グラスに注がれたお茶

江戸の中心地として栄えた、東京日本橋。老舗店が軒を連ねる粋な下町、人形町に今年の7月、日本茶専門店「おちゃらか」が移転オープンした。オーナーは、フランス・リヨン生まれのステファン・ダントンさん。日本茶の魅力を多くの人に伝えるために「日本茶のフレーバーティー」を独自に開発し、2005年に吉祥寺に店をオープン。日本人も知らなかった新たな日本茶の魅力を引き出した多種多様なフレーバーティーの美味しさ、おすすめの飲み方について話を伺った。

50種以上あるフレーバーティーから好みの香りを選ぶ楽しみ

幼い頃に日本文化へ憧れを持ったことをきっかけに、1986年に日本へ短期留学。その6年後に再び来日し、さまざまなお茶を取り扱う著名な紅茶店で働き、日本茶の魅力に開眼したというステファン・ダントンさん。勉強を続けるなか「世界中の人に日本茶を気軽に楽しんでほしい」という情熱に突き動かされ、フルーツ、根菜、花びら、ハーブ、スパイスなどを材料に加えたオリジナルの“フレーバー日本茶”を開発した。「青りんご」「ヨモギ」「焼きいも」「マロングラッセ」……。季節を重ねるごとにラインナップがどんどん増えていき、現在、フレーバーティーの数は50種類以上。ステファンさん自ら店に立ち、客と会話を楽しみながら好みのお茶を提案するスタイルの“街場の日本茶専門店”である。ときには、接客中のなにげない会話から着想を得て、新しいフレーバーが生まれるこ ともあるそう。