キンキ,トマト,フヌイユ

今年1月にオープンした東京・表参道にある複合施設『GYRE』(ジャイル)4階の食をテーマにしたスペース『GYRE.FOOD』の、フードディレクションを手がける信太(しだ)竜馬さん。彼はそのスペースの一角にあるメゾンレストラン『élan』(エラン)のオーナーシェフとしても活躍している。これまでに銀座『ロオジエ』、パリ『オテル・ド・クリヨン』、銀座『エスキス』など数々の一流店でキャリアを積み、31歳にしてオーナーシェフとしてデビューを果たした。才能溢れる若きシェフの瑞々しいイマジネーション、多様な知見と技術で展開される洗練された「新しいフランス料理」に迫ります。

日本の四季を繊細に表現した、軽やかで洗練されたフレンチ

”循環“をテーマとした1,000㎡もの『GYRE.FOOD』。その一角にある『élan』のみ仕切りがあり、特別な空間になっている。隣には姉妹店としてカジュアルレストラン『bonélan』(ボネラン)も。大きな木の扉を開けると、天井高の作りが開放感に溢れ、都会の真ん中でもゆったりと寛ぎながら食事が楽しめる。

GYRE.FOOD,店内
『GYRE.FOOD』全体の設計は、フランスを拠点に活動する建築家・田根剛さんが、“循環”から想像される自然や大地をモチーフに空間を演出。椅子や器は信太シェフ自らセレクトしている。


ガラス,オブジェ
各テーブルには、菌類やバクテリアといったミクロな世界を透き通ったガラスで表現してきたアーティスト・青木美歌さんによる『élan』をイメージしたオブジェが美しく佇む。