リーデル・ワインテイスティングセミナー

ワインの味は、ワイングラスで左右されることをご存知でしょうか。同じワインでもどのような形状のワイングラスを使うかによって、テイストが大きく変わります。この事実に基づいてワイングラスを製造し、世界の愛好家から支持されるメーカーが「リーデル」です。

そのリーデルがワイングラスの魅力を伝えるべく、J PRIMEと共同でワインテイスティングセミナーを開催しました。テイスティングを満喫しながら、奥深いワイングラスの世界を学ぶ充実のイベントをレポートしたいと思います。

ワインの世界を広げるためにリーデルが伝えたいこと

リーデル・ワインテイスティングセミナー
講師を務めていただいたリーデルの竹中信幸氏。イベントはリーデルの青山本店にて開催された

260年以上の歴史を誇るオーストリアのワイングラスメーカー「リーデル」。同じワインでも異なる形状のグラスで飲むと香りや味わいが変わるとことに着目して、世界で初めてブドウ品種ごとに理想的な形状のワイングラスを開発したことで知られています。いまなお世界のワイン生産者たちとテイスティングを繰り返し、最適な形状を探し当てるというこだわりから、世界中のワイン愛好家たちの絶大な支持を得ています。

今回のJ PIRMEとの合同イベントでは、ワインエキスパートでもあるリーデルの竹中信幸さんが講師を務め、青山本店で4種類のワインの飲み比べを実施しました。まず、解説されたのはワイングラスの形状の意味です。

リーデル・ワインテイスティングセミナー

1)卵型:香りを集める

「私たちがワインの呼吸空間と呼んでいますが、この空間が卵型のグラスは、実は香りを集める機能があります。卵型のグラスに適量のワインを入れて飲むと、自然と私たちの頭が持ち上がり、舌もしっかり上がるので、舌の上にワインが導かれます。舌先で甘み、舌の両側で酸味を感じやすいので、舌の上をワインが流れるということが非常に大事なのです」(竹中さん、以下同)

2)飲み口の大きさ:舌のどこへワインを導くか

「飲み口が狭くすぼまった形状のワイングラスは、多少傾けただけではワインは口に入らず自然と顔を上に傾けるため、ワインが舌の中心を速いスピードで流れていきます。これにより舌の両脇の酸味を強く感じる位置に接触しないので、ピノ・ノワールのような酸味が強いワインでも果実味を楽しめます」