ブラウンの革製品

4月の新年度から半年が過ぎる10月は人事異動の季節です。昇進、あるいは新たな役職に就任するという方も出てくるタイミングとなります。お世話になったあの人へ、何を贈ろうか、と悩む方もいることでしょう。そんなときに強い味方になってくれるのが、百貨店のコンシェルジュサービスです。

大丸松坂屋百貨店では、お得意様ゴールドカードの会員が利用できるウェブサービス「connaissligne(コネスリーニュ)」から、電話、メール、チャットなどの方法で、贈答品に関するさまざまな相談ができます。ここでは、実際の問い合わせに対応している、大丸松坂屋百貨店のロイヤルアテンダント、佐々木恵さんに、昇進祝い、就任祝いにふさわしい贈り物について、エピソードを交えながら話を聞きます。

昇進祝いを贈ることで伝わること

昇進、就任祝いを贈るタイミングについて、考えてみましょう。付き合いのある企業の知人が役員に昇進、就任した時。以前お祝いをいただいていた方の昇進、就任の際にお返しをするときなど、実際にはさまざまな場面があると佐々木さんは話します。

一般的な昇進、就任祝いの相場は1万円から3万円。社長など特別な役職の場合でも3万円から5万円とされています。決して無理な金額ではなく、気持ちを伝えようと贈り物を選びに百貨店に相談に訪れる顧客が多いことがわかります。

昇進、就任祝いで定番といわれる品物は、たとえば、時計や名刺入れなどの身につけられるもの。ネクタイは、首を絞めるという意味でNGなどとも言われている一方で、実際には最も選ばれている商品なのだそうです。「最近のお客様はあまりそういったことを気にしなくなっている」と佐々木さんは話します。

贈り物を探しに百貨店を訪れる顧客を見ると、男性から男性に贈るケースが実は一番多いとのこと。「女性に贈るという場面が意外に少ないことに気づきます。女性は贈答よりも、3、4人で食事に行ってしまうのではないかと想像しています」と笑顔を見せます。

洞爺湖サミットの要人への贈り物になったソメスサドルの魅力

革のショルダーバッグを身につけた女性
ショルダーは、ソメスサドルの人気アイテムのひとつ


では、経験豊富なロイヤルアテンダントとして、佐々木さんは昇進祝いを探す顧客にどのようなものを勧めているのでしょうか。参考になるエピソードを聞きます。

60歳くらいの男性会社役員の顧客が、40、50代と思われる知人男性の昇進祝いを探しており、佐々木さんはその商品選びを手伝ったそうです。大丸東京店7階の紳士服売り場で待ち合わせたその男性顧客は、仕事から離れても手ぶらにならず、革製のカジュアルバッグを上手に使いこなす「おしゃれ上級者」という印象。余談ですが、「オンとオフでバッグを使い分けているかどうかが、おしゃれな男性かどうかの見分け方の1つ」だそうなので、気をつけたいところですね。

男性顧客の希望は革製品の贈り物。バッグであれば、ここ数年で定番化しつつあり、若い層に人気があるクラッチ、カジュアル過ぎずまた両手が空くショルダー、トートバッグも人気があります。また、ベルトという選択肢もあります。

ブラウンの革製品たち
ソメスサドルのバッグは、トート、ショルダーなどバリュエーションも豊か


ここで、佐々木さんが男性顧客に勧めた革ブランドは、馬具の製作にルーツを持つバッグメーカーのソメスサドルです。男性顧客が持っていた斜めがけバッグも、実はソメスサドルのものです。

明治以来、北海道の開拓を支えてきた馬具づくりの技術を受け継ぎ、世界市場に通用する馬具を作り出そうと職人が集まって、1964年に北海道歌志内市に誕生したメーカーです。SOMMET(頂点)とSADDLE(鞍)が社名の由来です。

武豊さん、ミルコ・デ・ムーロさんなど、ソメスサドルの馬具を愛用する騎手は多く、JRAでは80%近くのシェアを持ちます。また、昭和から平成、平成から令和になる儀式で天皇陛下がお乗りになった馬車や、来日する各国大使の馬車の馬装具として、また洞爺湖サミットで各国首脳やファーストレディに贈られたダレスバックやボストンバッグに、さらにG8(主要国首脳会議)で円卓に置かれた革製のデスクマットやトレイなどは、いずれもソメスサドル製です。

素材として、ヨーロッパ各国で上質な革を探し、取り寄せています。作り込みの複雑な工程はすべて手作業。皮一枚一枚の個性を見極めて革製品を作り上げます。他の鞄メーカーにはない、馬具用のミシンを使うところが大きな特徴です。馬具用のミシンにより、皮と皮の圧着が深くなったり、中に皮の芯を入れて芯ごと針を通したりなど、かなり特殊で個性的な製作を可能にしているのです。

