いま、驚くような「奇跡の1枚」写真が撮れると大人気のメイク&フォトスタジオがあります。大丸松坂屋百貨店の外商顧客向けサービスとしても定評のある「オプシス」です。あこがれのハリウッド女優や宝塚スターばりの輝くような写真を、プロのヘア&メイクとカメラマンが撮影するリッチなサービスです。日本の女性を元気にする奇跡の1枚、とても気になります。オプシスの代表、黒崎さんに詳しく話を聞きました。

奇跡の一枚,撮影風景

「奇跡の1枚」で、元気までもらえる撮影サービス

奇跡の一枚,撮影風景
撮影シーン(ハリウッド女優風)

人生100年時代と言われるようになり、年齢を感じさせない元気なシニア世代が増えています。中でも、女性の活力を生み出しているのは「女性はいつまでも若くきれいでいたいという思い」だと話すのは、大丸松坂屋百貨店などでフォトスタジオ「オプシス」を経営する黒崎正子さんです。

オプシスは女性の持つ「変身願望」をかなえるメイク&フォトスタジオとして、絶大な人気を誇っています。プロのヘア&メイクとカメラマンが、その方の持つ魅力を最大限に引き出し、「奇跡の1枚」をプロデュースします。女性のあこがれであるモデルや女優になった気分で、楽しく、そしてリッチな撮影体験が可能です。

「若い時にこんな遊びがあったら」とか「青春を取り戻したい」といった声とともに、とにかく女性が楽しんでいます。実際に、毎月のように通う顧客もいるとのことで、すでに写真の撮影を超えた、大人の楽しみとなっているようです。そのほか、シニア世代が終活の一環として、遺影用に奇跡の1枚を笑顔で撮られる、という方も多いとのことでした。なお、「奇跡の1枚」は株式会社オプシスの商標登録となっています。

一番人気はオードリーヘップバーン

オプシスの撮影メニューは「変身写真」「プロフィール写真」「記念写真」「夢写楽(和装写真)」の4つです。なかでも「変身写真」が一番人気で、エレガンスやワイルド&セクシー、ロマンティック、セレブリティといったイメージや、ハリウッド黄金期の人気女優をイメージさせる「クラシックビューティー」や「宝塚写真」など、バラエティ豊かなラインアップから写真の仕上がりを選ぶことができます。

変身写真で最も人気があるのが、「セレブリティ」のオードリーヘップバーンです。特に、『ティファニーで朝食を』や『マイフェアレディ』での彼女の姿に変身したい人が多いそうです。

ヘップバーンの華奢な体形や、欧米女性特有のゴージャスさとは別の、品がありかわいらしいところが、日本女性を惹きつけるとも言われています。クラシックなイメージにするためにモノクロにも仕上げることができます。

奇跡の一枚
オードリーヘップバーンのイメージで仕上げた変身写真

とくにシニア世代に人気なのはエレガンス。気品高く、凛とした美しさを演出するため、終活写真として選ぶ人も多いといいます。

奇跡の一枚
変身写真メニューの「エレガンス」なら、気品高く、涼とした美しさを演出できる

撮影自体がエンターテインメント

では、実際の撮影はどのように進むのでしょう。完全予約制のため、まずは店頭または電話で予約を取ります。大丸松坂屋百貨店ではお得意様ゴールドカードの会員であれば、コネスリーニュからの問い合わせがスムーズでしょう。

撮影当日は、打ち合わせから始まります。スタッフが、ヘア&メイクのイメージ、スタイル、色など要望を綿密に聞き出し、カルテを作成します。変身写真なら、前述したエレガンスやロマンティックなどのメニューから好きなものを選びます。この時、撮影の目的や写真のイメージをためらわずに話した方が、明確に伝わるそうです。シューティングサンプルも多数用意されているので、確認しながら希望のイメージを固めていきます。

奇跡の一枚,メイクシーン

化粧は一度すべて落とすことになるため、事前の準備は不要です。担当のヘアメイクさんが、変身後をイメージして、あくまで撮影するための「写真映え」のするヘア&メイクを施し、スタイリングをしてくれます。

コスチュームは、あらかじめ数百枚用意されているオーガンジーやベルベットなどの布をピンで留めて、上半身をドレスのように仕上げていきます。そのため洋服のサイズを気にする必要はありません。

さらにアクセサリーを選んだら、いよいよ撮影です。カメラマンがシャッターを切るうちに、気分はすっかりモデルのようです。ポージングはカメラマンの指示にお任せでオーケー。さまざまなアングル、ポーズで、最高の表情を上半身12カットに収めます。

