walmart
(画像=sundry photography/stock.adobe.com)

急成長中の小売企業と言えば「Amazon.com」。EC(電子商取引)の世界展開に成功し、売上高も急速に高めていますが、アメリカにはAmazon.comがまだ及ばない小売の巨大企業があります。

デロイトトーマツグループの最新データ「Global Powers of Retailing」

コンサルティング大手のデロイトトーマツグループは毎年、「Global Powers of Retailing(世界の小売業ランキング)」を発表しており、その2020年版が4月に発表されています。

このランキングは売上高で順位付けされており、最新版は2019年6月30日を期末とする事業年度のデータに基づいています。この純粋な売上高でのランキングのほか、「売上高成長率」も比較すると、どの企業にいま勢いがあるかがよくわかります。

売上高首位はWal-Mart、Amazonの3倍以上の売上高

▽売上高ランキング
1位 Wal-Mart Stores, Inc(米):5,144億ドル
2位 Costco Wholesale Corporation(米):1,415億ドル
3位 Amazon.com(米):1,402億ドル
4位 Schwarz Group(独):1,215億ドル
5位 The Kroger Co.(米):1,115億ドル

売上高では、1962年に創業して世界最大のスーパーマーケットチェーンにまで成長したWal-Mart(ウォルマート)が1位となっています。続いては日本での展開でも知られるCostco(コストコ)が2位となっています。

Amazon.comはWal-MartとCostcoに続く3位で、首位Wal-MartとAmazon.comの売上高は3倍以上の開きがあります。

売上高成長率ではAmazon.comが18.2%で圧倒的

現時点ではAmazon.comの売上高の数字は首位Wal-Martを脅かす規模になっていないものの、その売上高の伸びは凄まじいものがあります。

▽売上高成長率ランキング ※売上高上位10社の中で高い順
1位 Amazon.com(米):18.2%
2位 Walgreens Boots Alliance(米):11.7%
3位 Tesco PLC(英):11.3%
4位 Costco Wholesale Corporation(米):9.7%
5位 Schwarz Group(独):7.6%

Amazon.comの売上高成長率は前年比18.2%で、2013〜2018年度の年平均成長率(CAGR)も18.1%と高い数字を誇っています。一方のWal-Martの売上高成長率は前年比2.8%、CAGRは1.6%で、Amazon.comよりはるかに低い数字となっています。

次の小売業界のイノベーション「自動運転」で主導権を握るのは?

小売の王者はWal-Martだが、いずれはAmazonが抜く――。2つのランキングを分析するとこうした予測が立てられますが、いまや小売業界でECに次ぐ新たな革新が起きようとしており、この革新次第ではWal-Martの売上高成長率は今後大きく伸びることも予想されます。

その革新とは「自動運転」技術です。AmazonやWal-Martは自動運転車や配送ロボットを使って商品を顧客に届けるサービスの実現に向け、いま実証実験などに盛んに取り組んでいます。

こうした無人配送がうまく実用化できれば、省人化によって配送コストが安くなります。配送コストが安くなるということは、生鮮食品など単価の安い商品を少ない個数でも配達しやすくなり、小売業界に大きな革新が起きると考えられています。

こうしたサービスで成功した企業は将来的な急成長が見込まれ、仮にWal-Martがこの分野で主導権を握ることができれば、ECで伸びたAmazon.comを凌ぐ成長率を記録する可能性も十分にあり得るのです。

次のランキングを大きく変える「小売テック」の可能性

売上高や成長率のランキングを見ると、いま時点の業界模様が見えてきます。そんな小売業界に「小売テック」とも呼べる革新はどのような変化をもたらすのでしょうか。しばらくは各社の自動運転技術を活用した実証実験の行方が、注目のトピックスと言えそうです。

文・J PRIME編集部

>>会員登録して限定記事を読む

【関連記事】
いま世界的に「ブランドロイヤルティ」が低下しているわけ
トヨタが遂に30兆円超え!日本企業の最新売上高ランキング
衰えない「高級食パン」ブーム、人気の理由は?
エルメス、ルイヴィトン、グッチ…バッグじゃなく株を買うのはいかが?
ラグビーW杯、東京五輪に向けて上がりそうな銘柄4選
令和時代のメインストリーム?「トキ消費」最前線