虎白

名店「神楽坂 石かわ」で長年研鑽を積んだ小泉瑚佑慈さんが独立し、2008年にオープンさせた日本料理店『虎白(こはく)』。2015年から5年連続ミシュラン三つ星を獲得し、日本を代表する店として多くの美食家から愛されてきた。日本料理の核となる良質な水と昆布の相性を追求した滋味深い“だし”と、日本料理には珍しい食材の使い方。「日本料理では珍しい食材」「自分自身がワクワクする、いままでに食べたことのない料理」を心に留めて小泉さんが生み出す独創的なひと皿には、“口福”が満ち溢れています。

心地よい感動を誘う、伝統的な日本料理を超える“驚きのひと品”

虎白,エントランス
木造建築を基調としたエントランス。店の建築は、小泉さんが全幅の信頼を寄せる「アーキヴィジョン広谷スタジオ」が手がけた。