ステラマッカートニー,ラグジュアリーファッション
(画像=agcreativelab/stock.adobe.com)

今、多くのファッションブランドが企業戦略の柱として取り入れ、将来企業が生き残るためのキーワードとなっているのがサステナブルです。ステラマッカートニーは、2001年の「Stella McCartney」ブランドの創設以来、サステナブルラグジュアリーの先駆者として、ファッション界をリードしている女性です。ここでは、ステラマッカートニーが目指すサステナブルなファッションの世界を紹介します。

ファッション界で広く知られるサステナブルラグジュアリーの先駆者

ステラマッカートニーというと、第一にサステナブルラグジュアリーをテーマに語られることが多いですが、デザインやセンスもトップクラスのブランドで、パリコレをはじめプレタポルテでは注目のファッションブランドとして広く知られています。最近では、イギリス王室離脱で話題のメーガン妃が着ている衣装の1つとしてマスコミで紹介されることも多くなっています。

ステラマッカートニーは、ラグジュアリーファッションに必要不可欠であるはずの毛皮や皮を使わないという選択をしています。将来にわたって持続的に人類が住み続ける地球の環境を守るため、自然素材に引けを取らない代替素材を開発し、ラグジュアリーファッションの素材として採用しています。既成概念の打破に挑戦し続けているのです。

近年、地球環境の悪化を背景に、その対応策としてもサステナブルの考え方がファッション業界に浸透しつつあります。ステラマッカートニーの存在は、サステナブルラグジュアリーの先駆者として、ますます注目を浴びているのです。

毛皮、革を使わない、最先端の代替素材「ベジタリアンレザー」

ステラマッカートニーのサステナブルラグジュアリーファッションの特徴は、代替素材の活用とアイテムづくりのイノベーションです。

現在、ステラマッカートニーは毛皮や革を使わなくともブランドを成功させることが可能であることを証明しました。そのカギとなったのが、ベジタリアンレザーの開発です。

ベジタリアンレザーとは、毛皮、革、羽毛を一切使用せず、再生ポリエステルやポリウレタンなどを使って作られる革新的な素材によって実現した最先端の代替素材です。ベジタリアンレザーの実現によって、動物、人、地球環境すべてにとって優しいラグジュアリーファッションブランドが誕生したのです。さらに、ビジネスとして存続し、さらに発展していける世界的な流れをつくっていきました。

モエヘネシー・ルイヴィトンと提携

ステラマッカートニーは、さまざまな企業と連携していることでも知られています。その1つがアディダスとの協業関係です。スポーツウェア、スポーツシューズ、スポーツアクセサリーの分野において、魅力的なアイテムを発信しています。

また、フランスのモエヘネシー・ルイヴィトンは2019年、ステラマッカートニーと提携するとともに、彼女を特別アドバイザーとして迎え入れました。ラグジュアリーブランドが数多くあるフランスにおいて、モエヘネシー・ルイヴィトン自体も1992年にサステナビリティ部門を立ち上げた先駆者的な企業です。ステラマッカートニーとの提携は、ファッション業界における新たな波を起こすとして注目されています。

ステラマッカートニーは「サステナブル」と「おしゃれ」を両立する

ステラマッカートニーは、サステナブルラグジュアリーファッションブランドというミッションを掲げながら、おしゃれなアイテムを提案する注目のブランドです。元々はウィメンズブランドでしたが、メンズコレクションもスタートしています。キッズ&ベビーアイテムはとてもかわいいデザインと色遣いのアイテムが多いのでおすすめです。

地球環境の維持という人類共通のテーマを前に、しかるべき人物が登場し、ファッションの方向性がそれに沿ったものへと変化していく様子を観察するだけでも、興味深いのではないでしょうか。

文・J PRIME編集部

>>会員登録して限定記事を読む

【関連記事】
JALが制服を刷新 時代に合わせた「初の女性用パンツスタイル」に込める思い
正礼装を知っているか?男を上げるタキシードという魅惑
経営者を格上げするパーソナルスタイリストという選択
マッキンゼー出身者が作るラグジュアリーブランド・気仙沼ニッティングを知っていますか?
ファッション業界を賑わすブルベ・イエベ 肌色診断から考える明日のコーディネート
エルメス、ルイ・ヴィトン、ディオール……ラグジュアリーで意外なアイテム3選