富裕層,ラグジュアリー,クルーザー
(画像=kudla/Shutterstock.com)

富裕層ならではの時間の過ごし方のひとつは、誰にも邪魔されない場所で、ひとりの時間をゆったりとくつろぐことでしょう。それを実現できるもののひとつが「クルーザー」です。最新鋭のクルーザーであれば、豪華なリビングルームやベッドルームを備え、食事や宿泊はもちろん、釣りといったレジャーなどを快適に楽しむことができるでしょう。

青い海原に浮かぶクルーザーのデッキの上で、きらめく太陽の光を浴びながら釣り糸を垂らす。ワインを片手に読書を楽しむ。あるいは、流れゆく時間にただ身を任せ、思いを巡らせる……。まるで別世界の話とも思えるかもしれませんが、クルーザーを使えば、こうしたぜいたくな時間の使い方も夢ではありません。

ラグジュアリーなクルーザー、それはまるで「海に浮かぶ別荘」

クルーザー、あるいはボートといっても、フィッシング用からマリンスポーツ用などさまざまな種類がありますが、ラグジュアリーな時間を楽しむならキャビンやキッチン、寝室などを備えたものを選ぶといいでしょう。「海に浮かぶ別荘」ともいえるクルーザーですが、代表的なメーカーといえば、イタリアの「アジムット」や「フェレッティ」などでしょうか。

例えば、アジムットには「Flybridge Collection」や「S Collection」などラインナップがありますが、「Magellano Collection」は、滑らかなラインやバランスの良いフォーム、イタリアンスタイルのエレガントさをうたっており、そのなかの「Magellano 43」は全長約13メートルの船体に豪華なキャビンのほか、キッチンやバスルームも完備。最高速度は22ノットで、フライブリッジからの眺めも楽しめそうです。