『teteria』紅茶マイスターに聞く。夏を涼やかにするアイスティーと道具のはなし。

紅茶は簡単に淹れることもできますが、実は淹れ方次第で風味も味わいも全然違うものなのです。ジメジメとした暑い夏、キーンと冷えたアイスティーが格別においしい季節となりますが、アイスティーはただ冷やせばいいと思っていませんか? ちょっとした手順をふめば、とびきり贅沢なアイスティーが作れます。その方法を、“紅茶屋”『teteria(テテリア)』のオーナーである大西進さんに、自ら撮った写真とともにご指南いただきます。

一番大事なのは“茶葉選び”。味の質はここで決まる。

紅茶好きの菓子研究家や料理家などプロフェッショナルからの信頼も厚い「teteria」オーナーの大西進さん。そういった方々とのコラボレーションイベントでは、紅茶の淹れ方を伝授することも多く、その優しい語り口とともに、彼の淹れる紅茶の深い味わいに魅せられたファンが後を立たない。「これからの季節、アイスティーを入れた水筒を持ち歩かない日はないですね」と語る大西さん。おいしい紅茶を淹れるために一番大切なのは“茶葉選び”と断言します。