バカラ

2020年は、新型コロナウイルスの影響で外出自粛が続き、「おうち時間」の充実が求められています。このおうち時間を彩り、日常を特別なものにしたいという時、バカラを選ぶ人が増えています。ここでは、優れた美意識をもつ日本とバカラのつながりについて、そして、おうち時間に彩りと輝きを与えてくれるバカラのラインアップを紹介しましょう。

おうち時間を特別な時間に変えてくれるバカラの魅力とは

高級クリスタルといえば「バカラ」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。1764年にフランスで生まれたバカラは、いまや高級クリスタルの代名詞となるほど世界中で広く知れ渡り、多くの人々を魅了しています。

バカラには創業以来、変わらないものがあります。それは、人々の日常生活を彩り、人生の大切な瞬間を輝かせるというブランド価値です。

今年、新型コロナウイルスの影響で外出自粛が続き、「おうち時間」の充実を考える人が増えています。そんなおうち時間を彩り、日常を特別なものにしたいという時、バカラのきらめきが、人の心に喜びと輝きを与えています。

日本とバカラの歴史は古く、1900年代初頭からと記録されています。その歴史をひも解きながら、日本でバカラが愛される理由を見ていきましょう。

世界の王侯貴族の御用達となった華麗なるバカラの歴史

1764年、フランス王ルイ15世の認可により、ロレーヌ地方バカラ村に創設されました。バカラ(BACCARAT)はこの村の名前に由来しています。1823年には、フランス国王からの初めて特別注文を受けました。

1855年から出展するようになったパリ万博をはじめとした博覧会では、グランプリをはじめ数々の賞を受賞しました。同時にバカラの技術が飛躍的に進歩していき、世界の王侯貴族の御用達ブランドとして発展していったのです。

バカラ,職人,制作過程

職人による手作業でたくさんの技術とさまざまな工程を組み合わせて完成する作品の数々。バカラの職人が高度な技術を習得し、クリスタルの性質を操れるようになるには、15年という長い年月がかかると言われています。

バカラは日本でいう人間国宝にあたる「M.O.F.」と呼ばれるフランス最優秀職人の称号を得た職人を、フランスのどの企業よりも多く輩出しています。

日本とバカラとの出会いから誕生した「春海好み」

春海コレクション,丸鉢,金縁霰切子

春海コレクション 丸鉢 金縁霰切子(直径20.4㎝/高さ12㎝)価格2,000,000円(税抜)

日本におけるバカラのルーツは、大阪の美術商で、茶人でもあった春海藤次郎との出会いにまでさかのぼります。1901年、欧州のみやげとして親戚筋から手に入れたバカラクリスタルに、藤次郎は衝撃を受けました。

そして、茶器には焼き物が当たり前とされていた時代に、大胆にもこのクリスタルの器を茶事に用いたのです。当初は従来のバカラ製品の中から、茶人好みのものを輸入していたのですが、次第に藤次郎自らデザインして注文するようになっていきました。

日本から遠く離れたフランスとのやり取りは、手紙だけでも数ヵ月はかかるほど困難なものでした。しかし、バカラは、文化や風習の違いにおける苦労を乗り越えて、藤次郎の高い要求に応える品々を作り上げたのです。次第に茶人たちからの評価が高まり、藤次郎がオーダーした作品は「春海好み」と称されるようになりました。

今年2020年は、春海商店とバカラが直接取引をするようになって、ちょうど100年になります。その記念すべき年に、令和の「春海コレクション」として春海好みが復刻されました。新たな時代の息吹を交えながら、バカラの職人たちは100年の時を超えて受け継がれる制作技術を蘇らせたのです。

春海コレクション,鉢,金縁八角

春海コレクション 鉢 金縁八角(幅21㎝/奥行21㎝/高さ7.2㎝)価格:480,000円(税抜)

「春海好み」の復刻を心待ちにしていた方はもちろん、和食器や骨董が好きで、自身のライフスタイルや季節感を大切にする方にとっても逸品となっています。夏の器で涼を楽しむために、春海コレクションを生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

バカラが変えてくれる至福の「おうち時間」。あの娯楽アイテムも登場

現在、数あるバカラの作品の中で幅広い客層に人気なのは、やはりグラスです。中でも2010年から発売している年号入りのタンブラーは、お祝いや記念品といった贈り物の定番となっています。

ブラーヴァタンブラー

ブラーヴァ タンブラー 2020 2客セット(高さ8.5㎝) 価格:13,000円(税抜)

もちろん、バカラのラインナップは、グラスや春海コレクションをはじめとするテーブルウエアだけではありません。テーブルランプやフラワーベースなどの装飾品から、世界で人気のボードゲームに至るまで、美しいクリスタル作品となっています。以下、人気のアイテムを紹介しましょう

