お金持ち,飛行機

百貨店には、一部の富裕層を担当する「外商部門」が存在します。そんな外商の接客を受ける外商顧客は、一般の客には知り得ないさまざまなサービスを受けられるため、富裕層であればその存在を知っておきたいところです。

そこで今回は、大丸松坂屋百貨店に、外商顧客向けサービスと、外商顧客になる方法について話を聞きました。外商顧客になることにより、さまざまなメリットがあることがわかります。

百貨店の外商顧客とは?

百貨店の外商顧客とは、外商部と呼ばれる一部の選ばれた店員が担当する百貨店の上得意客のことです。具体的な基準は百貨店により異なりますが、基本的には一定金額以上の年収をもち、買い物金額も多い顧客が、外商顧客になります。

外商顧客には、年収が数千万円〜数億円もある富裕層が含まれています。そのため、百貨店の売り上げの2割ほど、地域によっては半分近くを少人数の外商顧客で占めるとも言われています。

外商顧客になる方法~大丸松坂屋百貨店の場合

たとえば、大丸松坂屋百貨店の場合、外商顧客になるためのルートは次のようなものがあります。

・既存顧客からのご紹介
・ダイレクトメール(DM)によるインビテーション
・会報誌の広告
・お得意様サロンへの入会申し出
・催事やイベントでの勧誘
・交流会への参加

なかでも、DM、商工会議所などの会報誌同梱チラシ、顧客からの紹介が最も多いパターンとなっています。

実際に外商顧客になる際には、クレジットカードを作成することになります。大丸松坂屋百貨店の場合は「大丸松坂屋お得意様ゴールドカード」というクレジットカードです。

このクレジットカードは招待制となっているため、百貨店の外商部やすでにカードを保有する知人などから招待を受けないと入会できません。外商顧客を「最も優良なお得意様」と位置付けている大丸松坂屋の姿勢が伝わります。

百貨店の外商顧客になる5つのメリット

ここで、外商顧客になると得られるメリットを5つ紹介します。

(1)買い物時に優待を受けられる

日々直接的に得られるメリットとして挙げられるのが、買い物時に優待を受けられる点です。たとえば大丸松坂屋百貨店の場合、ゴールドカードを利用することで、初年度は10%の優待を受けられます。

また2年目以降は、前年度の利用実績に応じて優待率が適用されます。70万円以上の買い物があれば優待率10%、30万円以上70万円未満だと8%、30万円未満だと5%です。

たとえば50万円の商品を買った場合、最大で5万円の優待を受けられるのです。毎回の買い物が大幅にお得になるだけでも、外商顧客になるメリットは大きいと言えます。

(2)担当者がつくため、手厚いサポートを受けられる

外商員と呼ばれる担当者がつくことも、外商顧客の特徴です。ほしい商品を伝えれば、すぐに用意してくれるので、商品を自身で購入する手間が省けます。好きな商品を好きなタイミングで購入できるため、経営者にとって最も貴重な資産とも言われる「時間」を本業に割り当てられるという点で、価値のあるサービスです。

(3)外商顧客だけのお得意様サロンを無料で利用できる

百貨店の外商顧客になると、会員限定のラウンジを無料で利用できるケースが多いです。大丸松坂屋百貨店の場合、「D’sラウンジ」といった外商顧客専用スペースであるお得意様サロンを利用できます。たとえば大丸東京店なら、街を一望するラウンジで、ドリンクを飲みながら優雅なひとときを過ごせます。

(4)空港ラウンジを無料で使える

買い物以外の場面でもメリットを享受できます。大丸松坂屋百貨店の場合、ゴールドカードを提示すれば全国の主要空港ラウンジを無料で利用できます。飛行機に乗る前にゆったりした時間を確保できるので、仕事や旅行で頻繁に飛行機を利用する方にとって重宝するサービスです。

(5)クレジットカードに手厚い旅行保険がついている

百貨店の外商顧客になると、保有するクレジットカードに手厚い旅行保険がついていることが多いです。大丸松坂屋のゴールドカードを例に挙げると、最大で5,000万円の海外・国内旅行保険がついています。旅行に行くたびに旅行保険に加入する手間や費用を減らせます。

外商顧客になるための第一歩、クレジットカードを作成するには

このように、外商顧客になると買い物における優待だけではない、さまざまなサービスが受けられます。具体的に外商顧客になろうとした場合、最初の手続きとなるのが前述の専用クレジットカードの作成です。

外商顧客の証とも言えるクレジットカード作成の招待を受けるには、どうすればいいのでしょう。明言されているわけではないものの、通常のゴールドカードを作成し、それを使って年間100万円以上の買い物をするのが1つの方法と言われています。

