ガレット


本当のラグジュアリーな食事とは何だろう。

四季折々に旬の食材がとれる日本において、その時に一番美味しいものを食す。それを、自分の手で料理して、大切な人に食べてもらう。食材にこだわり、道具にこだわり、みんなを楽しい気持ちにさせる飯。毎日じゃなく週末だからできる、ちょっとわがままかもしれない“ラグメシ”。

Vol.7は、フランス・ブルターニュ地方の郷土料理、そば粉で作るガレット。ガレットベースさえ作ってしまえば、旬の食材を組み合わせて食事からデザートまで、手軽にフルコースが堪能できます。こだわりのTOOL情報や、タロアウトによるDL可能なレシピPDFもあります。

1. シュガーバターガレット
2. きのこのクリームソースのガレット

きれいに焼けたときの達成感、たまらないですね!

TAROUTとYOSHIKI


TAROUT(以下T)ガレットって、フランスのクレープのような料理ですよね。
YOSHIKI(以下Y)その通り。フランス語で小石を意味する“galeT”が語源で、“円く薄いもの”を指します。発祥の地のブルターニュ地方では小麦が流通する以前、そば粥やそばがきが主食で、そば粥を熱した石の上にこぼしてしまったことから誕生したと言われています。最初は塩味だけで食べていたものに、バターを塗ったり、ハムや卵、チーズをのせたりするようになったとか。
T おもしろいですね。ちなみに、クレープとの違いは何ですか?