ガストロノミー

世界屈指の“美食エリア”と言われるスペインのバスク地方で、話題を呼んでいるのが、ビルバオ郊外にある三つ星レストラン「アスルメンディ」である。オーナーシェフは、世界的に注目を集めるエネコ・アチャ・アスルメンディさん。伝統的なバスク料理からモダンなタイプまで、長年の修業でさまざまな郷土料理を身につけてきた彼が生み出す最先端のバスク ガストロノミーは、“故郷をリスペクトする想い”から始まったという。伝統と革新性が感じられる“エネコ流バスク料理”を東京で体験できるのが、東京・六本木にある『ENEKO Tokyo』だ。ミシュラン3ツ星を獲得したレストランが創造する新しいバスク料理をお届けします。

バスクの自然との共生を考えた、 レストランの新しい営み

ENEKO Tokyo
『ENEKO Tokyo』のレストランのエントランスは、自然を大切に想う、エネコさんのスピリットが感じられるグリーンウォールが。