通常のゴールドカードの場合、満25歳以上で安定的な収入があれば入会する機会があります。まずは通常のゴールドカードを作成し、それを用いて年間100万円以上を基準に買い物すると、招待が来やすくなると言われています。

一般に、百貨店が外商顧客を招待する際には、金額に加えて買い物の頻度も重視しています。そのため、一度に100万円以上の買い物をするよりは、定期的に数万円の買い物を繰り返した方が、百貨店として優良顧客ととらえる見込みが高まるようです。

「収入はあるものの、外商顧客に招待してくれるような知り合いがいない」という場合は、まずは通常のゴールドカードを作成し、なるべく百貨店で購入するようにしてみるといいでしょう。上顧客として認識され、百貨店側から招待の連絡が届くかもしれません。

なお、大丸松坂屋百貨店の場合、自分から外商顧客となるよう申し込みができます。1つは、店頭で申し込む方法です。お得意様サロンで入会希望を伝えると、後日担当者から電話があり、入会手続きをすることができます。

もう1つは、ネットからの申し込みです。資料請求をすると、各店舗の担当者から指定の住所に資料が郵送され、申し込みができます。ご覧いただいている「J PRIME」からも、無料会員の方は申し込みが可能です。ただし、一定の審査はあり、いずれの場合でも、すべての人が外商顧客になれるわけではありません。

【参考】J PRIMEの無料会員になる

大丸松坂屋百貨店の外商顧客向けプレミアムサイト「コネスリーニュ」とは

外商顧客になると、一般の顧客とは違ったきめの細かいサービスを受けられます。大丸松坂屋百貨店の場合、外商顧客になることで「コネスリーニュ」という会員制ウェブサイトを利用できます。コネスリーニュには、次のような魅力があります。

外商顧客だけに紹介される特別な商品がある

コネスリーニュでは、他の顧客には紹介していない、希少性の高い美術品、宝飾品や人気のお取り寄せグルメなど、外商顧客だからこそ得られる特別感のある商品を紹介しています。また、外商員が自ら選んだ商品やイベントなどを、実際に社員が紹介するなど読むだけでも楽しいコンテンツを用意しています。

自身の趣味や嗜好に合わせて表示する商品を絞り込める

基本的に商品のカタログやサイトを見る場合、自身の興味があるジャンル以外は真剣には目を通さないのが一般的です。コネスリーニュでは、設定画面で自身の興味や関心があるジャンルを設定することで、趣味・嗜好に合う商品を優先的に表示させることができます。そのため、あまり時間や労力をかけずに好きな商品を見つけやすくなっています。

気になる商品について、担当者に連絡でき、詳しい説明を受けられる

商品を探しているうちに、購入したいと思ったり、より詳しい情報がほしいと思ったりすることがあるでしょう。そんなときコネスリーニュでは、気になる商品の記事下の問い合わせから、あるいはチャット機能のメッセージから、担当者にアクセスが可能です。オンラインでのやり取りで、必要な情報を得られ、疑問を解決することができます。

そのため、店舗を訪れなくても、商品の詳しい説明を受けたり、買い物を済ませたりできます。

外商顧客限定のイベントへの招待がある

コネスリーニュでは、外商顧客限定のイベントを定期的に案内しています。美術館を閉館後に貸し切って鑑賞できたり、伝統的な祭りを特別席で鑑賞できるイベントなどに招待してもらえたりするなど、富裕層でも自分ではなかなか実現が難しい体験ができるのは魅力です。

買い物を超えた、より豊かなライフスタイルが実現できる外商顧客のメリット

今回お伝えしたとおり、百貨店の外商顧客になるとさまざまなメリットが得られます。特に大丸・松坂屋の場合は、独自の会員制サイトを使えたり、さまざまな優待を受けられたりなどサービスが多彩です。

大丸松坂屋百貨店は「外商顧客の1人1人に合わせ、より豊かなライフスタイルを提案したい。ただ商品を提供するだけでなく、イベントでの買い物体験をはじめ、“ここで買ってよかった”と思ってもらえるサービスの提供を目指しています」と話しており、外商顧客を非常に重視しています。

外商顧客になることで、新たな世界が見えてきます。どんな体験が待っているのか、確認するだけでも価値があるといえるでしょう。

【関連記事】
富裕層のステータス?百貨店の「外商」に迫る
百貨店の外商が、令和の時代に広まるこれだけの理由。
「おうち時間」にこそバカラ。100年の時を超えて愛される理由。
令和時代のメインストリーム?「トキ消費」最前線
百貨店の外商ビジネスの歴史から、小売の未来「リレーションシップ・マーケティング」が見えてくる