シャンパンボトルとフレンチ

フランス・シャンパーニュ地方の中心地、ランスにあるミシュラン二つ星を獲得した「レ・クレイエール」の総料理長フィリップ・ミル。38歳の若さでフランスの料理人にとって最高の名誉でもある国家最優秀職人賞を受賞するなど、国内外で注目を集めるフィリップ氏が、自身の名前を冠したレストランを2017年に初めて東京にオープンさせた。料理長を務めるのは、日本のホテルやフランスの二つ星料理店などで研鑽を積み、フランス料理の道を歩み続け23年余りという、経験豊かな中村哲也氏。フィリップ氏と深いパートナーシップを結び、シャンパーニュとフランス料理の至福のマリアージュを追求した、料理にかける想いをお届けします。

ガーデンテラスで涼やかな風を感じながら、シャンパーニュ片手に優雅な食事を

「東京ミッドタウン」のガーデンテラス棟の最上階に位置し、空を近くに感じられる眺望が素晴らしい「フィリップ・ミル東京」。レストランのダイニングでコース料理を堪能する前に、まずは穏やかな日差しが心地よいテラスで、アペリティフを楽しむのも優雅なオフの過ごし方としておすすめだ。

パラソルが並ぶテラス
ガーデンテラスはミッドタウン周辺の緑豊かな景色を眺められる、まさに“都会のオアシス”といった趣。特筆すべきシーズンは春と秋。春にはガーデンテラス下の桜並木が眺められ、秋には紅葉に変わりゆく色彩のグラデーションを感じることができる。