中国料理

平安時代に生まれた日本思想のひとつとして「和魂漢才」という言葉がある。「和魂」は、日本民族固有の精神。「漢才」とは、中国伝来の知識や学問。この言葉を胸に日本と中国の歴史や文化、美意識や嗜好を調和させた現代的な中国料理に挑む料理人が、川田智也さんだ。中華料理店「麻布長江」で10年間修業。その後、日本料理店「龍吟」で“和の精神”と調理技術を学び、満を持して独立。2017年に「茶禅華」(さぜんか)をオープンさせた。「和魂漢才」の精神を身体に染み込ませた川田シェフが作る奥行きのあるひと皿。その背景にある想いに迫ります。

幼少時に感動した中華料理をきっかけに、憧れを抱いた中国文化

4歳の頃に家族で食事に出かけた中華料理店の麻婆豆腐や担々麺、棒々鶏などの美味しさに感動し、「中華の料理人になりたい」と夢見た川田シェフ。以来、中国への好奇心が強く湧き上がり、黄河文明で発祥した漢字の面白さをはじめ、中国から伝来してきたさまざまな文化に魅了され続けてきたという。その生まれ持った感性を頼りに、川田さんが長い時間をかけて吸収してきた哲学や文化的背景が多分に感じられる場所がここ「茶禅華」。東京・南麻布の閑静な住宅街の一角にひっそりと佇む、一軒家の中華料理店である。