江戸切子

大切な人に、日ごろの感謝の気持ちを伝えたい。そんなときには贈り物をしたいものです。お中元やお歳暮といった季節のお見舞いから、就職祝い、昇進祝いといった人生の節目を祝う贈答品もあることでしょう。しかし、意外に考えてしまうのが「何をお贈りするべきか」です。相手に喜ばれ、失礼がなく、できれば気の利いた贈り物はないものか。そこで強い味方になってくれるのが百貨店のコンシェルジュサービスです。

大丸松坂屋百貨店では、お得意様ゴールドカードの会員が利用できるウェブサービス「コネスリーニュ」から、電話、メール、チャットなどの方法で、贈答品に関するさまざまな相談ができます。今回、実際に顧客の相談に対応している大丸松坂屋百貨店のロイヤルアテンダント、佐々木恵さんに話を聞きました。

Q:大切なビジネスの友人に新築祝いを贈りたい。どんなものを贈ればよいでしょうか

A:ビールをご夫婦でたしなむお二方へ、普段使いできる江戸切子のビールグラスはいかがでしょうか

佐々木さんが先日出会ったお客様は、会社オーナーである70代の男性です。大切な友人への新築祝いを探しに、東京・丸の内の大丸東京店に来店しました。男性はもともと店舗でよく買い物をしており、大丸松坂屋百貨店のお得意様ゴールドカードの会員でもあります。コネスリーニュから、友人の新築祝いを探したいという相談の電話をされ、詳細を詰めるべく来店されたのでした。


まずはお中元選びの会話から、お客様の人柄と目的をヒアリング

せっかく来たので、ついでに仕事のお付き合いへお中元を贈りたい、とお客様。まずはお中元の注文を始めます。あらかじめ送付先のリストも用意されており、仕事もきっちり、まじめで誠実な人柄を想像させます。大丸松坂屋が用意するお中元のカタログから、人気のお肉コースを選ばれました。「カタログの中でも牛肉が圧倒的に人気です」と、佐々木さんは何気ない会話をしながら、本題である新築祝いについて、要望のヒアリングを始めていきます。

「新築祝いの贈り物としては、食器や時計、絵画などが一般的となります。しかし、最近は欲しい商品を自分で選べるカタログギフトが選ばれることも多いです」

最近の新築祝いのトレンドを説明する佐々木さん。しかし、このお客様は、大切な友人に心を込めて選んだ贈り物がしたかったのです。カタログには興が乗らないご様子でした。

そこで佐々木さんは、家を新築されたご友人について、どんなお付き合いなのか、その年齢層やライフスタイルを、笑顔で聴いていきます。

お酒を飲まないお客様とともにお探しする、ご友人をイメージできるビールグラス

いろいろとお話を聞くなかで、どうやらお酒が好き、なかでもビールが大好きな方であるというヒントを得ました。ご友人は、いつもご自宅にて夫婦でビールを飲むのが日課のようです。年齢も60代、落ち着いた、立場のあるビジネスマンと推察されました。新築の住宅でくつろぐ、仲のよいご夫婦のおだやかな姿が目に浮かんできます。

しかし、このお客様自身はお酒をたしなまれず、ビール好きの方にどんなものが喜ばれるのか、イメージがわきません。ビールそのものを贈るのは新築祝いとしては適切ではありません。そこで佐々木さんは提案します。

「ビールは普段から飲まれるお酒ですね。ちょっと気の利いたビールグラスなどいかがでしょう」

また実際の商品を見て、イメージを明確にしていただくため、売り場へ案内することにしました。

早速、ビールグラスの売り場へ移動する二人。大丸東京店には、お猪口やタンブラー、ワイングラスなど、お酒をたしなむ方に喜ばれる商品を揃えた売り場が用意されています。実際に商品を見て、さわっていただき、その反応を見ながら最終的な提案をしよう、という作戦です。

売り場への移動の間も、お客様へのヒアリングを続ける佐々木さん。ビール向きらしい洋風のブランド品も人気が高いなかで、和風の魅力的な商品があることもお伝えします。実際に売り場を見ると、その種類の多さに、少し驚いたご様子でした。

色鮮やかなさまざまなグラスを取りそろえた大きな売り場で、お客様が最初に手に取ったのは、HORIEの純チタン製タンブラーでした。細かな結晶がきらきらと美しい結晶華飾など、4タイプの表面仕上げが特徴です。保冷に優れたチタン素材に、朱鷺(トキ)、白樺など和風の装飾が施されています。そのデザインや機能性に、お客様は惹かれているようです。

HORIEのタンブラー窯創り
純チタン製で軽く、美しく、そして保冷効果も高いHORIEのタンブラー「窯創り」。左からブースタ ゴールド:19,800円、広口 小 シルバー:16,500円、プレミアム ゴールド:16,500円(すべて税込)