毎月1本、季節の旬の食材によく合う日本ワインをご紹介。セレクトするのは、日本ワインに特化した定期イベント「LIFE with WINE」を主宰する栁 佐織さん。Vol.1は「春野菜がおいしいこの時季におすすめしたい、最近話題のオレンジワインです。濁りワインで知られるヒトミワイナリーによる、地元ならではの信楽焼の壺で熟成されたユニークな1本です」。

今月の日本ワイン
滋賀県の名産、信楽焼の壺に入れて発酵させていることから、「ツボ(=壺)ブラン」という名がついたワイン。白ブドウが原料の白ワインの一種でありながら、果皮と一緒に漬け込むことでほんのり色づいたワインはオレンジワインと呼ばれ、最近話題を集めている。「デラウエアからの桃とシトラス、ソーヴィニヨンブランからの少しグリーンな印象の香りは、フレッシュな春野菜と相性抜群です」。

春野菜の甘みと苦みにマッチする 壺仕込みのオレンジワイン。

滋賀のヒトミワイナリーは濁りワインで知られています。日本産のブドウにこだわり、あえてきれいにろ過をせず、酵母のうまみを生かしたワインづくりが特徴。

今回紹介するのは、「その土地でその季節に収穫したものを食べるのが体に良い」とされる「身土不二(シンドフニ)」の考え方で作られたワイン。名前にある「ツボブラン」は、「アンフォラ」と呼ばれる陶器を使った昔ながらの製法をもとに、信楽焼の壺で作られていることを示しています。「信楽焼」の壺を使っていること自体、身土不二であり、他にはないもの。

原料となるブドウは2つの品種のブレンドで、ハーブのような爽やかな香りが特徴のソーヴィニヨンブランと、少し甘みを感じるデラウエア。2品種とも白ブドウですが、壺の中で房のまま3週間ぐらい漬け込み、果皮からのエキスも一緒に抽出すると、このようなオレンジ色のワインになります。2種のブドウが壺のなかで醸されていくうちにそこから生まれる少し複雑な味わいは、春野菜に混在する苦みと甘みのバランスとも似ています。

春キャベツやタケノコなどの春野菜は、シンプルにローストしただけでも香りやうまみを楽しめる食材。春野菜のそのものの味わいを、このワインが十分に引きたててくれます。さらにタケノコの若竹煮なら、そのお出汁と、壺で醸したワインならではのグルタミン酸との相乗効果で、素晴らしいマッチングに。爽やかでありながらふくよかという、奥行きのあるこのワインの飲み頃の温度は、あまり冷やさず、常温に近いぐらいがまろやかに飲めておすすめ。少し肌寒かったりあたたかかったりするこの時季に、心地よく飲める一本です。

Wine of the month

今月の日本ワイン
天候に恵まれ、台風の被害もなかった2018年のヴィンテージ。自家農園産のソーヴィニヨンブランと東近江市産のデラウエア、2種のブドウ品種をブレンド。焼き物の壺はステンレスタンクと異なり、丸みを帯びた形状と空気を通す性質がほどよく還元効果を生んでいるという。シンドフニ ツボ ブラン¥3,300(税込)/ヒトミワイナリー
http://www.nigoriwine.jp/HWHP/web/shop_onlist/wine_5829-2018.html


The perfect glass for this wine

今月の日本ワイン
ワイン本来の魅力を堪能するには、グラス選びも重要。「オレンジワインの豊かな香りを楽しむためには、白ワイン用でも大ぶりの丸みを帯びた形状のワイングラスを。口はそれほど広くないので、ツボ ブランの奥深さをじっくりと味わえます」。栁さんがセレクトしたワイングラス<パフォーマンス>リースリング(2個入り)¥8,800(税込み)/リーデル青山本店☏03-3404-4456
https://shop.riedel.co.jp/products/detail.php?product_id=613


SELECTOR

栁佐織/SAORI YANAGI
日本ワインの魅力を伝えるべく、「日本ワインを、日常に。」をスローガンに、造り手と飲み手をつなげる「LIFE with WINE」を2012にスタート。日本全国の造り手を招いて行われるイベントは14回にも及ぶ。ワインエキスパート資格所持。日本各地のワイナリーを訪ねて収穫を手伝うなど、生産者たちとのつながりも深い。
https://www.facebook.com/LIFEwithWINE/

WINE MAKER

今月の日本ワイン
HITOMI WINERY
山田 直輝さん
信楽焼で話題を呼んでいる滋賀県で、アパレル会社を営んでいた図師禮三氏によって1991年にスタートしたヒトミワイナリー。やがて無濾過による濁りワインで人気となる。20代で醸造長になった山田直輝さんは、ここのワインに惹かれて醸造家の道へ。「“身土不二”という名のワインは、土地と人との強いつながり表す言葉が、その魅力を語っていると思います。加えて、信楽焼の土からは大量の山葡萄の堆積物が発見されたことがあり、この土地が日本ワインの起源かもしれないという説も。そんなロマンがあることも素敵だと思います」

ヒトミワイナリー
滋賀県東近江市山上町2083 
☏0748-27-1707
http://www.nigoriwine.jp/

撮影/相沢千冬  構成/横山直美

>>大丸・松坂屋の5つの特別サービスとは?

【関連記事】
第三の世界の味が開ける ワインと料理のマリアージュ「ペアリング」のすすめ
富裕層が4万円のワイン「オーパスワン」のコスパがいいという理由
味だけではない「最高級ワイン」でもてなす極意
グラスはワインの額縁! ワインにハマらない人はグラスを間違えている?
シャンパンとスパークリングワインは別物って知ってた? 知っておくべきワインの基礎知識
パーティーに欠かせないスパークリングワイン お気に入りの1本を探す