PARFUM SATORI

日本人調香師の大沢さとり氏が手がけるフレグランスブランド「PARFUM SATORI(パルファンサトリ)」。2019年、世界の香水愛好家のバイブル「PERFUMES THE GUIDE」に日本の独立系ブランドとして初掲載され、いま国境を越えて多くの人々を魅了しています。このブランドの世界観に触れるべく大沢氏にインタビュー。調香師としてのルーツを語っていただきました。

華道教室の草花、武蔵野の自然……いつも香りが身近にあった子ども時代

PARFUM SATORI

私は幼いころから草花や自然を身近に感じて育ちました。母が華道教室を開いていたことから、生徒さんの残りの花材を活けて遊んだものです。いま思えば、おままごとではありましたが、植物の香りの記憶はしっかりと刻まれています。たとえば、瑞々しいチューリップの茎を、ハサミでちょきんと切ったときに青い香りが鼻をついたことなどが印象に残っています。

小学校は都心から1時間ほどかけて、武蔵野のほうに通っていました。自然がとても豊かで、野原や雑木林に囲まれた環境でした。通学途中にはポケット植物図鑑を片手に雑草や花を手に取り、道草をしたものです。ほっこりとした土のにおい、季節の花々の香りとともに育った子ども時代でした。

成長するにつれ、ごく自然にガーデニングに親しむようになりました。そしてハーブにも出会い、育てるようになったことから、アロマテラピーに興味を持ちました。

当時は、アロマテラピーが日本に入ってきて間もないころで、書籍を通して独学で研究していました。さらに、天然の香料だけでなく、さまざまな香りに惹かれるようになり、自然と調香の世界を志すことになりました。

こうして振り返ってみると、いつも香りの道を歩んできたことが、調香師の道へと続いたような気がします。

日本人の精神性に合う、やさしく包み込むような香りを

PARFUM SATORI

調香の学校へ入学してからは、スイスの香料メーカーから帰国したパフューマーの先生に影響を受けました。プロフェッショナルになるための教えを受けたことで、調香師という職業を意識するようになりました。

もともと香水はヨーロッパで発展したことから、現地の気候や人々の特質に合わせて作られてきました。それを日本にそのまま輸入して販売していたのが、これまでのスタイルです。しかし、日本はヨーロッパとは異なります。気候も湿度が高いですし、人柄も控えめな性格であり、主張が強い匂いは好まれないなど、日本ならではの特質があります。