奇跡の一枚,撮影風景

撮影を含めてかかる時間は2時間ほど。その後、撮影の興奮が続く中で、写真の仕上がりをモニターでチェックします。気に入ったポーズだけをその場で選ぶシステムです。ここで1時間以上悩む人もいるそうですが、気持ちはよくわかりますね。

奇跡の一枚,モニターチェック

写真は、通常の紙版だけでなく、電子データを受け取る(別料金)こともできます。写真の仕上がりは2週間後ですが、撮影当日はカードサイズにパウチされた写真がもらえます。多くの人がそれを財布に入れて持ち歩くそうです。出会った人に写真を見せると、間違いなく「すごい!きれい!」という驚嘆の声が上がるため、それが口コミとなり、新たな顧客が来店するケースが多いそうです。

「この体験自体がアミューズメントなんです」と黒崎さん。女性の気持ちをよく理解するプロのスタッフの誘導もあり、店内には笑い声や、時には「キャー」といった歓声が聞こえることも多いといいます。

「女性がこんなに楽しんで声を上げる場所も珍しい」と話す黒崎さん。歩くのも大変で杖をついて来店した顧客が、杖を忘れて帰ってしまったということが、1度ではなく数度もあったそう。何かしらの化学反応が起きて、歩けるようになってしまうのかもしれないと、冗談めかして話すのも印象的です。

記念日のプレゼントで親子の感動も

奇跡の一枚,撮影風景
記念写真からのシューティングイメージ。記念写真もドラマチックな「奇跡の1枚」が撮影できる

オプシスを利用するのは、「ただ変身を楽しみたい!」顧客だけではありません。還暦、古希、喜寿、米寿といった節目の記念、金婚式の記念に夫婦で仲良く撮影など、記念日を特別なものにするための利用も多くなっています。

「母の日の記念に母娘で撮りましょう」という企画では、母娘で撮影後、娘さんがお母さんに写真を渡す際に、メッセージを添えます。「そのメッセージを読んで、間違いなくお母さんが感動の涙を流す」というのですから、とても微笑ましいやり取りであることがわかります。

今後注力する出張サービスとYouTubeチャンネル

ここ数ヵ月に話を移すと、新型コロナウイルス感染症による外出自粛の影響で、多くの顧客がお店になかなか足を運べなくなっています。そこで、オプシスが今後注力したいと考えているのが、出張サービスである「オプシス デリバリーサービス」です。自宅などにいながらにして、奇跡の1枚をとってもらえるのです。

奇跡の一枚,出張撮影
オプシスの社会活動として実施している老人ホームでの出張撮影サービス

以前から老人ホームへの出張などは実施しているそうですが、今後は個人宅への出張を増やしたいと考えているといいます。今後日本では、高齢社会が一層進んでいきます。寝たきりになってしまったり、なんらかの理由で外出できなくなってしまったりという人も増えていくのが実情でしょう。

たとえそうなったとしても、人々の笑顔が絶えないようにしたいものです。その時に「奇跡の1枚」を自宅にいながら撮影できるのだとすれば、すばらしいことではないでしょうか。まるで女優と見間違えるような自分の変身写真を眺めながらであれば、自宅もしくは病院に長期間とどまるような生活も、彩り豊かなものになります。

さらに、オプシスは公式YouTubeチャンネルの開設を予定しています。黒崎さんは「還暦変身大作戦」として、自らチャンネルのキャラクターモデルになろうかと笑います。

変身写真は、文章でいくら伝えるよりも、映像や画像で見るのが最もインパクトがあります。また、撮影プロセス自体がエンターテインメントであることからも、「奇跡の1枚」は非常に映像向き、YouTube向きであるといえそうです。利用者層から、若年層にも人気が及ぶかもしれません。

全国各地の女性が変身する様子を伝える「奇跡の1枚 出張編」などを企画し、YouTubeで公開すれば、大人気になりそうな予感がします。

【参考】オプシス
【参考】オプシスYouTubeチャンネル

奇跡の1枚が持つ大きな可能性

ここまで、オプシスがプロデュースする「奇跡の1枚」サービスについてお伝えしました。もともとは、平成2年にアメリカで「Make-Up & Photography」、いわゆる変身フォトを自ら体験したことがオプシスの原点と黒崎さんは話します。一般の女性がモデルや女優のような写真を残すことは衝撃的な体験であり、女性の持つ変身願望は日本を含め、世界中の女性の夢と確信したそうです。

人々の笑顔が少なくなっていると言われる現代において、オプシスが提供するエンターテインメントは、美しくありたいという女性の普遍的な気持ちに根差しています。出張サービスやYouTubeなど新たな取り組みも交えながら、日本中の女性を元気にするサービスとして、幅広い支持を集める可能性を感じます。

>>大丸・松坂屋の5つの特別サービスとは?