毎月1本、季節の旬の食材によく合う日本ワインをご紹介。セレクトするのは、日本ワインに特化した定期イベント「LIFE with WINE」を主宰する栁 佐織さん。 「今月は、梅雨のジメジメを吹き飛ばすような一本を。スパイシーなエスニック料理に最高な、アルバリーニョというブドウ品種の新潟の白ワインです」

カーブドッチ ワイナリーの アルバリーニョ
新潟の角田浜にある「カーブドッチ ワイナリー」が手がけるアルバリーニョ。「ライチの爽やかな香りとはちみつのような甘い香りが特徴的。果実味が豊富なふくよかな味わいに加え、海が近いせいもありほんのり塩味も感じられます。繊細さとパワフルさが混在する複雑な味わいは、一度飲むと忘れられないほど印象的。口に含んだ後に残る香りや味の余韻も長く、少しクセのあるエスニック料理や、シェーブルチーズなどにもおすすめ。ほのかな塩味がシーフードにもよく合います」

香水のようなエレガンスとスパイスにも負けないパワフルさを持ち併せたワイン

新潟市の西海岸エリアにある角田浜は、今や「新潟ワインコースト」と呼ばれるワインの銘醸地。そこでいち早くワイン醸造を始めたのが「カーブドッチ ワイナリー」です。なかでも話題を呼んでいるのが、ここで醸造を手がける掛川史人さんが12年かけて育てあげたアルバリーニョというブドウ品種です。

アルバリーニョはスペインが原産と言われ、主にスペイン、ポルトガル、オーストラリアと、産地がかなり限定されている品種です。いずれも海の近くで湿度は高く、水はけのよい砂地という特殊な土地。スペインのなかでも北西部の大西洋に面したワイン産地、リアスバイシャスが有名な産地です。そして掛川さんの研究により、角田浜がピンポイントでリアスバイシャスの土壌と気候にマッチすることが判明。掛川さんはそれまで栽培していたメジャーな白ブドウ品種・シャルドネ畑を、大胆にもアルバリーニョ畑に変えてしまったのです。

角田浜で育ったアルバリーニョのワインは、もはやスペイン産とそん色ない香りと味わいで評価されています。ライチを思わせるエキゾチックな香りと、はちみつのような甘い香り。一方味わいは爽やかで、穏やかな酸味と、潮風が運んできたようなほのか塩味を感じます。それらが合わさり、強い個性をもちながら、気品すら感じさせるエレガントなバランスに仕上がっているのが、「カーブドッチ」のアルバリーニョです。

少しクセのある香りの食材とも相性が良いこのワイン。食欲不振や体調不良を起こしやすい梅雨の時季に、食欲をそそるスパイシーでパクチーたっぷりのエスニック料理にぴったりです。そして海沿いでつくられたワインだけに、シーフードとの相性も抜群。個性的でありながら飲み心地が良いので、あっという間に一本空けてしまいます。

Wine of the month

カーブドッチ ワイナリーの アルバリーニョ
エスニック好きなら料理に合わせてぜひ試してほしいアルバリーニョ。軽い飲み口のものが多いスペインのものより、ふくよかでどことなく気品を感じさせるちょっと贅沢な味わいです。アルバリーニョ¥4,620(税込)/カーブドッチ ワイナリー☏0256-77-2288


The perfect glass for this wine

カーブドッチ ワイナリーの アルバリーニョ
ワイン本来の魅力を堪能するには、グラス選びも重要。今回栁さんが選んだのは、縦長の直線的な形状のリースリング用ですが、たっぷりとした大ぶりのもの。果実味と酸味のバランスを整えるのが特徴のグラスです。「余韻が長いこのワインには、グラスの中で香りが滞留するようなこのタイプが、より香りを楽しめました」。栁さんがセレクトしたワイングラス<パフォーマンス>リースリング(2個入り)¥8,800(税込み)/リーデル青山本店☏03-3404-4456 
https://shop.riedel.co.jp/products/detail.php?product_id=613


SELECTOR

栁佐織・SAORI YANAGI
日本ワインの魅力を伝えるべく、「日本ワインを、日常に。」をスローガンに、造り手と飲み手をつなげる「LIFE with WINE」を2012にスタート。日本全国の造り手を招いて行われるイベントは14回にも及ぶ。ワインエキスパート資格所持。日本各地のワイナリーを訪ねて収穫を手伝うなど、生産者たちとのつながりも深い。
https://www.facebook.com/LIFEwithWINE/

WINE MAKER

今月の日本ワイン
CAVE D’OCCI
カーブドッチ ワイナリー/掛川史人さん
角田山山麓のワイン産地化を目指し、1992年に創業。この砂質土壌に適した品種を探すため、さまざまな種類のワイン用ぶどうを栽培。「ワイナリー経営塾」主宰。日本におけるアルバリーニョの第一人者でもある。「15年ほど前からアルバリーニョの栽培をしていますが、初めてこの品種のブドウの粒を食べたときの衝撃は忘れられません。『アルバリーニョなら、この地で素晴らしいワインをつくることができるかもしれない』そう強く思いました。そしてできあがったワインは、期待通りのおいしさだけではなく、この土地を感じさせる味わいを持っていました。砂浜のような砂質土壌由来の華やかな香り。豊かな果実味と酸味は新潟の暑い夏を思い起こさせます。ぜひカーブドッチにお越しいただき、畑を眺めながら地場の料理と共に飲んでいただきたいワインです」

カーブドッチ ワイナリー
新潟県新潟市西蒲区角田浜1661
☏0256-77-2288
http://www.docci.com/
ワイナリーには、カーブドッチのワインと料理を堪能できるオーベルジュ「トラヴィーニュ」も併設。
https://travigne.jp/

撮影/相沢千冬  構成/横山直美(cat)

>>大丸・松坂屋の5つの特別サービスとは?