毎月1本、季節の旬の食材によく合う日本ワインをご紹介。セレクトするのは、日本ワインに特化した定期イベント「LIFE with WINE」を主宰する栁 佐織さん。 「今月は、太陽の光をふんだんに浴びて育ったみずみずしい夏野菜に合う一本を。ほのかな甘みもありつつすっきりとした味わいの白ワイン、大阪デラウェアをご紹介します」

島之内フジマル,デラウェア
美味しいフルーツとしても知られるブドウ品種、デラウェア。食用は通常種なしだが、ワイン用に育てられたものは種があるほうが良いとされている。この種から抽出されるタンニンが複雑味を醸し出し、深い味わいとなる。「おすすめのマリアージュは夏野菜を使ったラタトゥイユやカレーなど。夏野菜特有の甘みと苦みに、デラウェアのほのかな甘みが寄り添うように食欲を刺激します」


ワイン醸造100年以上の歴史をもつ、 大阪で生まれた日本ワイン

あまり知られていませんが、大阪は古くからブドウの産地であり、中でも柏原市ではワインの醸造が100年以上も前から行われてきました。特にこの地で突出した収穫量を誇るのが、デラウェア。種のない食用に対して、ワイン用は種があり、小粒で果皮が厚いのも特徴です。これらの要素によって、食用以上に甘みや酸味、うまみがギュッと凝縮され、奥行きのある深い味わいの上質なワインを生み出すのです。

一時はブドウの栽培面積が全国第1位だったこともある大阪ですが、ブドウ農家の高齢化により「耕作放棄地」が増えてきました。大阪のブドウ産地としての歴史を絶やさないために、この「耕作放棄地」を借り受けてブドウ栽培を行っているのが、「島之内フジマル醸造所」の醸造家、藤丸智史さん。藤丸さんは、通常ブドウ畑の近くにあるワイナリーを都市の中心部に設立するという、日本における「アーバンワイナリー」の先駆者でもあります。輸送技術の発展により叶ったことですが、ワイナリーに足を運びやすく、日本ワインをより身近な存在にしています。

「大阪デラウェア」は、そんな藤丸さんの思いが詰まった、難波の日本ワインです。キーンと冷やしてお風呂上りに、冷たいラタトゥイユと一緒に。スパイシーな夏野菜カレーとも相性抜群です。そして実は、大阪ならではの粉もの、お好み焼きにもおすすめ。甘いお好みソースとデラウェアのマリアージュを、ぜひ試してみてください。

Wine of the month

島之内フジマル,デラウェア
デラウェアから感じられるほのかな甘みは、甘口ワインとは異なる、味に深みを与える心地よさ。2019年はしっかりと熟したデラウェアのふくよかさを表現した、豊潤でまろやかな味わいが特徴。フジマル醸造所のワインはすべて、酸化防止剤の添加を最小限にとどめています。大阪デラウェア¥2,280(税込)/島之内フジマル醸造所☏06-6643-2330
https://www.wineshopfujimaru.com/SHOP/sfj1909.html


The perfect glass for this wine

島之内フジマル,デラウェア
今回栁さんが選んだのはリースリング用のグラス。ワインが舌の中央を直線的に流れる設計で、果実味と酸味のバランスを整えるもの。「甘みと酸味が絶妙で、すっきりとした味わいのデラウェアの魅力をよく引き出しているように感じます。時間をかけて飲むと、温度があがるにつれて開いていく香りも十分に楽しめます」。栁さんがセレクトしたワイングラス<リーデル・ヴェリタス>リースリング/ジンファンデル(2個入り)¥9,900(税込)/リーデル青山本店☏03-3404-4456 
https://shop.riedel.co.jp/products/detail.php?product_id=349


SELECTOR

栁佐織・SAORI YANAGI
日本ワインの魅力を伝えるべく、「日本ワインを、日常に。」をスローガンに、造り手と飲み手をつなげる「LIFE with WINE」を2012にスタート。日本全国の造り手を招いて行われるイベントは14回にも及ぶ。ワインエキスパート資格所持。日本各地のワイナリーを訪ねて収穫を手伝うなど、生産者たちとのつながりも深い。
https://www.facebook.com/LIFEwithWINE/

WINE MAKER

島之内フジマル醸造所,藤丸智史
SHIMANOUCHI FUJIMARU BREWERY
島之内フジマル醸造所/藤丸智史さん
「ワインを日常に」をスローガンに、ワインショップとレストラン、醸造所と、日本でのワインの普及活動を多角的に手掛ける「難波のワイン伝道師」として知られている。2013年に大阪・島之内に日本では類を見ない都市型ワイナリー(アーバンワイナリー)を設立。2年後に東京・清澄白河に2軒目を設立した。いずれも1階が醸造所、2階がレストランという構造。島之内では西日本のブドウを、清澄白河では東日本のブドウを醸造しているのもこだわりのひとつと言える。ワインをビールのように気軽に低価格で楽しめるように、ビールサーバーを独自に改良し、「生樽ワイン」がレストラン限定で味わえるスタイルを考案。

島之内フジマル醸造所
大阪府大阪市中央区島之内1-1-14 三和ビル 1F
☏06-4704-6666
https://www.papilles.net/

撮影/相沢千冬  構成/横山直美(cat)

>>大丸・松坂屋の5つの特別サービスとは?