムクラッシュワイナリー”という画期的な委託醸造のスタイルを導入。ワイナリーをもたない北海道のブドウ栽培農家がブドウを持ち込んで醸造を委託するだけでなく、ここで醸造を学んで独立していくことも。彼に学んだ「ブルース・チルドレン」たちは、今や日本ワインの名手として活躍しています。

そんなたくさんの背景をもつ「北ののぼ」。 “のぼ”は、「陽はのぼる美しき泡立ちのぼる」がその名の由来。“北の”はブルースさんのいる北海道を示しています。ほとんどの工程を手作業で丁寧に造られた、この上質なスパークリングワインは、瓶内熟成独特のパンのような酵母の香りに、爽やかなレモンや青りんごに加え、はちみつなどの芳醇な香りも感じられます。きめ細やかな泡の爽快感も魅力ですが、泡が抜けてスティルワインとして飲んでもコクがあり、リッチな味わい。おすすめの料理は、生ハムとグリッシーニ、白子の揚げ春巻き、ポークリエット、車海老の塩焼きなどの前菜や副菜、クリームチーズとフルーツのはちみつがけや紅茶シフォンケーキなどのデザートまで、一本でずっと長く楽しめる、コスパの高いワインです。

Wine of the month

ワインボトル
北海道のブドウ栽培のスペシャリストとして注目される「木村農園」のブドウ3種を配合。ピノ・ノワール61%、シャルドネ37%、ピノ・ムニエ2%。シャンパーニュと同じクラシックな製法を用いて造られたワインは、その味も負けず劣らず。今もフレッシュで爽やかな味が楽しめるが、2~3年寝かせるとより香ばしさや熟成感を楽しめる。2014 北ののぼ¥5,800(税込)/ココ・ファーム・ワイナリー ☏0284-42-1194
https://cocowineshop.com/SHOP/ADB-3340.html


The perfect glass for this wine

グラスワイン
今回栁さんが選んだのは、リーデルのヴェリタスシリーズのシャンパーニュ・グラス。泡だけでなくその奥深い香りや味わいも楽しむ、という今のシャンパーニュの味わい方を反映させた、卵形。「まさにシャンパーニュのような奥深さのあるワインなので、香りと味わいをしっかりと楽しめるこのグラスが最適です。このワインなら、泡や温度による変化を、時間の経過とともに長く楽しむのにもいいと思います」
栁さんがセレクトしたワイングラス<リーデル・ヴェリタス>シャンパーニュ・ワイン・グラス(2個入り)¥9,900(税込)/リーデル青山本店☏03-3404-4456
https://shop.riedel.co.jp/products/detail.php?product_id=334


WINE MAKER

男性
COCO FARM&WINERY/ココ・ファーム・ワイナリー
10R winery/トアール ワイナリー
ブルース・ガットラヴさん
日本ワインの造り手たちにたくさんの影響を与えてきたブルース・ガットラヴさん。ニューヨークやカリフォルニアでワインコンサルタントを経て、「ココ・ファーム」の醸造指導のために来日。北海道のブドウの魅力に惹かれ、2009年から空知地方に移住し「10R」を営んでいる。名前の由来は日本語の“とある”から。さまざまな人がワインを造る場=カスタムクラッシュワイナリーを意味している。

COCO FARM&WINERY
栃木県足利市田島町611
☏0284-42-1194
https://cocowine.com/

10R ワイナリー
北海道岩見沢市栗沢町上幌1123-10
☏0126-33-2770
http://www.10rwinery.jp/

SELECTOR

栁佐織・SAORI YANAGI
日本ワインの魅力を伝えるべく、「日本ワインを、日常に。」をスローガンに、造り手と飲み手をつなげる「LIFE with WINE」を2012にスタート。日本全国の造り手を招いて行われるイベントは14回にも及ぶ。ワインエキスパート資格所持。日本各地のワイナリーを訪ねて収穫を手伝うなど、生産者たちとのつながりも深い。
https://www.facebook.com/LIFEwithWINE/

撮影/相沢千冬  構成/横山直美(cat)

>>大丸・松坂屋の5つの特別サービスとは?