・ベビーキャンディライト ノマド ランプ

ベビーキャンディライト ノマド ランプ

バカラのアイデンティティである“光”と“キラメキ”を象徴する存在の1つにシャンデリアがあります。毎年クリスマスシーズンには、東京の恵比寿ガーデンプレイスで、世界最大級の「250 灯シャンデリア」が展示されます。その光の下を行き交う多くの人が、そのあたたかく、華麗な輝きに魅了されています。

そんなバカラの光の芸術をテーブルランプとして日本の家庭でも楽しめるのが「ベビーキャンディライト ノマド ランプ」です。人気のデザイナー、ハイメ・アジョンがデザインしたこのテーブルランプは、美しい芸術品としての楽しみだけでなく、コードレスと調光用のタッチスイッチ付きとういう機能性にも優れ、家のあらゆる場所に持ち運ぶことができます。

寝室やリビングはもちろんのことテラスなど屋外までラグジュアリーに照らします。テレワークの流れの中、家庭内でオンとオフの区別をつけるのにバカラの煌めきを利用するのもいいでしょう。

▽ベビーキャンディライト ノマド ランプ
・サイズ:直径14㎝/高さ29㎝
・価格:各125,000円(税抜)

・ルクソール ラウンドベース

ルクソール ラウンドベース

おうち時間を大切にしている人が増え、ガーデニングが再び流行しています。植物との触れ合いは、心を落ち着かせ、季節の移ろいを感じさせてくれます。家の中では、季節の植物を飾ることで部屋が清々しくなり、植物の種類によっては森林浴の効果があるといわれています。

自宅に飾る植物の魅力を華やかに引き立たせる花器として人気なのがルクソール ラウンドベースです。表面に連なって施されたピラミッドやダイヤのような立体的なカットと、内側の波を思わせるラッフルカットの細工が重なり、絶妙な光の反射を生み出します。また、視覚効果によりバカラならではのボリュームのあるクリスタルが美しく輝く作品です。

ベースの曲面に伝統あるバカラの装飾が施されることにより、360度どの位置から見ても美しさを保ちます。大ぶりのブーケも美しく生けられるので、テーブルセンターなどにも適した使い勝手のよいベースです。

▽ルクソール ラウンドベース230
・サイズ:高さ23㎝
・価格:120,000円(税抜)

・GAME by マルセル・ワンダース

GAME by マルセル・ワンダース

こちらは、デザイン界の奇才と呼ばれるマルセル・ワンダースが手がけたコレクション「GAME by マルセル・ワンダース」です。ドミノ、チェッカー、バックギャモン、チェス、囲碁といった世界で人気のボードゲームが、クリスタルとイタリアのカッラーラ産の大理石を贅沢に使った作品となっています。この中で、日本では一番馴染みがあり興味を持つ人も多いであろう囲碁を紹介しましょう。

日本の歴代の武将から現在の経営者まで、囲碁をたしなむ人は少なくありません。それは、囲碁とビジネスには多くの共通点があるからだそうです。囲碁は娯楽としての楽しみだけでなく、決定力や教訓を与えてくれ、ビジネスにおける戦略のセンスを磨く場となってくれることでしょう。

「GAME by マルセル・ワンダース」の囲碁には、大理石の白い碁盤の天元にブランドを象徴する赤いクリスタルが埋め込まれており、石はクリアとブラックのクリスタルで作られています。クラシックとモダンが見事に融合した美しい囲碁での対局は、忘れられない時間となるでしょう。新しい経営戦略の発想も生まれそうです。

▽GAME by マルセル・ワンダース 囲碁
・サイズ:幅42.4㎝/奥行45.5㎝/高さ3㎝(碁筒 直径14㎝、高さ10㎝)、シリアルナンバー入り
・価格:3,000,000円(税抜)

「おうち時間」が増える2020年、バカラとともに豊かな時間を過ごす

フランスには「アール・ドゥ・ヴィーヴル(生活美学)」という言葉があります。これは日常の生活、人生を謳歌するというフランスの暮らしの美学を表現しています。バカラはアール・ドゥ・ヴィーヴルを象徴するブランドとして、現在も変わらず、人々の生活に彩りと輝きを与えています。

さかのぼること100年、1人の茶人の進取の精神により、日本人の持つ美観や季節感とバカラのアール・ドゥ・ヴィーヴルが見事に響き合いました。日本とバカラにとって節目となる2020年、人々に愛されてきたバカラの魅力に触れ、豊かなおうち時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

▽問い合わせ
・バカラショップ 丸の内 03-5223-8868
・バカラ公式オンラインショップ https://www.baccarat.jp

>>会員登録して限定記事を読む

>>大丸・松坂屋の5つの特別サービスとは?

【関連記事】
富裕層のステータス?百貨店の「外商」に迫る
富裕層が4万円のワイン「オーパスワン」のコスパがいいという理由
味だけではない「最高級ワイン」でもてなす極意
グラスはワインの額縁! ワインにハマらない人はグラスを間違えている?
ワインの味が大きく変わる あなたの知らない「ワイングラス」の選び方