馬具を縫っている
サドルステッチ(二本針)の手縫いによる堅牢な作り


このソメルサドルの商品を佐々木さんが自信をもって勧める中で、男性顧客が最終的に選択したのは、ベルトでした。価格は1万1,000円(税込)。馬には古来、前進するという意味合いが込められるなど、「神様の乗り物」として知られ、縁起がよいと言われています。手ごろな価格で、ソメスサドルのベルトを贈れるというのであれば、贈った男性顧客と贈られた方の双方に笑顔がこぼれたであろうことが想像できます。

ブラックの革ベルト
男性顧客が選択したのはソメルサドルのベルト。価格は1万1,000円(税込)
※画像はイメージです


圧倒的な品質で不動の人気

次は、ファッション系の国産バッグという意味では王道の1つと言える選択肢を紹介しましょう。大人の船旅をコンセプトにつくられた「PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)」です。PELLE MORBIDAは、ファッション系雑誌『LEON』などを手がけた編集者、干場義雅氏がディレクターとして参加し、2012年に立ち上げられたブランドです。

大丸東京店の7階の売り場で聞いたところ、最新の製品では革だけでなく、撥水、防水性に優れたナイロン製のバッグも人気とのこと。船員同士が笛で合図を送ることをイメージして、バッグにトレードマークとして笛がついているのもおしゃれです。

ビジネスを想定した購入者が多い一方で、カジュアルでもPELLE MORBIDAを使いたいというニーズが強く、リュックやトートなどのラインアップも充実させています。

トートバッグを持つスーツの男性
大人の船旅をコンセプトにつくられた「PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)」。革製品だけでなく撥水、防水性に優れたナイロン製のトートバッグも人気。Hydrofoil HYD004-トートバッグ 価格49,000円(税別)


PELLE MORBIDAは、イタリア語で柔らかな肌(革)という意味です。ブランドの根幹となる素材となっているシュリンクレザーを開発する際に、豪華客船でめぐり逢った男女が織りなす美しい恋物語を描いた映画『めぐり逢い』(1957年米国)の中で、気品と美貌を誇った主演女優であるデボラ・カーの柔らかく、美しい肌をイメージして名付けたとのこと。

そうしたストーリーとともにプレゼントすることで、大切な人との新たな会話のきっかけにすることもできそうです。

優雅さと気品を持つパーカー「ソネット」

昇進祝いでも、定番中の定番と言えるのが、パーカーのボールペンや万年筆です。飽きのこない上品なデザインとクオリティは「ともに人生を刻んでいくものであり、持ち主自身を象徴する」とも言われています。佐々木さんが特に推奨するのが、パーカーの中でも永遠の定番と呼ばれる「ソネット」です。

価格はボールペンなら1万円から、万年筆は3万円ほどです。万年筆は、手作業で1つずつ検品することによって維持する品質、重量感と書き心地の絶妙なバランス、18金もしくはステンレススチールのペン先によって、ペンを持つ人に合わせた筆記体験が得られるように設計しています。

黒いボディの万年筆
130年の歴史を持つパーカーの中でも永遠の定番と呼ばれる「ソネット」。流れるようなフォルムが世界の人々を魅了してきた


素直にお祝いの気持ちを伝えたい

新型コロナウイルス感染症の影響で出社がままならないという人も多い状況です。また、SNSなどITによるさまざまなコミュニケーション方法も普及していることにより、職場を含めた人間関係が変化してきています。それもあり、昔ほど素直に「昇進祝い」としてプレゼントを贈ったり、贈られたりする機会が減ってきている事情があると佐々木さんは話します。

だからこそ「贈られればとても嬉しく、贈った方も嬉しくなるというのが人情」だと語る佐々木さん。身近にも昇進、就任する方が多く出てくる季節です。いつもとは少し雰囲気の異なる今年のこの季節、贈り物というシンプルな方法で、大切な人に気持ちを伝えてみるのはいかがでしょうか。

ちょっとむずかしいお問い合わせにもしっかり対応、納得のお買い物まで、ともに考え、提案ができる大丸松坂屋百貨店のロイヤルカスタマーサービス。お得意様ゴールドカード会員ならいつでもアクセスできるコネスリーニュから、すぐに問い合わせが可能です。あなたの要望を、一度、ご相談してみてはいかがでしょうか。
>>コネスリーニュはこちらから

文・J PRIME編集部

>>大丸・松坂屋の5つの特別サービスとは?