毎月1本、季節の旬の食材によく合う日本ワインをご紹介。セレクトするのは、日本ワインに特化した定期イベント「LIFE with WINE」を主宰する栁 佐織さん。 「今月紹介するのは、勝沼のダイヤモンド酒造による赤ワイン。日本が世界に誇る固有のブドウ品種、マスカット・ベーリーAを使い、上品な香りと味わいに仕上げたワインは、なんと“秋刀魚のワタ”に驚くほどよく合うのです」

ワインとさんま
一般的にワインとの組み合わせが難しいとされる青魚。でもこのダイヤモンド酒造の「ますかっと・べーりーA イグレック・カレ キュヴェK」は、秋刀魚との相性が抜群。「しかも、さらに難易度が高い秋刀魚のワタの部分によく合うのです。まったく臭みを感じさせずに、ワタの苦みとワインのほどよい酸味が素晴らしいマリアージュとなります」


騙されたと思って試してほしい秋刀魚との絶妙なマリアージュ

マスカット・ベーリーAは、O.I.V(国際ブドウ・ワイン機構)に世界基準のワイン用ブドウ品種として登録された、甲州に続く日本を代表するブドウ品種。世界において日本ワインの注目度を高めている重要な品種でもあります。

日本ワインの屈指の産地、甲州市勝沼町にあるワイナリー「ダイヤモンド酒造」は、白ワインなら甲州、赤ワインならマスカット・ベーリーAと、日本固有のブドウ品種に特化したワイン造りを行っています。現在、主にワイン醸造を担っているのは、フランスのブルゴーニュで修行をしてきた三代目の雨宮吉男さん。マスカット・ベーリーAを使ったワインは、畑や醸造の過程の違いにより、5種類も造られ、それぞれに味わいが異なります。

今回紹介する「ますかっと・べーりーA イグレック・カレ キュヴェK」は、勝沼よりも高地の韮崎市穂坂地区で収穫された高品質のマスカット・ベーリーAを、24か月間樽熟成させたワイン。この品種の特徴でもあるイチゴキャンディのような甘い香りを、樽香で巧みに包み込み、成熟したエレガントなワインに仕上げています。それはまるで、ブルゴーニュの最高級品種、ピノ・ノワールを思わせるような味わい。まさしく吉男さんならではの、ブルゴーニュ仕込みの樽使いによって生み出された至極のワインなのです。

秋刀魚が旬を迎える秋は、ブドウの収穫期でもあります。以前、柳さんが収穫のお手伝いにダイヤモンド酒造を訪れた時、吉男さん自らお礼にと、焼き秋刀魚と一緒にこのワインをすすめてくれたといいます。驚くべきは、秋刀魚のワタとの絶妙な相性でした。独特のほろ苦さをワインのほどよい酸味が引き立て、その後味の良さにまた箸が伸びるという無限ループ。秋刀魚に粉山椒をひと振りすると、また格別な味わいになります。日本の四季において旬を味わう素晴らしさをあらためて感じさせてくれる、この時季ならではのスペシャルな組み合わせです。

Wine of the month

ますかっとべーりーA
マスカット・ベーリーA特有のイチゴキャンディのような甘い風味を、樽熟成によって豊潤に仕上げたワイン。近しい味わいとして挙げられるガメイ種のボージョレよりも、さらに高級なピノ・ノワールを思わせる“エレガント”と形容したくなる一本です。ますかっと・べーりーA イグレック・カレ キュヴェK 2017 ¥3,300(税込)/ダイヤモンド酒造
http://www.jade.dti.ne.jp/~chanter/


The perfect glass for this wine

グラスに注がれた赤ワイン
今回栁さんが選んだのは、光学効果を取り入れたパフォーマンスシリーズのピノ・ノワール用グラス。品種に合わせたフォルムによって、ワインの芳醇な香りと繊細なニュアンスを余すことなく再現する構造になっている。大きく丸いフォルムによってマスカット・ベーリーAのエレガントな香りを際立たせます。少し反った口径部のせいか、ほどよく酸味が引き立ちながら、口の中に流れ込みます」。栁さんがセレクトしたワイングラス<パフォーマンス>ピノ・ノワール(2個入り)¥8,800(税込)/リーデル青山本店☏03-3404-4456
https://shop.riedel.co.jp/products/detail.php?product_id=617


SELECTOR

栁佐織・SAORI YANAGI
日本ワインの魅力を伝えるべく、「日本ワインを、日常に。」をスローガンに、造り手と飲み手をつなげる「LIFE with WINE」を2012にスタート。日本全国の造り手を招いて行われるイベントは14回にも及ぶ。ワインエキスパート資格所持。日本各地のワイナリーを訪ねて収穫を手伝うなど、生産者たちとのつながりも深い。
https://www.facebook.com/LIFEwithWINE/

WINE MAKER

髭をたくわえた男性
DIAMOND WINERY
ダイヤモンド酒造/雨宮吉男さん
1963年に設立されたダイヤモンド酒造を担うのは、3代目の吉男さん。2000年からボルドーで1年、ブルゴーニュで2年、ワイン造りを学ぶために留学。ブルゴーニュでは、オリヴィエ・ルフレーブやシモン・ビーズといった盟主と呼ばれる生産者のもとでも修行。帰国後は、日本固有のブドウ品種にこだわり、日本ワイン基準を高めている醸造家のひとり。 「マスカット・ベーリーAは、青森南部から宮崎県までと、日本で最も広範囲に栽培されている品種の一つです。アメリカ系のベーリー種が交配されているおかげで、高温多湿というブドウ栽培に難しい環境でもコンスタントに結果を出せるブドウです。日本各地で醸造されるワインを飲み比べて、地域性や風土を感じるのも楽しいのではないでしょうか」   

ダイヤモンド酒造
山梨県甲州市勝沼町下岩崎880
☏0553-44-0129
http://www.jade.dti.ne.jp/~chanter/

撮影/相沢千冬  構成/横山直美(cat)

>>大丸・松坂屋の5つの特別サービスとは?